TOPICS&NEWS

Category: 中国語コース

中国語コース一年生が神戸税関を見学しました。

中国語コース|2024.06.14

 入門ゼミナールの授業の一環として、中国語コース一年生が2024年6月12日に神戸税関における学外研修を行いました。今回の研修では村尾吉弘調査官に神戸税関をご案内いただき、エントランスホールでは、二代目庁舎を保存・活用して建築された現庁舎にいたる来歴をご紹介いただきました。

 次にシアタールームにて、税関業務の概要についての映像資料を視聴しました。実際の業務映像を活用した内容に、学生達はみな真剣な面持ちで視聴していました。

 続いて、村尾調査官の案内の元、広報展示室を見学しました。保存されている昭和初期の庁舎部分を活用したドラマ・映画撮影に触れられた際には、驚きのあまり声を上げる学生の姿も見られました。次に、展示室内に展示されている資料を踏まえて、ワシントン条約に基づく輸出入規制品や密輸取り締まり・不正薬物摘発の現場の様子などを、村尾調査官ご自身の経験も交えてご説明いただきました。

 また、広報展示室には、違法コピー製品を見抜くクイズコーナーも併設されており、学生たちは各々興味のあるコーナーに取り組むなどして楽しみながら税関業務の実態を理解することができました。 

 今回の見学を通じ、学生たちは税関業務をより身近に詳しく知る機会を得るとともに、税関が様々な国や地域と接触する場所であることを学ぶことができました。神戸税関広報校長室の皆様、ならびにご案内くださった村尾様に感謝申し上げます。

 

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の満島諒さんからレポートが届いています。

中国語コース|2024.06.13

 台湾の生活もあと三週間となりました。台湾に来た当初はとても不安でした。料理ひとつ頼むのも一苦労で、本当にこのまま暮らせるのか、不安がいっぱいでした。しかし、周囲の人との交流を沢山増やして自ら話していくことで少しずつ成長し、今では一人で散歩したり買いものにに行ったりすることも前より簡単になりました。しかし、まだ聞き取れない部分があったり、単語がすぐに思い出せなかったりして、流暢に話せないこともあるので、改善していきたいと思います。

 私が以前入っていたバレーボールクラブは今も続けていて、テスト期間ではない時期は、週に二日継続して通っています。初めは英語を使ったりして自分に分かりやすく接してくれていましたが、今ではお互いに中国語を使ってコミュニケーションすることができるレベルになりました。

 こちらの人は優しく、中国語で少し会話できると沢山褒めてくれるので、益々頑張ろうという気持ちになりました。言語を学ぶ上で気になることはメモを取り、自分がどのくらい訳せるのか、何が分かっていないのかをはっきりさせることも大事だと感じました。分からないことがあれば分かる人に聞き、その言葉を中心に会話の文を作るといったインプットやアウトプットも、語学を学ぶ基本ではありますが、やはりすごく大切だということが改めて分かりました。

 台湾は思っていたよりも広く、まだ行っていないところも沢山ありますが、悔いのないように最後まで勉強に取り組み、観光もできるだけしたいと思います。(満島諒)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の片山元気さんからレポートが届いています。

中国語コース|2024.06.13


 台湾に留学して約三か月が経ち、留学期間も残り一か月弱となりました。台湾生活に慣れてきた楽しさと、お別れが近くなっていく寂しさを感じる時期になりました。

 台湾生活が始まった頃は、翻訳機が必須の日々を送っていましたが、少しずつ聞き取る力が身についていく感覚を感じることができています。会話については、まだまだ自分にとって難しいところがありますが、留学前の自分と比べると少しずつ成長していることがわかり、現在では自信をもって留学生活を楽しんでいます。また時期が経つにつれて、台湾の方や、他国の方とのコミュニケーションも深まっていき、本当に自分が愛されていると感じることが出来ました。

 前回の自分の記事にも記載した「文武両道」も継続して頑張っています。授業はしっかりと出席し、授業終わりに週5のペースでスポーツジムに行っています。最近ではスポーツジムのスタッフさんとも会話することが増え、またスポーツジム付近にあるコンビニでも店員さんに声を掛けられ、留学生活を応援してくださります。いまさらになりますが、声をかけてくださる皆さんと話していて、中国語能力の大切さを身に染みて実感しました。

