TOPICS&NEWS

Category: 中国語コース

中国語コース1年生が神戸市立海外移住と文化の交流センターを見学しました。

中国語コース|2022.07.19

 2022年7月16日(土)、中国語コースの1年生が、入門ゼミナールにおける学外研修の一環として海外移住と文化の交流センターを見学しました。一般財団法人日伯協会の専門調査員である天辰 充幸氏より、日本人の移民の歴史と意義についてご講演いただきました。ご講演では日伯協会や海外移住と文化の交流センターのなりたち、ブラジルへ渡った日系移民の足跡と現地生活における数々の苦労、そして日本の国際化の先駆者としてブラジルの国づくりへの貢献について非常に貴重なお話を伺いました。
 天辰氏のご講演の後、海外移住と文化の交流センター 移住ミュージアムを見学し、神戸と移住の歴史、移住者の海外渡航前後の暮らしなどに関する各種展示を見学しました。
 今回の見学を通して、神戸が数多くの移住者を送り出した場所でもあることを初めて知った学生も多かったようです。日本人移民の足跡という観点から、言語が多文化共生において果たす役割や、今後自分たちがどのように多文化共生に貢献できるかを改めて考えるきっかけをいただいた神戸市立海外移住と文化の交流センターの皆様、天辰 充幸氏に心より感謝申し上げます。(眞島 淳)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

入門ゼミナールで講演会を開催しました

中国語コース|2022.07.15

 中国語コース1年生の入門ゼミナールでは授業後半の活動として「神戸と国際交流」「神戸と外国のつながり」をテーマにペアワークに取り組んでいます。7月6日、呉宏明先生(京都精華大学名誉教授 元神戸華僑歴史博物館館長)をお招きし、「神戸の中の外国文化~フィールドワーク調査をめぐって」と題する講演をしていただきました。呉先生は『南京町と神戸華僑』、『こうべ異国文化ものしり事典』、『神戸レガッタ・アンド・アスレチック倶楽部150年史』などの編著者でもあります。

 神戸は多様な民族の人々が暮らしており、国内にいながらアジア諸国やヨーロッパ、北米、中南米様々な外国文化に触れ、学ぶことができること、また神戸の街を歩き、観察し、知り合った人の縁を大切にしてお話を聞き、考え、まとめるという、五感を使って関心のあるテーマに迫るフィールドワークの醍醐味についてお話していただきました。

 学生は神戸の居留地の歴史や南京町、神戸の洋菓子、ハイカラファッション、メリケンパークなどそれぞれの関心から質問し、アドバイスをいただき、神戸の街の人と魅力の再発見に取り組んでいます。(大濱慶子)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

中国語コース1年生が神戸税関を見学しました

中国語コース|2022.06.30

 入門ゼミナールの学外研修の一環として中国語コース1年生が2022年6月22日(大濱ゼミ)と6月29日(眞島ゼミ)神戸税関を訪問しました。神戸港の貿易とともに発展を遂げてきた由緒ある神戸税関で、地域や社会の安全に寄与してきた税関のお仕事や関税、貿易の円滑化などの業務について学びました。オリジナルDVDを視聴した後、山本和幸調査官にご案内いただきリニューアルされた広報展示室を見学しました。ワシントン条約の輸出入規制品や密輸取締り、不正薬物摘発の現場の様子、どのような犬種が麻薬探知犬に向いているか、その訓練の方法、輸出入される貨物の品目分類、その分類のなかで空気と人間は例外であるなどの興味深いお話を伺いました。

  今回の見学を通し、税関のお仕事を身近に感じることができ、神戸港貿易のシンボルである税関の大切な役割について知見を深める貴重な機会をいただきました。神戸税関広報広聴室の皆様と御案内くださった山本様に感謝申し上げます。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

グローバル・コミュニケーション学部の趙客員教授が中村学長、佐藤前学長を表敬訪問しました

中国語コース|2022.06.29

 武漢大学文学院の教授で、グローバル・コミュニケーション学部の客員教授として5月に着任した趙世挙教授が6月9日に中村恵学長と住智明大学事務局長、6月15日に佐藤雅美前学長を表敬訪問しました。訪問にはグローバル・コミュニケーション学部長胡士雲教授が同席しました。

