TOPICS&NEWS

Category: 英語コース

カナダ ヨーク大学 セメスター留学便り(3)

英語コース|2022.05.11

カナダ留学生活も3週間が過ぎました。徐々に生活に慣れてきているようです。

「隣の部屋に住んでいるブラジル人のブルーノとは食後や空き時間にほぼ毎日1時間ほど、ブラジルや日本、彼の通っている学校のことなど色々と話しています。土曜日にはブルーノとサッカーの試合を見に行きました。」(矢野友裕さん)

「4日の水曜日はMay the force(4th) be with youということでスターウォーズdayでした。Bクラスのメーガン先生はこういった文化も紹介してくれてとても興味深かったです。8日日曜日はRipley’s Aquarium of Canadaに行ってきました!カナダに来る前からずっと行きたかった場所だったのでとても楽しかったです。」(小泉彩愛さん)

「先週は新しいパン屋さんやカフェを見つけたり、ファミリーにバースデーパーティー、バイブルスタディーに連れて行ってもらったり、カナダに来て何か新しいことに挑戦したいと思いYouTubeを始めたりとたくさんの出来事があった1週間でした! 」(清家乙葉さん)

「念願のナイアガラの滝を見に行きました。クルージングツアーではレインコートを被っても髪と服が濡れてしまいましたが、とても迫力があり楽しむことができました。その日は母の日でしたので、帰宅後にホストマザーへサプライズでお花を渡しました。とても喜んでくれました。一番盛り上がったのは、ホストファザーがサプライズソングを歌ってホストマザーへプレゼントを渡したときです。とてもロマンティックでした。思いを直接伝えることを海外の人たちは大切にするのだと改めて実感しました。そして何よりも嬉しかったのが、私を本当に家族の一員として認めてくれていて、寂しいから7月で帰国してほしくないと言われたことです。私もファミリーにはいつも感謝しています。母の日でしたが私にとって忘れられない日になりました。」(大本彩愛さん)

「課題の一つとして、ヨーク大学に関することを各グループで調査し授業でプレゼンテーションを行う、というものがありました。ヨーク大学について非常に詳しく知ることができたと同時に、英語でのプレゼンテーションのコツ、方法なども身に付き、良い機会となりました。週末には同じホームステイ先のブラジル人(ルーカス)に誘われ、ワンダーランドという絶叫系の乗り物がたくさんあるテーマパークに行ってきました。」(川口隼斗さん)

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp

カナダ カルガリー大学 セメスター留学便り(4)

英語コース|2022.05.10

カナダでの留学生活が始まり1か月が過ぎました。現地生活に慣れてきている様子が窺えます。

「渡航してからおよそ1か月が経ちました。セメスタープログラムでは今、Grammar、Reading&Writing、Speaking&Listeningの3つの授業を受けています。今週から3~4人で放課後学校に残り、課題をする時間を作っています。みんなですると疑問点の解消やアイデアの共有ができるので1日の楽しみな時間のひとつとなっています。土曜日には、私とルームメイトの誕生日が5月なことから少し早いけどとホストマザーが誕生日プレゼントとして『シンデレラ』のバレエ鑑賞に連れて行ってくれました!!」(一宮彩華さん)

「ホストマザー、ホストシスター2人、ルームメイトのあわせて5人でボーリングへ行きました。ホストシスターとは生活リズムが違うのであまり話す機会がなかったのですが、この頃は家に帰ってから宿題について質問をしたり、寝る前に挨拶をしたり、少しずつ距離が近づいてきたと思います。今度ホストシスターの職場や、近くにあるアミューズメントパークにも連れていてくれるそうなので楽しみです。」(加藤愛理さん)

「放課後gymに行ったり、半日授業の日は大学のフードコートや図書館で勉強するなど、現地の学生や他の学科の留学生と交流できる場所を利用するようにしています。英語で会話する機会が増え新しい事を知り世界がだんだん広がってきていることを実感しています。写真は、カナダ人と友達とラクロスの試合を見に行った時のものです。」(佐野あかりさん)

