TOPICS&NEWS

Category: 中国語コース

【セメスター留学(中国語コース)】

中国語コース|2019.02.22

2月22日、中国語コース2回生がセメスター留学に出発しました。暨南大学へ5名が派遣されました。

 

【セメスター留学(中国語コース)】

中国語コース|2019.02.21

2月20日、中国語コース2回生がセメスター留学、1回生が春季研修に出発しました。北京語言大学へはそれぞれ8名と2名が派遣されました。

【セメスタ留学(中国語コース)】

学部|2019.02.18

2月16日、中国語コース2回生がセメスター留学に出発しました。武漢大学へ14名が派遣されました。

大濱ゼミ生が兵庫自治学会研究発表大会で特別賞を受賞しました

おめでとうございます!|2018.12.03

平成30年度兵庫自治学会研究発表大会が7日、兵庫県立大学で開催され、グローバル・コミュニケーション学部中国語コースの楠本周平さん、藤尾卓司さん、川真田莉子さん、吉原未来さん、藪内彩乃さん、中村悠さん、大内田唯さん(いずれも2年次生)が「みなと神戸多文化共生プロジェクト-南京町生誕150年を迎えて-」と題する研究発表を行い、特別賞を受賞しました。
7人は「中国語専攻演習Ⅰ」(大濱ゼミ)で、地元南京町に受け継がれてきた多文化共生をテーマにフィールドワークを重ね、若者の視点から南京町の魅力を発掘し、町の活性化につなげるプロジェクトの提案をしました。単なる南京町の活性化の取り組み提案ではなく、多文化共生の観点から南京町の歴史、現状、将来を見ようとした点が評価されました。
研究発表をした学生は「半年かけてフィールドワークを重ね、大学生の私たちだからできる若者の視点を軸にした提案を行ないました。南京町商店街振興組合や華僑口述記録研究会の方々をはじめ、たくさんの方の協力のおかげで特別賞をいただくことができ感謝しています」と語っています。

 

兵庫自治学会でグローバル・コミュニケーション学部の学生が研究発表を行いました

中国語コース|2018.10.23

平成30年度兵庫自治学会研究発表大会が7日、 兵庫県立大学で開催され、グローバル・コミュニケーション学部中国語コースの楠本周平さん、藤尾卓司さん、川真田莉子さん、吉原未来さん、藪内彩乃さん、中村悠さん、大内田唯さん(いずれも2年次生)が「みなと神戸多文化共生プロジェクト-南京町生誕150年を迎えて-」と題する研究発表を行いました。
7人は「中国語専攻演習Ⅰ」(大濱ゼミ)で、地元南京町に受け継がれてきた多文化共生をテーマにフィールドワークを重ね、若者の視点から南京町の魅力を発掘し、町の活性化につなげるプロジェクトの提案をめざし、兵庫自治学会の研究発表に採択されました。研究発表をした学生は「同世代の若者が問題意識をもって発表、提言をしている姿を見てとてもよい刺激になりました。このような機会を与えていただいた先生や学会の方々、ご協力いただきました皆様に感謝します。今後のプロジェクトに生かしていきたいです」と語っています。

【上海通信】いよいよ帰国日です

中国語コース|2018.08.28

8月24日、いよいよ帰国日です。午前中に、最後の授業を受けた後、東華大学国際文化交流学院の紀録先生にご挨拶した後、空港に向かいました。台風の影響か出発が2時間遅延し、22時30分にようやく関空に到着、解散しました。皆さん、お疲れ様です。

中国語コース夏期語学研修、出発しました

中国語コース|2018.08.22

【上海通信】8月10日、中国語コース夏期語学研修の出発日です。研修先は昨年度同様上海の東華大学国際文化交流学院、期間は15日間、参加者は1年次生3人、2年次生5人の計8人です。早朝7時15分に関空に集合、12時半には東華大学に到着しました。上海は最高気温37度の酷暑でした。本日は大学到着後、換金をしたり、生活必需品を購入したりしました。週明けの13日から夏期研修が始まります。

FD講演会を開催しました

中国語コース|2018.08.07

7月28日(土)午前、ポーアイキャンパスD号館にて大阪大学名誉教授杉村博文先生をお招きし、中国語コースFD講演会を開催しました。演題は「漢語教材編写及漢語専業課程設置」(中国語教材の編纂と中国語専門課程の設置)。グローバル・コミュニケーション学部、人文学部、共通教育センターの中国語教員が参加し、歴史や文化の深い知識に裏付けられた体系的な中国語専門教育の在り方について講師の先生から学び、完成年度を迎えるGC学部中国語コースに適した教材の編集や教育方法について検討しました。

 

セメスター留学保護者説明会を実施しました

中国語コース|2018.08.03

7月28日(土)ポートアイランドキャンパスD号館アクティブスタジオにて中国語コース2年生を対象としたセメスター留学保護者説明会を実施しました。遠方からご参加いただきました皆様に感謝申し上げます。2019年度の留学が実り多いものとなり、様々な体験を経てさらなる成長の場になることを心より願っております。

 

 

南京町商店街でお話を伺いました。

中国語コース|2018.06.25

2018年6月20日、中国語専攻演習(大濱ゼミ)の活動で南京町に行きました。南京町商店街振興組合理事長として町を盛り上げ、老祥記代表取締役として黄綬褒章を受章された曹英生さんに商店街事務所にご案内いただき、お話を伺いました。曹さんは60代とは思えないほど若々しく、とても明るい方で、南京町の歴史や春節祭について、日本では珍しい中華料理などたくさんお話をしていただきました。その中でも特に印象に残ったお話は、23年前に神戸を襲った阪神淡路大震災の際に南京町が行ったボランティア活動の話です。当時、神戸はライフラインがすべて止まり、冬の寒い中、温かい食事もまともに食べることができず、被災された方々は不安な日々を過ごされておられました。そんな中、南京町がすぐに温かい食事を提供し、被災者の心を癒したという出来事が心に残りました。南京町の人々も被災者であるにも関わらず、困っている人を助けるという復興と共生の精神が、今日の町の発展をもたらしたのだと感銘を受けました。

曹さんのお話の中で、正解すれば豚まん10個がもらえるというクイズもあり、とても盛り上がりました。質問タイムを設けてくださり、私たちの質問に一つ一つ答えていただき、貴重な時間を過ごすことができました。今回の活動で得たことを南京町リサーチプロジェクトに生かして取り組んでいきたいと思います。(2年生 藪内彩乃)

前のページ »