 中村学長は、新型コロナ感染症拡大の影響で2年間延期していた趙教授の来日を歓迎し、上海と広州における講演などを回顧しながら、神戸学院大学と武漢大学との交流が更に深まることを祈念しました。また、中村学長と趙教授は中国の現行漢字について歓談しました。

 中国は漢字を社会においてより良く使用できるため、1956年から文字改革を行いました。文字改革とは、漢字の筆画を減らし異体字を廃棄することを第一の任務としました。数年間の試用結果に基づき、1964年に『簡化字総表』でまとめ公表し、現行漢字の基準として施行されました。

 佐藤前学長も趙教授に歓迎の意を表すると同時に、本学の法学部と中国のいくつかの大学との交流、特に学生の英語スピーチ大会を紹介しました。趙教授も武漢大学の法学部を紹介し、両大学の法学部間の交流に期待を寄せました。

 趙教授は、現在(中国)国家語言文字工作委員会の諮問委員並びに当該委員会の中国言語状況と社会発展研究センター主任も務め、中国語学をはじめ、言語政策や言語企画などの研究分野で活躍しています。

 趙教授が武漢大学文学院長在任中には、本学と武漢大学との交流協定が締結され、また、開設当初のグローバル・コミュニケーション学部中国語コース学生のセメスター留学先の提供についてもご尽力いただきました。

左から住智明大学事務局長、中村恵学長、趙世挙教授、グローバル・コミュニケーション学部長胡士雲教授
中村恵学長と趙世挙教授
佐藤雅美前学長と趙世挙教授

引用元:神戸学院大学ホームページ

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

中国語コースのオンライン留学授業が終了しました

中国語コース|2022.06.23

 新型コロナウイルス感染症の影響で、中国語コースでは、2022年度もオンライン留学授業を実施しました。北京語言大学、武漢大学、暨南大学の三つの語学研修先において、それぞれ、2月24日(木)、2月14日(月)、2月21日(月)にオンライン授業が始まりました。 半月ごとに各大学の担当教員から各クラスの受講状態をフィードバックしていただくことで、オンライン授業にもかかわらず、学生へのきめ細やかなサポート・指導が実現しました。昨年度と同様、中国語コースに在籍している3年次生全員が、世界中の中国語学習者と一緒に楽しみながら効果的に中国語を学ぶことができました。修了式では、受講生の多くが、「聞く」、「話す」、「読む」、「書く」といった総合的な中国語力が飛躍的な成長を遂げたことを実感したと述べていました。また、担当教員に対するメッセージや感謝の気持ちも数多く述べられました。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

中国語コースセメスター留学 新科目「中国語現地講義」について

中国語コース|2022.06.23

 中国語コースでは、今年(2022年)度より新しくセメスター留学の研修科目に加わった「中国現地講義」を、3年次前期のセメスター留学に参加する学生全員を対象として暨南大学に提供していただきました。新型コロナウイルス感染症の影響で、2022年度の「中国現地講義」は、オンラインにて実施する運びとなりました。講義では中国の思想・文化・社会など多岐にわたるテーマが取り扱われ、非常に充実した内容となっており、学生からも好評です。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

中国語コース眞島ゼミで、神戸観光局職員による神戸観光の現状と課題に関する講演を行いました

中国語コース|2022.06.20

 中国語コース眞島ゼミでは、国内旅行者及び中国語圏からのインバウンド客を対象とした滞在型神戸周遊観光プランの製作に取り組んでいます。2022年6月17日(金)、一般財団法人 神戸観光局 観光部の河上真吾氏をお招きし、神戸観光の現状と課題をテーマとした講演を行いました。神戸観光局の事業内容、神戸観光の魅力や強み、神戸の観光資源の紹介にとどまらず、神戸を訪れる観光客の特徴やそこからわかる課題についても統計資料を用いてわかりやすく解説していただきました。神戸観光推進の最前線で活躍されている河上氏の講演に、学生たちは真剣に耳を傾けており、自分たちが考えていた観光プランを見直したり、新しい方向性を考える上でのヒントを得る大変貴重な機会となりました。
これから学生は、11月下旬の卒業プロジェクト最終プレゼンテーションに向けて、グループで考えたアクションプランにもとづき、現地調査を行いながら本格的に観光プランの製作を進めていきます。ぜひ学生目線の新しい切り口で観光資源の発掘やアピールを行い、神戸観光振興に貢献してほしいと思います。(眞島 淳)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

中国語コース1年生が神戸華僑歴史博物館を見学しました。

中国語コース|2022.06.16

 2022年6月15日(水)、中国語コースの1年生が、入門ゼミナールにおける学外研修の一環として神戸華僑歴史博物館を見学しました。博物館事務長の安井三吉先生より、神戸開港から現在に至るまでの150年間に渡る神戸華僑の歴史、神戸華僑歴史博物館が設立されたいきさつ、そして博物館の入り口に掲げられている「落地生根」という華僑の生き方などについて解説していただきました。その後、安井三吉先生に解説していただきながら博物館の展示物を見学しました。中国語コースの1年生の皆さんには、今回の見学を通して学んだことを、今後の大学における中国語圏の社会・文化に関する学習、研究にいかしていってほしいと思います。今回、神戸華僑という視点から、本学が位置する神戸市の多文化共生の特徴について学習する機会をいただいた神戸華僑歴史博物館の皆様、安井三吉先生に心より感謝申し上げます。(眞島 淳)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

台湾清華大学による個別オンライン授業を行っています

中国語コース|2022.04.14

 2月下旬より、台湾の清華大学によるオンライン授業を行っています。このオンライン授業では、「自分と家族」、「大学生活」、「飲食」、「レジャーと娯楽」、「伝統行事と風習」など毎回のテーマが設定されています。参加する学生は、自分の興味があるテーマと時間を自由に選びオンライン授業に参加します。

 また、台湾の清華大学で中国語教育に関して実践研究を行っている大学院生が先生となり、個別指導を受けることができる点も最大の特徴の一つです。学生は授業前に、これまで学習した中国語をフル活用して、参加する回のテーマに沿った発表内容を準備します。授業では、学生が発表した内容について先生が質問をしながらフリートークを楽しむという流れになっています。1対1形式での的確な指導を受けることができるのはもちろん、人目を気にすることもなく、思う存分中国語会話を楽しみ、日本と台湾の文化の違いを知ることもできます。

 今回のオンライン授業に参加した2年次生の横田愛里さんは「初めはうまく発音したり、聞き取ることができるか不安で緊張していましたが、発音の仕方や自分が伝えたいこと、わからない部分など丁寧に教えてくださり、とても勉強になりました。また、自分の伝えたいことが伝わった時は自信がつき、嬉しくなりました。次もこのような機会があれば、必ず参加したいです!」と大満足の様子でした。  今後も、学生が学んだ中国語を使って、中国語圏の人とコミュニケーションを楽しむ機会を提供していきたいと思います。(眞島淳)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

ラジオパーソナリティの坂本めぐみさんにオンライン講演をしていただきました

中国語コース|2022.01.06

12月8日(水曜日)、中国語コース3年次生対象の中国語専攻演習Ⅲの授業にラジオパーソナリティとしてご活躍の坂本めぐみさんをお招きし、「海外生活12年 中国・シンガポール ラジオDJの見聞録」と題するオンライン講演をしていただきました。

坂本さんは故郷群馬県の放送局、ラジオ高崎にアナウンサーとして入局後、一念発起し公費留学生として北京外国語大学に留学。2001年から2007年にかけて中国国際放送局に勤務した後、2007年から2013年までシンガポールに滞在し、国営放送局のラジオ番組の制作を担当。海外で培った経験を活かし、現在は日本を拠点にフリーアナウンサーとしてアジア圏の情報やアーティストの曲をリスナーに届ける番組に携わっておられます。日本、中国、シンガポールの3か国でキャリアを積んだ体験から、海外での生活や就職事情など、就職活動準備中の3年生が関心を寄せるお話をしていただきました。

プロのアナウンサーの語りは受講生の心に響き、「シンガポールで使われている中国語と普通話の違いを教えてくださり勉強になりました」、「人生の波を見極める、夢はかなう、ただし人の十倍の努力を、チャンスは人の縁がつないでくれるというメッセージを忘れずに行動したいと思います」、「実際に行動に移してチャンスを自らつかんでいくことが大切だと思いました」、「今出会っている一人一人の関係性が将来、国境を超えたキャリアにつながっていく、夢をかなえるには努力と最後まであきらめないことが大事だということに気づきました」などの感想が寄せられました。  

パワフルかつ魅力的なトークで3年生に希望を与えてくだった坂本さん、どうもありがとうございました。(大濱慶子)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部
https://kobegakuin-gc.jp/

前のページ »