 残り少ない期間ですが、日本に帰国するまでの台湾生活で、会話能力を伸ばすために、自分の難点であるピンインのアクセントやリスニング能力を少しでも上達させて、成長した自分の姿で日本に帰国します。最後に、高額な留学費用を出してくれた両親や、自分の将来のために相談を受けてくださった大学の先生方、応援してくださった自分の友達への恩返しを忘れず、最後まで頑張ります。(片山元気)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の奥川満利佳さんからレポートが届いています。

中国語コース|2024.06.06

 初めは長いと感じていた留学も残り一ヶ月を切りました。台湾に来たばかりの頃は、お店で注文をすることや物を買うことも一苦労でしたが、今では一人で買い物に行けるようになるまでに成長しました。知っている語彙も格段に増え、台湾人とも流暢に会話ができるようになり、日本では学べないような流行りの言葉や台湾語も教えてもらいました。

 また台湾人はとても人情があり、何かをする時にいつも「おいでよ!」と誘ってくれます。言語の壁を感じて毎回行くかどうか悩んでいましたが、それも気にならないぐらいみんな優しく接してくれ、中国語を間違えて話しても笑って訂正してくれます。語学を学ぶのは座学だけでなく実際に使わないと伸びないなと感じました。このことを学び、授業面では毎日たくさんの単語をインプットし、それを忘れる前に放課後などに台湾人と交流しアウトプットするということを心掛けています。初めは中国語を読む先生のスピードが速すぎて聞き取れないところばかりだったので、授業に行くのが憂鬱でしたが、それも段々慣れてきて、今では意識しなくても中国語の意味が感覚で分かるようになりました。これは私にとってとても成長だと感じています。

 残り一ヶ月を切り、知り合った台湾人の友達や、現地で出会った人たちと別れると思うとすごく寂しいです。日本に帰国する時にあれをしておけばよかったという後悔がないように残りの日数を過ごしていこうと考えています。(奥川満利佳)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の北垣柊一さんからレポートが届いています。

中国語コース|2024.06.05

 台湾での生活も残り一ヶ月となりました。台湾に来たかばりのころはわからないことが多く、生活に慣れるまで大変でしたが、その分、今では楽しく留学生活を楽しめていると思います。勉強の場面では、当初リスニングが苦手で、台湾に来て最初の授業で、先生の話すスピードが速すぎると感じていました。ですが今では、ある程度聞き取ることが出来るようになり、買物や外食の場面でもスムーズに会話できるようになりました。

 5/18~5/19は両親が遥々日本から台湾に来てくれて、台北を一緒に観光しました。故宮博物館や国立中正記念堂等を見て回りました。故宮博物館はとても広く、全て見て回るまで二時間くらいかかりました。有名な翠玉白菜は見ることは出来ませんでしたが、肉形石等の他の有名な作品は見ることが出来ました。また、国立中正記念堂は、初代総統である蔣介石の顕彰施設であり、中にある蔣介石の座像なども見ることが出来ました。久しぶりの両親との時間が出来て、残る留学生活も悔いのないように頑張ろうと思えました。

 5/23に台湾プロ野球リーグの中信兄弟VS台鋼雄鷹の試合を見に行きました。この時の試合は本塁打を2回見ることができ、16対5と台鋼雄鷹側が圧勝してドーム内がとても盛り上がったので、見ることができてよかったです。

 帰国まで一ヶ月を切ろうとしていますが、残り少ない留学生活も頑張ろうと思います。(北垣柊一)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

【上海通信】華東師範大学に個人留学していた陳理琛さんからレポートが届いています。

中国語コース|2024.06.04

2 大学生活(授業以外)

 大学の授業は毎日8:30~11:45までで、授業が終わると友人達と学食に行きます。校内には4つの学食と3つのカフェ、タピオカ屋が2軒とコンビニが2軒あり、校内施設は全て学生証にチャージしたお金で決済します。

 学食は広く、また各地域の特産物がオーダーでき、辛さや量の変更も出来ます。重慶の窓口では名物の小麺、四川の窓口では火鍋などが食べられ、他にも和食や韓国料理、ハンバーガー、カレー、パスタなど種類はとても豊富でした。また300円(15元)前後で食べられるのも魅力的です。最近日本でも流行り出したM I X U E(蜜雪冰城)というタピオカ店が校内にもあり、学生料金140円(7元)ほどで飲めます。