「アジア系のスーパーマーケットに行き、日本食を買いました。ホストファミリーは梅干しを食べたことがなかったので、挑戦してくれました。しかし、みんなとても酸っぱいと言っていて、あまり好きにはなれなかったみたいです。こんなもの好きなんて信じられないと言っていました。大福も食べてくれたのですが、それは気に入ってくれて良かったです。また、納豆も買いました。次は納豆にも挑戦してくれるみたいなので、とても楽しみです。」(塩川聖音さん)

写真はありませんが、大学の施設も充実しているようです。

「放課後は友達とバスケットボールで遊びました。バスケは学校の授業でしかしたことないので上手くないですが、運動できて面白かったです。Calgary大学は様々な運動施設が使えるので、今度は他の施設も使ってみようと思います。」(吉田亜里紗さん)

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp

英語コース 仁科ゼミ 岸田祥太郎さん(21年度卒業生)が月間[エアステージ]4月号に掲載されました

英語コース|2022.04.28

空の就職情報誌 月間[エアステージ]4月号(AIR STAGE April 2022 No.440 イカロス出版)P22-23「コロナ禍のCA、グランドスタッフ合格速報」に英語コース仁科ゼミの岸田祥太郎さん(21年度卒業生)が掲載されました。コロナ禍でほとんどの航空会社が採用を停止している中、グランドスタッフとして見事合格を勝ち取った岸田さん。「最後の最後まであきらめることなく、自分の可能性を信じて努力をし続けてください。」と読者に向けて熱いメッセージを伝えています。

掲載雑誌の表紙はこちらです。

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp

カナダ ヨーク大学 セメスター留学便り(2)

英語コース|2022.04.28

留学生活が始まり2週間が過ぎました。現地での様子を一部お伝えします。

「イースターホリデーにはホストファミリーが教会に連れて行ってくれました。週末は友達とダウンタウンに行き、トロントを堪能しました。」(永野善己さん)

「留学が始まってから約2週間が経ちました。1週目は先生やホストファミリーが何を話しているのかを聞き取るので精一杯でしたが、2週目は徐々に慣れてきて、授業中やホストファミリーとの会話で自分が伝えたいことを英語で伝えられるようになり、少しずつ会話のキャッチボールが出来るようになってきました。授業ではグループディスカッションをすることが多く、英語で話すことはもちろん、自分の意見や考えをしっかりと持ち、それを言語化する力を付けることも大切だなと感じています。週末にはNBAの試合を見に行きました。」(横内遼さん)

「初めてホストファミリーと対面したときは、ホームステイが始まると実感し、少し緊張しました。オリエンテーションではTimHortonsのドーナツとコーヒーをいただきました。放課後はヨーク大学の生徒たちと交流し一緒にバスケットボールをしました。」(矢野友裕さん)

「親元を離れて新しい環境で生活することに対して不安や緊張がありましたが、ホストファミリーや一緒に生活している他のホームステイをしている人たちが快く私を受け入れてくれてとても安心しました。今回語学を学ぶだけでなく、チャレンジをすることも大切にしたいと思い、苦手なことや今まで経験がないことにも挑戦してみようと思いました。また、持ってきたスケジュール帳に朝昼晩の出来事を簡単にまとめた日記もつけ始めました。KGUメンバーやホストファミリーのみんなで助け合ったりして生活に慣れていっている気がします。」(大本彩愛さん)

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp

カナダ カルガリー大学 セメスター留学便り(3)

英語コース|2022.04.28

カナダでの留学生活3週間目が終わりました。現地からのレポートを一部お届けします。

「私は、ホストマザーと日本人留学生の3人で暮らしています。ホストマザーはヒンドゥー教を信仰していて、宗教に関する伝統や文化などをたくさん教えてくれます。また、料理を作ることが大好きだそうで、毎晩美味しいご飯を作ってくれています!English Language Program(50時間の授業)を終え、カナダの地形や政治、文化について学んだり、プレゼンテーションをしたりしました。初めて学ぶことばかりで大変でしたが、それと同時に学ぶことがとても楽しいとも感じています。まだまだ周りに追いつくのに精一杯ですが、帰国後、少しでも自分に自信が持てていられるように、一日一日を大切に、また、アクティブに行動していきたいです!」(佐藤萌果さん)

