TOPICS&NEWS

兵庫自治学会でグローバル・コミュニケーション学部の学生が研究発表を行いました

中国語コース|2018.10.23

平成30年度兵庫自治学会研究発表大会が7日、 兵庫県立大学で開催され、グローバル・コミュニケーション学部中国語コースの楠本周平さん、藤尾卓司さん、川真田莉子さん、吉原未来さん、藪内彩乃さん、中村悠さん、大内田唯さん(いずれも2年次生)が「みなと神戸多文化共生プロジェクト-南京町生誕150年を迎えて-」と題する研究発表を行いました。
7人は「中国語専攻演習Ⅰ」(大濱ゼミ)で、地元南京町に受け継がれてきた多文化共生をテーマにフィールドワークを重ね、若者の視点から南京町の魅力を発掘し、町の活性化につなげるプロジェクトの提案をめざし、兵庫自治学会の研究発表に採択されました。研究発表をした学生は「同世代の若者が問題意識をもって発表、提言をしている姿を見てとてもよい刺激になりました。このような機会を与えていただいた先生や学会の方々、ご協力いただきました皆様に感謝します。今後のプロジェクトに生かしていきたいです」と語っています。