 通学に関しては、学生寮以外の外部に住んでいる人は交通機関を使用します。電車の乗り方は日本より簡単で、快速や新快速などの区別もなく全ての駅に止まり、路線も数字表記なので分かりやすく、だいたい20~60円(1~3元)でどこまでも行けます。他にレンタル自転車も充実しており、日本で言うLUUPが信じられないくらいたくさんあります、駅周辺だと500台ぐらい止まっています。これもまた安く、30分で30円(1.5元)でした。また、中国では電動バイクに免許なしで乗ることができ、校内だけでなく教室の前まで乗っていけるので、学生にとっては非常に便利な移動手段となっています、私も10月に約5万円(2,500元)で新車を購入して通学に利用しています。車道の横に電動バイクと自転車専用の道が整備されているので、比較的安全に走行できます。ヘルメットを付ければ二人乗りも出来るので、友達と遊びに行くのにも非常に便利です。

 学校が企画するイベントも充実していて、学園祭やツアー旅行、忘年会などに参加しました。学園祭は朝から夜まで開催され、留学生は自国のブースを持っていて、98カ国分ありました。各ブースでは自国の料理や文化を紹介し、販売も行います。日本ブースではおにぎりと味噌汁を販売していました。訪問者は全てのブースを回り、スタンプを98個集めると景品がもらえます。またステージ上では踊ったり歌ったりとても賑やかでした。夜になるとライブ会場かと思うほど盛り上がりました。

 ツアー旅行は2泊3日で2つのコースが用意されており、希望するコースを選ぶ事が出来ます、参加は任意で費用は9,000円ほどでした。私は鎮江と楊州へ行くプランを予約しました。寺院や公園、観光地、商店街、博物館などを見学する充実したプランで、自由時間も沢山あったので、マッサージに何回も行きました。

 年末には忘年会があり、「新年晚会」といいます。18時からスタートした新年晚会は、海外のプロムのようで、学生は近所の美容院で髪をセットしドレスやスーツを着て立食パーティーを楽しみます。舞台では出し物を見たりお互い写真を撮ったりしてすごし、20時ごろから徐々に各々解散し、その後何人かでクラブやバーに行き楽しみました。

 私の華東師範大学での生活は、飲食店や買い物、交通の便が良い点、学校が企画する多彩なイベントなどによって非常に充実したものでした。同時に異なるバックグラウンドを持つ人々と出会い、その文化や考え方を直接学ぶことができ、国際的な視点が養われ、価値観や視野が広がる貴重な経験を得る事が出来ました。(陳理琛)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の辛炯星さんからレポートが届いています。

中国語コース|2024.05.30

 台湾での留学生活も残りわずかとなりました。留学開始当初は、台湾の文化や食生活などの日常生活での不安や、授業についての不安などがありましたが、今ではその不安もなくなり、日々を楽しく過ごしています。

 台湾で生活しているなかで、私は自分の中国語力がどんどんレベルアップしているのを感じます。留学当初は授業での先生の話や、飲食店の店員の話す速度についていくことができず、理解するのにも時間がかかり、翻訳アプリがないとコミュニケーションが取れないことなどがありました。ですが、台湾での生活が長くなるにつれ、授業で先生が話していることや、飲食店の店員が話す言葉などもどんどん理解できるようになり、中国語を使ったコミュニケーションもとれるようになってきました。これから先の留学生活でも中国語で様々な人とのコミュニケーションを図り、自身の中国語力の更なるレベルアップに取り組んでいきたいと考えています。

 今後の留学生活では、スポーツを通じて友達の輪をさらに広げたいと考えています。これまでは大学近くのバスケットコートやプールで運動する中で、数人の台湾の人と顔なじみになりました。バスケットボールの専門用語の中国語を教えてくれたり、台湾の文化を教えてくれたりととても優しく、とても面白いです。

残りの留学生活も様々なことに挑戦していきたいと思います。(辛炯星)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

文藻外語大学に留学中の小山彩花さん・谷郷夢衣さんが文藻中国語センターの中国語コンテストで入賞しました。

中国語コース|2024.05.31

 現在、中国語コース3年次生18名が、台湾・高雄市にある文藻外語大学にセメスター留学中です。さる五月八日、文藻外語大学の中国語センター(華語中心)において、中国語コンテストが開催され、本学の小山彩花さん・谷郷夢衣さんがスピーチ部門に参加しました。

 参加者は規定の四つのテーマから一つを選んで、五分間のスピーチを行います。各スピーチは内容、語句表現、態度、発表時間などの各観点から評価されます。小山さん・谷郷さんはともに「AIが人に与える影響(AI對人類的影響)」というテーマでそれぞれスピーチを行い、小山さんが第二位、谷郷さんが第三位という優秀な成績を収めました。以下はお二人の受賞後の感想です。

