TOPICS&NEWS

【セメスター留学便り(英語コース) カナダ・ヨーク大学】

英語コース|2020.10.23

今年度のセメスター留学は、新型コロナウイルスの関係でオンラインで行われています。オンラインであってもGC生は、オンラインの特徴を生かしながら、留学生活を頑張っています。その様子をご報告します。

◇授業の内容について
Reading、Listening、Writing、Speakingの4技能をまんべんなく学習しています。毎週金曜日はWritingを授業中に取り組むのですが、テーマ、ルール等が先生から指定され、それに沿った形で約300語程度(制限時間75分)で書いていきます。Reading等も、大学で学んだ英語を生かすというよりも、実践的、発展的な内容です。単語を調べたり、授業外で予習して、わからない箇所をピックアップして先生に質問するなど、能動的な姿勢で課題を克服しています。先生も含めて全員が毎回笑顔を絶やすことなく、フレンドリーな雰囲気の中で授業が進んでいくので、私たちも常に次の日の授業が楽しみでいます。

◇こんなスキルが伸びています
授業で扱った文法もですが、週に一回ライティングプラクティスがあり、制限時間内にtopicに沿った文章を書かなければなりませんでした。限られた時間の中で助けなしで文章を考えるのは難しかったですが、英語の表現力が上がった気がします。そしてなにより、speakingとlisteningのスキルが伸びたように感じます。先生が生徒に積極的に発言するように促してくれたり、ブレイクアウトルームを作り2,3人になって会話したり(英語オンリー)会話の機会をたくさん作ってくれました。
今までの英会話の場面では、日本人の先生や、日本語が流ちょうに話せる外国人の先生であったり、友達に日本語で聞いてしまうなど、最終的には日本語に頼ってしまうことがしばしばありました。しかし、当たり前のことかもしれませんが、私たちの先生は日本語が分かりません。そのため、伝えたいことを、自分の英単語力を使って伝えなければなりません。最初のほうは、伝えたいことが伝わらずに、苦労しました。しかし授業を重ねていくにつれ、それらも改善していき、少々の冗談を交えて笑いが取れるようになるなど、英語のコミュニケーション力が上がったとも思いますし、これからも改善していくつもりです。

◇Conversation Partnerプログラムについて
Conversation Partnerでは、ヨーク大学の学生とオンラインで会話ができる、ヨーク大学独自のプログラムです。週に2回、日程と時間をウェブサイト上でアポイントを取り、参加します。参加したい(できる)時間や日にちを自分で決めることができるので、忙しくても取り組むことができます。1つのグループには先生含めて4人までで、1回約20分間です。神戸学院大学の学生だけでなく、他国の留学生も参加してきます。トピックは趣味や流行、カナダについて等、まるで現地、対面で英会話しているかのようなので、毎回が充実した時間になっています。それと同時に、いくら英単語、文法、読解力があっても、話すことができなければ、あまり意味がないことも痛感しました。英語は数学や理科などの科目ではなく、コミュニケーションのためのツールであることも、再認識させられています。

◇こういうことにチャレンジします!
今回のオンライン留学で、自分たちのつたない英語でも外国の人と会話できるという感覚がつかめた気がします。特に前日にあったことを先生に聞かれることが多く、普段の自分の日常を英語に置き換えることが多いです。そうすることによって、特別な内容ではなく、日本で友達と話しているような内容でも外国の人と話せるという経験を積めました。この経験を活かし、もっとspeakingとlisteningのスキルを伸ばしつつ、外国の人がいる場に行ってコミュニケーションを積極的にとってみたいです。

◇最後に
オンライン留学が始まって初回の授業は、メンバーの緊張が顔に伺えました。先生が話す英語も、とても速く感じ,「Are you nervous?」と何度も聞かれる始末でした。しかし、授業が進むと共に、先生のフランクな口調が私たちを手助けし、みんなの緊張も解け、積極的に挙手し発言することができました。ですから自分の後輩たちが留学(またはオンライン留学)に行く際には、なによりもまずリラックスして授業に臨んでほしいです。そして、恥ずかしがらずに発言してほしいです。ぜひ、頑張ってください!

報告
グローバル・コミュニケーション学部 英語コース
曽我 勇介、坂本 雄基

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp

グローバル・コミュニケーション学部の仁科ゼミ生がリメークドラマを制作しました。

英語コース|2020.10.23

グローバル・コミュニケーション学部英語コースの仁科ゼミ生が、昨年制作したリメークドラマ『LAST CINEMA』を紹介します。前回に引き続き、フジテレビの『世にも奇妙な物語』で放送されたドラマの英語バージョンです。撮影、演技、編集、翻訳すべてゼミ生が2年次前期に初めて取り組んだ作品です。

詳細が神戸学院大学のHPとFacebookに掲載されておりますので、下記URLよりご覧ください。

神戸学院大学HP

https://www.kobegakuin.ac.jp/news/47023f62532782c0e16b.html

神戸学院大学Facebook

https://fb.watch/1hTbQ3LLL_/

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp

全日本中国語スピーチコンテスト兵庫県大会に中国語コース1年生が参加しました。

中国語コース|2020.10.19

 10月17日(土)に開催された兵庫県日中友好協会主催の全日本中国語スピーチコンテスト兵庫県大会朗読部門に中国語コース1年生の西村美玖さん、吉川花菜さん、坂本萌桃さん、井口愛寿加さん、宮内友歌さんが参加しました。コロナ禍にも負けず中国語会話の授業で練習に励み、本番もよく健闘しました。審査結果は後日郵送されます。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

仁科ゼミ生が制作したドラマを紹介します。

英語コース|2020.10.15

この春卒業したグローバル・コミュニケーション学部英語コースの仁科ゼミ生が、3年次後期に制作したリメークドラマ『A Nekama Guy』を紹介します。フジテレビの『世にも奇妙な物語 秋の特別編』で2005年に放送されたドラマ「ネカマな男」の英語バージョンです。素人ながらゼミ生が翻訳、演技、撮影、編集など全ての作業を行い、完成した作品です。

詳細が神戸学院大学のFacebookに掲載されておりますので、下記よりご覧ください。

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp

仁科ゼミ生が日英翻訳動画を制作しました。

英語コース|2020.10.07

グローバル・コミュニケーション学部英語コース、仁科ゼミの2年次生が、日英翻訳動画として米津玄師のメトロノームのオリジナルのプロモーションビデオ(PV)を制作しました。

詳細が神戸学院大学のFacebookに掲載されておりますので、ぜひご覧ください。

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp