TOPICS&NEWS

Category: 英語コース

森下ゼミ生が「淡路ハーブフェスティバル」にブースを出展しました。

英語コース|2019.06.07

1日、2日の二日間にわたって淡路市立香りの公園で開催された「淡路ハーブフェスティバル2019」にグローバル・コミュニケーション学部の森下ゼミ生12人が、「ハーバリウム作り体験」ブースを出展しました。

詳細は神戸学院大学のHPに掲載されていますので、下記URLよりご覧ください。

https://www.kobegakuin.ac.jp/news/338b9e0d7dd40db04da6.html

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp

6月4日の入門ゼミで、本学卒業生の森田大樹さんがスペシャルトークをしました。

英語コース|2019.06.06

6月4日の入門ゼミで、本学卒業生の森田大樹さんがスペシャルトークをしました。

本学の人文学部を首席で卒業された森田大樹さんによるスペシャルトークが、入門ゼミで行われました。森田さんは企業勤務後、トゥガルーカレッジ(アメリカ)に留学し、日本語教師兼研究員として在籍しました。今年の
8月からはモナシュ大学(オーストラリア)マレーシア校の修士課程に進学されますが、今回は一時帰国のタイミングで母校を訪れてくださいました。

ご自身の経験を踏まえ、アメリカの黒人差別についての報告をしていただきました。また、社会人になると本当に時間がないので、大学生のうちにできるだけ勉強すること、海外に行った際には、ぜひ現地で一番良い大学を訪問し、刺激を受けてほしい、などの貴重なアドバイスをくださいました。

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://gc-kobegakuin.jp

アメリカ・ホープカレッジ生が来学されました。

英語コース|2019.05.31

30日、英語コースのセメスター留学先である、アメリカ ミシガン州のホープカレッジから、日本での4週間滞在中に、神戸学院大学を訪問してくださいました。中嶋先生ご担当の英語読解Ⅰを履修している1年生が、日本の主な観光地の紹介や神戸学院大学の紹介をしたあと、ポーアイキャンパス内の施設を案内しました。東京、高山、京都、奈良などを訪れた後の神戸訪問でしたが、当日のランチは学外で神戸ビーフを楽しまれ、その後は、広島に向かわれました。1年生は、神戸学院生として海外からのお客様をおもてなしをするホストとしての大役を果たし、良い交流となったようです。

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://gc-kobegakuin.jp

【GC学部生の課外活動報告】

英語コース|2019.05.30

英語コース2年次生築山このみさんからの活動報告です。

5月15日に神戸学院大学ポートアイランドキャンパスで昼休みの間に開催された、学生団体協議会主催のマナーアップキャンペーンに参加しました。喫煙所の使い方について呼びかけをする活動をしました。構内のゴミを拾う人たちと、喫煙所のルールについて書いてある紙を持ちながら喫煙所付近を見回りをする人たちに分かれて、昼休みの間、マナーアップキャンペーンの活動をしました。あまりルールを破っている人も少なくて、いつも構内がきれいだったということに気づきました。喫煙所の人たちに注意を呼びかける活動は勇気のいることでした。ですが、みんな理解してくれたのでよかったです。


神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

北陸先端科学技術大学院 講演会を開催しました。

英語コース|2019.05.30

2019年5月29日、北陸先端科学技術大学院大学の橋本敬教授をお招きして講演会と個別相談会を開催しました。
GC学部1-4年生が参加した講演会では「大学院で伸ばしたいコミュニケーション力」というタイトルで研究者としての基本的な心構えについてお話いただきました。私立大学文系学部のGC生から見ると理系の国立大学院での研究は敷居が高いように思われましたが、研究に必要な要素は理系でも文系でも同じであることがよく分かり、安心した人も多かったようです。
GC学部4年生の星住弥里さんは「大学院で学生が具体的にどのような事をするのか、学ぶ上で目指すべき事はどのような事なのかをしっかりと理解することができました」と感想を述べていました。

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

ビクトリア大学に留学中の佐野孝輔さんから自作動画が届きました。

英語コース|2019.05.23

オーストラリア・ビクトリア大学に留学中の佐野孝輔さん(3年生)からメルボルンの市街の雰囲気をまとめた素敵な自作動画が届きました✨
1・2年生はぜひ参考にして下さい!😊

Track: BEAUZ & Momo – Won’t Look Back [NCS Release]
Music provided by NoCopyrightSounds.
Watch: https://youtu.be/HbYXIMFDoRg
Free Download / Stream: http://ncs.io/WontLookBackID