小山さん

「私は、このスピーチコンテストに参加するかどうかギリギリまで悩みました。なぜなら、台湾に留学に来てルームメイトや沢山の台湾人たちと交流している内に、会話を続けることがとても難しいと感じ、自分の中国語に自信をなくしていたからです。ですが、何か留学で頑張れることはないかと思い、参加することを決心しました。準備期間が大変短く、何度練習しても暗記することができなかったため、参加したことを後悔する事もありましたが、なんとか当日までに間に合わせることができてよかったです。

 緊張の中一生懸命発表しましたが、何度か話に詰まってしまいました。頑張って練習した分とても悔しかったです。ですが、2位という順位をいただけたことは、自分の自信にも繋がり、とても嬉しかったです。自分にとって大変良い経験でした。残りの留学も楽しみたいと思います。」

谷郷さん

「私はこのようなコンテストに初めて参加したので、とても貴重な経験になりました。友人に誘われて出場を決めました。スピーチ原稿を考える際に、ルームメイトに添削してもらいながら自分の意見を書き出し、さらに推敲してようやく納得のいくものが完成しました。何度も暗記練習を重ねて本番に臨みました。

 しかし、いざ大勢の前で発表すると緊張して上手く話せず、納得のいく発表が出来ませんでした。なので、まさか入賞するとは思いませんでした。今回のコンテストを通して、人前に立って発表すると思い通りに話せず上手くいかないことを痛感しました。それでも、自分のスピーチが入賞という形で評価されて少し嬉しかったです。これからも自分の中国語能力を活かしていきたいです。」

 セメスター留学も残り一か月余りとなりました。悔いの残らぬように、引き続き中国語の学習に取り組むことはもちろん、残りの留学生活も満喫してほしいと思います。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の日下育さんからレポートが届いています。

中国語コース|2024.05.29

 留学生活も残すところ約一ヶ月となりました。これまで辛いことや困難もたくさんありましたが、周りの友人や先生たちに支えられ、なんとか生活しています。今では、来たばかりの頃と比べてできることがかなり増え、自分の成長を感じます。レストランやレジで聞き取れる言葉が増え、会話で詰まることもかなり少なくなりました。また、不意に話しかけられたときも以前よりスムーズに会話することができるようになりました。勉強の面でも、授業中の説明はほとんど聞き取ることができ、授業の難易度も以前ほど高いと思わないほどに成長することができました。

 来たことのない異国の地で、お気に入りのお店や場所が増えていくことが、不思議ながら楽しく感じています。一人でもかなり行動できるようになり、この約三ヶ月でできることが増えたと感じます。近所への買い出しや、行ったことのないレストラン、行ったことのないショッピングモールにも一人で足を運んでみようと思いたったら、実際にいってみることもできるようになりました。留学に来る前よりも一人で行動することに積極的になっていると思います。

 留学生活はもう残り一ヶ月ほどしかありませんが、こうした機会は簡単に得られるものではないことを忘れないようにしつつ、日々の生活を楽しみながら後悔しないように生活していこうと思います。(日下育)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の福山章真さんからレポートが届いています。

中国語コース|2024.05.23

 台湾に来て約三ヶ月が経過しました。毎日暑いですが本当に充実しています。この三ヶ月で様々な経験ができました。まずは授業です。授業では自分の言いたいことをしっかりと伝えられるようになってきました。苦手だったリスニングもだんだんと聞き取れるようになり、先生の言いたいことが徐々に分かるようになりました。また発音や文法の理解も最初の数ヶ月より深まったと感じます。次に交換留学生の授業では初めは失敗することが恥ずかしく発表することがあまりできませんでした。ですが今では自分から積極的に発表することができています。

 休日は台湾の観光地を観光しています。高雄の観光地だけではなく台南にも行きました。台南は日本の小京都と呼ばれており、現代的な街並みと歴史のある文化財・建造物・自然が共存している街です。

 また、台湾で一番古い林百貨店に行きました。ここは山口県出身の経営者林方一により日本統治時代の1932年12月5日に創立した日本の百貨店です。ここは一度封鎖されていましたが、今では台南の観光地として有名です。是非台南に訪れた際には行ってみてください!留学生活は残り約一ヶ月しかないので、毎日を大切にして充実した留学生活を送りたいです。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

前のページ »

Date