TOPICS&NEWS

Category: 中国語コース

グローバル・コミュニケーション学部中国語コースの取り組みが日中友好新聞に掲載

中国語コース|2020.06.19

 グローバル・コミュニケーション学部中国語コースによるセメスター(学期)留学の代替オンライン授業について、同コース主任の大濱慶子教授が寄稿した記事が6月15日発行の「日中友好新聞」に掲載されています。
 この新聞は日本中国友好協会が毎月3回発行しています。協会からの依頼で執筆した大濱教授のレポートは「オンラインによる新たな学びの空間」「留学代替授業の取り組み」の見出しが入り、目立つ扱いとなりました。
 本来の学生の留学派遣校である北京語言大学と曁南(きなん)大学(広東省広州市)提供による中国語の授業に加え、台湾の長栄大学(台南市)提供による授業「華人社会と文化コース」を実施したことをレポートしています。既にプログラムが終了した同コースでは、粽(ちまき)作りの模擬体験や台南の廟(びょう)のインスタライブも配信されたことなどが紹介されています。

引用元:神戸学院大学 Facebook

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

北京・広州・台南-神戸をつなぐオンライン授業を受講して(2)

中国語コース|2020.06.08

 オンライン授業という初めての授業方式は最初、緊張しましたが、実際に受講してみると、一人一人話す時間があり、先生方がわかりやすく丁寧に教えてくださり、少しずつ慣れてきたように思います。またオンライン授業では、口頭+パソコンの画面の文字があるので、先生が今どこを話しているのか理解しやすいという利点もあります。

 長栄大学の先生とはインスタライブ(Instagramの動画生配信)を利用して、実際に台南伝統の廟から中継される文化紹介を視聴したり、Google Meetを利用して先生と一緒に粽作りを体験しました。普段はなかなか経験することができない授業で、とてもよい思い出になりました。セメスター留学は中止になってしまいましたが、オンラインで実際に中国人の先生と会話をすることができ、留学と同じ環境で勉強ができます。オンライン授業が終了した後は、中国に旅行に行き、学んだ語学力を活用してみたいと思っています。

 オンラインでも様々なことが学べ、現代は進化し続けていると実感しました。しかしみんなで勉強しているとはいっても、パソコンの前ではいつも一人です。コロナの影響が早く収束し、日常が取り戻され、大学で皆と会って一緒に授業が受けられるようになる日を楽しみにしています。(3年次生 金光心希)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

北京・広州・台南-神戸をつなぐオンライン授業を受講して(1)

中国語コース|2020.06.01

 4月から北京語言大学と暨南大学の中国語の授業をオンラインで受講しています。語学の授業をオンラインで受けることに対し最初はとても不安がありました。それは中国語を学習する上で先生方から発音を直接指導していただくことが特に重要だと思っていたからです。しかし、先生方の丁寧で円滑なご指導の下、オンラインでも支障なく受講できることがわかりました。理解できない部分が出てくると、私たちが理解できるまでゆっくり教えてくださいます。授業ごとに与えられる課題をこなしていく過程で、新しい単語や表現を使えるようになっている自分に驚くこともあります。もちろん、これまで経験したことのないオンライン上での授業や毎日の予習復習、課題への取り組みにはたくさんのエネルギーを消費しますし、大変なこともあります。しかし、これが中国語の語学能力を引き上げるために必要なプロセスだと毎日感じています。
 また長栄大学が届けてくださる台湾の文化を学ぶ授業では、先生方がリラックスした雰囲気をつくってくださるので毎回とても楽しみです。例えば、第1回目の授業では台湾からわざわざ送ってくださった型紙と紐を使って皆でチマキを作りました。これはわたしにとってとても新鮮な経験でした。授業は工夫が凝らされ、これからどんな授業が展開されるのか心待ちにしています。
 新型コロナの影響で、GC学部のメインイベントであるセメスター留学に行くことができなくなったことは非常に残念でしたが、留学とほぼ同じような授業環境を整えてくださった中国語コースの先生方にはとても感謝しています。(3年次生 前田みなみ)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部
https://kobegakuin-gc.jp/