英語・中国語コース2年生が神戸税関を見学しました。

英語コース|2019.05.15

2019年5月15日(水)、大濱ゼミと森下ゼミの2年生24名が、専攻演習Ⅰの学外研修の一環として神戸税関を見学しました。1868年開港に遡る神戸税関のあゆみや通関、貿易の円滑化に関わるお仕事についてオリジナルDVDを視聴した後、調査官の方に解説をしていただきながら密輸取締りや、ワシントン条約などの展示コーナーを見学しました。ツアーの最後には神戸港が一望できる屋上に案内していただきました。明治から今日まで神戸港貿易のシンボルとして大切な役割を担ってきた税関について、今回詳しく学ぶ機会を頂きました神戸税関広報広聴室の皆様に感謝申し上げます。

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

5月11日(土)セメスター留学説明会を開催しました

英語コース|2019.05.14

セメスター留学説明会を開催しました。

グローバル・コミュニケーション学部では神戸学院大学ポートアイランドキャンパスにて5月11日(土)1年生を対象にセメスター留学説明会を開催致しました。200名を超える学生・保護者の方々にご参加いただき、皆さん真剣な表情で各留学先の説明に耳を傾けていらっしゃいました。多くのご参加ありがとうございました。

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp

【ニュージーランド・ワイカト大学 セメスター留学だより】

英語コース|2019.05.11

先週からMaori cultureについて学んでいます。昨日は学校の近くのMaraeに訪れ、子どもたちがとても素敵なパフォーマンスを披露してくれました。Hakaなど様々な歌や踊りをとても近くで見て、歌は上手いし声量も凄くて迫力があって感動しました。またポニョの歌を日本語で歌ってくれてとても可愛かったです。彼らはMaoriの文化に誇りを持っていて、それを未来へ繋げていくということも学べました。(平尾咲良さん)

今週はMaraeとMaeroa Intermediate Schoolを訪れてマオリの文化について学びました。Powhiriという歓迎の儀式に参加したりポイを使って踊ったりと貴重な体験ができました。また、cultureの授業ではyouth culutreについての調査をしました。初対面の人に声をかけるのはとても緊張しましたが、無事に調査を終えることができて良かったです。来週からいよいよAcademic Englishが始まるので頑張ります。(中里公美さん)

今週は土曜日にHobbitonに行きました。
思った以上に映画のシーンを細かく再現していてとても綺麗な場所でした。また、火曜日にMarae、金曜日にMaeroa Intermediate Schoolに行きMaoriについて学びました。実際に踊りや歌などを体験でき、とてもいい経験になりました。火曜日にAcademic Englishのテストを受け、来週から授業が始まるので少し不安もありますが、今まで以上に頑張って授業についていけるようにしたいと思います。写真はHobbitonで撮ったものです。(石井千尋さん)

先週の金曜日、私のホームステイ先のもう一人のhomemateに誘われて大学内で開催される、中国の料理が食べれるよという会に行きました。これは、ワイカト大学に通っている中国人の留学生たちのボランティアによって、開催されていました。料理自体は、お店のもので20種類の中華料理が食べ放題でした。お皿に少しずつ乗せてもらいほとんどの種類を食べました。会場では、中国の有名な歌手の歌が流れていたり、会場の中が中国人でいっぱいだったので中国にいるような気分でした。それとニュージーランドはとっても多文化な国なんだなと感じました。ホームメイトの子と二人でどこかへ行くのは初めてだったので、とても嬉しかったしたくさん話ができたので良かったです。彼女はとても英語が流暢なので、聞き取れない時やなんて言えばいいかわからない時は、すごくゆっくり話してくれたり、なんとか理解してくれようとしたり、とても優しくて助けられています。年齢も彼女がひとつ上でとても近いので、とても話しやすいです。もっとたくさん会話をして、仲良くなりたいと思います。(大場さちかさん)

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

【GC学部生の課外活動報告】

英語コース|2019.05.11

英語コース2年次生東伊吹さんからの活動報告です。

5月6日にノエビアスタジアムでINAC神戸の試合運営ボランティアをしました。私は主にINAC神戸のマスコットキャラクターであるライムちゃんの誘導補助を担当しました。まず最初に、試合前に売店ゾーンへ行き、ファンの方々と触れ合います。そこで、私は積極的に声かけをして、写真を撮るお手伝いをしました。ライムちゃんは視野が狭いので、歩いているところの状態や道順を言うことを意識しました。それからセレモニー、ハーフタイム、試合後の誘導をしました。設定された時間の5分前には迎えに行かなければならないので、常に時間を気にしながら行動しました。最後に選手の方とのサイン会と撮影会があり、ファンの方の誘導をしました。選手の方の温かい対応を見て、チームが愛される理由はこういったファンとの交流から生まれるのだと思いました。今回のボランティアで、1つの試合をするために運営の方が裏で働いている姿を知ることができ、良い経験になりました。

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

前のページ »