「Nose Hill ParkやSaskatoon Farmなどたくさん景色の良いところに連れて行ってくれて、とても充実しています。最近は少しずつ気候が暖かくなってきているので、散歩するのがとても気持ち良いです。イースターのイベントは友達と家族との2回行いました。家族とのときは兄弟からいとこ、祖父母までとてもたくさんの人が私の家に集まりました。初対面だったのですが、たくさんお話できて良かったです。子供たちがとても必死になって卵を探す姿はとても可愛かったです。」(塩川聖音さん)

「Calgary Stampede Grandstand に行ってカウボーイを見ました。意外と女性が多く、とても格好良かったです。生でカウボーイを見たことがなかったのですごく興奮しました。4/15はGood Fridayで学校はお休みでしたので、チノックセンターというショッピングモールに行ってきました。とても広く一日満喫できました。ホストファミリーと晩御飯を食べてから『カンフーパンダ』を一緒に見ました。子供向けなので英語の勉強にもなり、映画も面白かったです。この一週間は時間が経つのが早く感じました。先生からもらったFeedbackをもとに自分の課題をこなしていきます。」(南優菜さん)

「ルームメイトに誘われて初めてカーリングの体験へ行ってきました。私たちの他にも韓国人や中国人の家族、現地の親子などたくさんの人がカーリングの体験に来ていました。まずストーンを投げることから始まり、氷の上を滑る練習をし、そのあと氷の上でストーンを投げ試合を行いました。最初は氷の上があまりにもつるつるで立っていることが精一杯でしたが何度か滑っているうちに慣れ、スムーズに氷の上を移動できるようになりました。最後に全員で記念写真を撮り、様々な国籍の方たちとお話をし、たくさん刺激を受けた一日となりました。」(加藤愛理さん)

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp

カナダ カルガリー大学 セメスター留学便り(2)

英語コース|2022.04.12

留学生活が始まり最初の1週間が過ぎました。現地からのレポートをお届けします。

「木曜日の学校では3人ずつ、いくつかのグループに分かれてポスターを作り、カナダについてのプレゼンテーションを行いました。私のグループはイエローナイフについて調べました。一人3分間程話すのですが、日本での授業で練習していたこともあり、皆とても上手に話していました。カナダの良いところや文化などをより知ることができました。

毎日、日常会話や学校などで何かしら新しい単語を学んでいますが、夜ご飯のときにでてきた、芽キャベツの英語、Brussels sproutsも新しく学びました。実際に体験したり、食べたりしながら英語を学ぶことは、とても良い環境であり、また早く英語の定着にも繋がると思います。」(塩川 聖音さん)

「無事にカナダに到着しました〜!!まず、東京からカナダまで8時間30分の飛行時間は人生で初めてだったのでとても疲れました。カルガリー空港でホストファミリーに会う瞬間はとても緊張しましたが、いざ会えたときはホッとしました。ホストマザーは行きたいところをリクエストするとすぐに計画を立ててくれる優しい方に出会えました。また、ルームメイトの子とも仲良くできて少しずつ現地の生活に慣れている感じです。朝食はシリアルが多いですが、夕食は毎日違うものを作ってくれるので感謝して美味しくいただいています。

そして学校の授業も始まり、現在私のクラスは日本人しかいないのですが同じクラスだけではなく、他クラスの他国の人たちともこれから仲良くしていけたらなと思っています。プログラムの中に含まれているアクティビティも楽しいです!今週はウェルカムパーティーや恐竜博物館など盛りだくさんで楽しかったです!」(一宮 彩華さん)

「カルガリーに来て1週間が過ぎました。コロナの影響で乗り継ぎが多く、カルガリーに着くまで、すごく長く感じました。空港に着き無事にホストマザーに会えた時はとても嬉しく安心しました♪ 初日登校前にホストマザーが実際に一緒にバスに乗り大学まで行く道を教えてくれたので、登校初日当日は迷わず時間通りに行くことができました。