グローバル・コミュニケーション学部中国語コースで台湾の長栄大学提供オンライン授業が始まりました

中国語コース|2020.05.25

 グローバル・コミュニケーション学部中国語コースのセメスター留学代替授業の一部として「中国社会Ⅲ(文化)」の授業が5月19日に始まりました。授業開始に先立ってオンラインでの始業式がポートアイランド第1キャンパスでありました。授業は本学と、姉妹提携している台湾の長栄大学(台南市)とが共同で企画し準備したプログラム「華人社会と文化コース」で、長栄大学華語文教育センターがオンラインで提供します。始業式には長栄大学側から李泳龍学長、孫惠民副学長、管美燕秘書長、李敏瑜・国際センター長、邱靖雅・華語文教育センター主任が出席しました。本学からは佐藤雅美学長、津田裕子副学長、岡部芳彦・国際交流センター所長、胡士雲・グローバル・コミュニケーション学部長、大濱慶子・中国語コース主任が出席しました。まず、李学長があいさつし、「今日から始まる国際遠隔授業も、単なる代理のプログラムではなく、現状を打破し、国際交流を進展させる一つの方法です」と新たな試みを意義づけました。続けて、「中華世界の文化・社会、そして台湾文化の面白さを理解していただければ幸いです」と語り、長栄大学側の出席者紹介がありました。一方、本学の出席者紹介は司会の胡学部長が担当しました。続いて佐藤学長があいさつし、「厳しい環境の中、オンラインの教育によって日本と台湾の大学間の交流が推進されることは、たいへん有意義だ」と述べました。さらに「正規のカリキュラムによる留学を中止・延期せざるを得ないという困難な状況の中、長栄大学の皆様のご協力により、中国語コースの学びを前に進めることができるようになりましたことは、たいへんありがたい」と感謝の意を伝えました。長栄大学からプログラムの成功を祈ってダイナミックな獅子舞の映像が披露され、最後に参加者一同マスクを短時間外して記念撮影しました。両大学は2017年8月に姉妹協定を結び、翌年から学生間の交流が始まりました。本学からは夏のサマーキャンプ、中国語研修に学生を派遣し、長栄大学からは2019年冬に日本語研修団が派遣され、本学で受け入れました。4回にわたり実施する一連の授業は計12時間に及び、中国の文化と社会の形成・進化・発展から中華民族の歴史・経済活動・生活と文化の諸問題を取り上げます。台湾の民俗文化や現代のサブカルチャーの紹介もあります。26人の学生が受講し、最後にレポートを提出します。この日は早速、「台湾の民俗・祭りと民族宗教」などのテーマで授業がありました。長栄大学のホームページの記事はこちらをご覧ください。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部
https://kobegakuin-gc.jp/

中国語コースオンラインガイダンスを実施しました

中国語コース|2020.05.08

 来週5月11日から学内でいよいよ遠隔(オンライン)授業が実施されます。5月7日午後、中国語コース主催により、1、2、4年次生とコース主任、実習助手らが参加し、オンライン授業に向けたガイダンスを行いました。スクリーンを通しての交流となりましたが、学生の皆さんの元気な様子が伝わり、遠隔授業の準備が整っていることも確認できました。コースの教員・スタッフ一同とてもうれしく思います。新型コロナウイルスの感染拡大という難局やオンライン授業という新たな挑戦を、21世紀のフロンティアを生き抜く私たちのリテラシー向上の機会ととらえ、ともに乗り切りましょう。なお中国語コース3年次生は、3月から中国・北京語言大学、暨南大学とのオンライン授業をスタートさせ、もうすぐ台湾・長栄大学との遠隔授業も開始されます。(大濱慶子)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部
https://kobegakuin-gc.jp/

2020年1月26日(日)大阪産業大学梅田サテライトキャンパスにて第3回関西学生漢語連盟交流会が開催され、神戸学院大学からは11名の学生が参加しました。

中国語コース|2020.03.10

 2020年1月26日(日)大阪産業大学梅田サテライトキャンパスにて第3回関西学生漢語連盟交流会が開催され、神戸学院大学からは11名の学生が参加しました。

 朗読部門では、GC学部中国語コース1年生の田中亜季さんが第3位に輝きました。田中さんは「少人数の中の3位とはいえ、評価してくださったことには変わりないのでこの嬉しさを糧にこれからも精進して参ります」と語っていました。またスピーチ部門では、松浦真央さんが出場し「我是怎么爱上汉语的」のタイトルでスピーチを行いました。