最初の2週間ではカナダの文化や政治、地理についてテキストを使い学んでいます。カナダの政治など日本にいると全く耳にすることのない情報をたくさん得ることができてとても充実しています。

また、学校のプログラムとしてWelcomeParty、ダウンタウンツアー、Drumheller Tripがあり来週も沢山のプログラムがあるのでたくさん吸収したいと思います。

この1週間はホストマザーのお仕事がお休みだったのでたくさんの時間を一緒に過ごすことができました。地元のスーパーや犬の散歩、夜は一緒に映画を観たりなどとても充実しています。

このコロナ禍にも関わらず快く家族として受け入れてくれたホストマザーに感謝の気持ちを忘れずに2週間目も楽しみながら頑張っていきたいと思います。」(海谷 美帆さん)

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp

イギリス ヨーク大学 セメスター留学便り (1)

英語コース|2022.04.12

オンライン留学最初の1週間が始まりました。

「オンラインではありますがとても有意義な時間を過ごせそうです。これからがとても楽しみです!

ちなみに今日はオリエンテーション的な感じで登録の仕方や使える機能の説明と体験をしました!!私がなぜか日本語で説明することになって正直緊張しましたが、先生がニコニコしていて積極的にこれからもやっていきたいです!!」(橋本 未来さん)

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp

ニュージーランド ワイカト大学 セメスター留学便り(1)

英語コース|2022.04.12

オンライン留学が始まりました。最初の1週間の様子をお伝えします。

「提出した課題について、先生方から授業中にメッセージや丁寧なフィードバックを提示してもらえています。

そのおかげで少しずつ英語力が上がっていっている気がします。

最近では授業の後半に全員で洋楽を歌うことが日課になっています♪

コツコツ英語の力を上げていけるように頑張っていきます!」(平岡 輝さん)

「ワイカト大学1周目が終わりました。

毎日先生と一緒に話したり、歌を歌ったり、みんなでディスカッションをしたりなど英語にひたすら浸っているような濃い1週間でした。

最初はオンラインということもあり不安でしたが、実際授業を受けているとそんな不安も吹き飛びました。

これから自分がどのように成長できるのかとても楽しみです!」(杉本 花音さん)

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp

カナダ ヨーク大学 セメスター留学便り(1)

英語コース|2022.04.11

4月10日、成田空港よりヨーク留学組15名がカナダに向け出発しました。

成田空港での集合写真

成田からバンクーバー経由でトロントに到着。丸一日の移動でしたが、全員無事に現地に到着しました。

長旅を経て、ついにトロントに到着(元気そうです)

到着後は、それぞれのホームステイ先に移動し、待ちに待ったホストファミリーとの出会いです。事前にメールをやり取りするなどしていましたが、やはり直接会うことができ、嬉しかったようです。

ホストファミリーとの出会い

いよいよ明日から、オリエンテーション、授業が始まります。コロナ禍での留学で不安もたくさんありましたが、きっと有意義な学びをヨーク大学でしてくれると思います。

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp

カナダ カルガリー大学 セメスター留学便り(1)

英語コース|2022.04.07

4月2日 成田空港よりカルガリー留学組15名がカナダに向け出発しました。

皆さん元気そうです。

4月3日 無事ホームステイ先に到着しました。

4月4日から通学が始まりました。朝のバスの遅れのトラブルがありつつも、初日のプログラムを終えました。

4月5日はウェルカムパーティーが開かれ、翌6日にはクラス終了後にダウンタウンウォーキングツアーと日本語によるオリエンテーションが行われました。

日本語のオリエンテーションという事でしたが、まずホームステイコーディネーターの Laurie Lin さん の紹介と英語でのご挨拶がありました。 ESL グループプログラムマネージャーの高田涼子さんから一般的な滞在に関すること、大学案内 とプログラム参加者用のアカウントや ID、今後の予定などについてのお話がありました。 続けてコーディネーターの大沼玲子さんからホームステイに関するご案内がありました。

日本語オリエンテーションの様子

ウォーキングツアー出発の様子

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp

前のページ »