 第二部では、茶話会を行い各大学との交流を深めるとともにカラオケ大会と漫才が行われました。カラオケの部では、GC学部中国語コース4年生長井孝一くんが「大中国」を歌い上げました。またGC学部中国語コース3年生の原田遼介くんと火川拓海くんは、中国語で漫才し、会場を大いに盛り上がりました。漫才終了後、原田くんは「漫才をする前は、ウケるか、ちゃんと中国語で伝わるか不安でしたが、やってみると結構笑ってくれたので楽しくすることができました。また機会があればしたいです」と話し、また火川くんは「今回で披露するのは3回目でしたが、とても緊張しました。でも楽しんでできたのでよかったです。次は新ネタで舞台に立ちたいです」と来年も参加したいと意気込んでいました。

 次回は大阪大学で開催されることが決定している。昨年度は神戸学院大学で開催され参加校は6大学でした。今年度は8大学と増えており、関西学生漢語連盟交流会はますます中国語学習者同士の交流の場となっており、今回参加した松浦さんは「色んな大学の中国語を学んでる人と交流できていい機会になりました」と語っていました。また、今年度の漫才やカラオケ大会が大好評だったことから、第4回では芸能部門を設けてる予定である。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

JAL中国語スピーチコンテスト(大阪大会)で稲積真子さんが特別賞を受賞しました

中国語コース|2019.12.13

 11月23日、JAL中国語スピーチコンテスト大阪大会(日本航空株式会社・日華青少年交流協会主催)に出場し、特別賞を頂きました。中国語を勉強して、一年半が経ちます。自分の中国語力を学内だけでなく、学外に出て試してみたいと思い応募しました。初めて人前で中国語で発表し、とても緊張しましたが、ご指導してくださった先生のおかげで堂々とスピーチをすることができました。他の出場者の美しい発音や、流暢に質問に受け答えする様子を見て、自分の課題がたくさん見えてきました。来年のセメスター留学では、これらの課題の達成やさらに中国語に磨きをかけることを目標とし、頑張っていきたいです。(2年次生 稲積真子)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

「国際放送と日中翻訳・通訳」の学術講演会を開催しました。

中国語コース|2019.12.11

 12月5日(木)、中国の国際放送のラジオパーソナリティ、中国語と日本語の二か国語司会者としてご活躍の王小燕先生にお越しいただき、「中国の国際放送の最前線と通訳・翻訳の現場」と題する講演会を開催しました。王先生は中国の放送界で最高栄誉賞である金話筒奨(ゴールデンマイクアウォード賞)を受賞され、数少ない日中同時通訳者としても知られています。講演の後、中国語コースの授業に参加していただき、学生たちと闊達な交流を行いました。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

7月27日(土)セメスター留学保護者説明会を開催しました

中国語コース|2019.07.29

7月27日(土)ポートアイランドキャンパスD号館アクティブスタジオにて中国語コース2年生を対象としたセメスター留学保護者説明会を実施しました。留学から帰国したばかりの3年生も参加して北京語言大学、武漢大学、暨南大学の紹介をしてくれました。雨の中、遠方からお越しいただきました皆様に感謝申し上げます。2020年度の留学が2年生の皆さんにとってさらなる成長と飛躍の場になることを心より願っております。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

【暨南通信】暨南大学にセメスター留学中の火川拓海さんからレポートが届いています。

中国語コース|2019.07.16

 中国留学生活で友達に本当に恵まれているなと実感しています。友達の友達はみんな友達のような感覚で、すれ違うたびに初対面の人と握手やハイタッチをしている気がします。最初は週に1回だったクラスメイトとの食事も今では週に3、4回も行くようになりました。それぞれの自分の国の料理を紹介したり、教室で映画を見ながら食べたりしています。留学生活140日中数えてみれば60回、70回とクラスメイトとカフェやご飯を食べに行ったりしていました。驚きです。他にも一緒にボーリングやビリヤードに行ったり、映画を見に行ったり、中国語で人狼ゲームをしたり放課後や休日が本当に充実しています。たくさんのクラスがありますが、自分のクラスが1番仲が良いとも言えるくらい授業が始まった頃には想像できないくらい仲が深まりました。

 またインドネシア人の友達に誘ってもらってペルーとアルジェリアの友達と一緒にYouTubeに出演しました。YouTubeを始めてまだ2ヶ月ほどしか経ってないそうですが、動画は2週間ほどで50万回も視聴されていました。驚きです。

 既にそれぞれの国に帰国した友達もいますが、次は2月にインドネシアのバリ島でまた会う約束をしました。留学に来て最も良かったと思ったのは語学力がついた事でも、文化や歴史を学べたことでもなく、たくさんの友達ができたことです。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/
前のページ »