TOPICS&NEWS

Category: 学部

GC学部、新入生学部オリエンテーションが行われました。

学部|2021.04.12

4月6日、ポートアイランド第1キャンパス(KPC1)でグローバル・コミュニケーション学部の学部オリエンテーションが行われました。

胡学部長の挨拶と歓迎の言葉

まず、胡士雲学部長から「皆さん、ようこそ、神戸学院大学へ」という歓迎の言葉を送られ、学部オリエンテーションは開幕しました。その後、学部の先生方の紹介と各コースの紹介が行われ、新入生は緊張な面持ちながら、真剣に聞いていました。

中国語コースの紹介をする大濱先生

また、今回は、在学生の体験談ということで、英語コースから原田あかりさん(4回生)、中国語コースの﨑山天麻音さん(4回生)、日本語コースから林爰里さん(4回生)の3名が新入生に歓迎の言葉とそれぞれの経験をもとにした4年間の過ごし方をアドバイスしてくれました。

新入生に向けてメッセージを送る日本語コース、林爰里さん(4回生)

オリエンテーションの後、各入門ゼミのクラスに分かれ、自己紹介や記念撮影等の親睦行事が行われました。ゼミ内では、将来の夢やGC学部で達成したいことを決め、これからのGCでの学びや生活についてともに共有しあいました。

いよいよ前期授業が始まります。このオリエンテーションをきっかけとして、大学生活の新たなスタートを切って頂ければと思います。頑張れ、GC1回生!

神戸で英語・中国語・日本語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp

GC生が国際交流センターより表彰されました。

学部|2021.04.08

国際交流活動へ積極的に参加した学生に対し、2020年度 国際交流センター所長表彰式が行われ、顕著な功績がたたえられました。グローバル・コミュニケーション学部生の受賞者は、下記のとおりです。(敬称略)

「国際交流センター所長賞」:
グローバル・コミュニケーション学部4年次生 嵯峨奈津美


「国際交流活動賞」:
グローバル・コミュニケーション学部4年次生 火川拓海
グローバル・コミュニケーション学部4年次生 原田遼介
グローバル・コミュニケーション学部3年次生 池田莉来

関連サイトはこちらからご覧ください。

神戸で英語・中国語・日本語を学ぶ

神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp

学部長賞授与式を行いました。

学部|2021.03.26

グローバル・コミュニケーション学部長賞授与式が3月26日にD301教室で行われました。学業や課外活動などで優秀な成績を残した学生が学部長賞受賞者として選出され、胡士雲学部長より受賞者に賞状と副賞が授与されました。

受賞者は以下の通りです。*以下敬称略

【英語コース】*2019年度

2年次生(新4年次生)
伊藤 廉
原田 あかり
久永 友喜
川嶋 菜月

【中国語コース】
2年次生(新4年次生)
大野 愛純

【日本語コース】
2年次生(新4年次生)
ヴーティ フォン

【英語コース】*2020年度

1年次生(新2年次生)
石藏 つぐみ
佐藤 萌果
横内 遼
一宮 彩華

3年次生(新4年次生)
松川 優夏
原田 あかり
川嶋 菜月
篠原 正義

【中国語コース】
1年次生(新2年次生)
吉川 花菜

3年次生(新4年次生)
﨑山 天麻音

【日本語コース】
1年次生(新2年次生)
シンディ

3年次生(新4年次生)
リン エリ

以上

学部長賞受賞者の皆さん、おめでとうございます!

新2年次生2020年度学部長賞受賞者のみなさん
新4年次生2019年度学部長賞受賞者のみなさん
新4年次生2020年度学部長賞受賞者のみなさん

神戸で英語・中国語・日本語を学ぶ:神戸学院大学 

グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

グローバル・コミュニケーション学部第3期生が卒業しました。

学部|2021.03.24

3月22日に神戸学院大学学位記授与式が行われ、グローバル・コミュニケーション学部の第3期生156名が卒業しました。

始めに動画にて理事長・学長からの祝辞があり、西本誠實理事長からは、神戸学院大学讃歌を引用し、「私たち神戸学院の教職員は、皆さんが讃歌の歌詞のようにグングンと成長し、社会に飛び出して欲しいという一念でサポートして参りました。讃歌のフレーズ「知性不在の時潮じちょうを正し」は今の時代にこそ注目されるべきです。讃歌はこう続きます。 「おお若人われら、真理の扉、いざ開きなん」・・・・と。さあ!神戸学院で学んだことに、自信と誇りを持って、思う存分羽ばたいてください。」と激励の言葉が贈られました。

佐藤雅美学長は、「卒業生・修了生の皆さんは、今日からは9万人に迫る神戸学院大学同窓生の仲間入りをされます。 皆さんは、神戸学院大学で多くのことを学び、さまざまなチャレンジや経験を重ね、先生方や友人たちをはじめ、多くの人との出会いを通じてその能力を高めるとともに、人間的にも着実に成長してこられました。 自らの成長を信じて、自信をもって社会に羽ばたいてください。」と祝いの言葉を贈りました。

続いて、各コース主任より挨拶があり、英語コース主任Thomas Schalow教授からは「これから社会に出て環境が変わる中で、HAPPYでいることを忘れがちになってしまう。いつもHAPPYでいることを忘れないこと。」、中国語コース主任大濱慶子教授からは「学生生活の総仕上げの時期にコロナ禍が重なったが、皆さんは自分なりの解釈・柔軟な適応力で新しい学びへと発展させてくれました。どんな時代にあっても、国や地域の枠組みを超えて架け橋となって活躍し、勇気を持って前進してください。」、日本語コース主任栗原由加教授からは「学位を授与されるということは大変価値のある事であり、皆さんが素晴らしい努力をされたということ。それをサポートしてくださった人々へ感謝を伝えること。これからはサポートする側として、誇りを持って社会を創っていく一員となってほしい。」と卒業生へエールを送りました。

その後、入学時からの学びの積み重ねによって顕著な成果を挙げ、課外活動などで社会から高く評価される成果を挙げた学生を表彰する学長賞、学業や課外活動などで優秀な成績を残した学生に贈られる学部長賞の授与が行われました。受賞者には胡士雲学部長より賞状と副賞が授与されました。

最後に胡士雲学部長より祝辞が述べられました。

本学部の名称であるグローバル・コミュニケーションを用い「国際的な視野を持つこと」「相手を尊重し、平等に交わること」「協力精神を持つこと」「包容力を身につけること」の4つを挙げ、国際的な視野で問題を考え、多様性や異なる文化、他人を尊重する事の大切さや、One teamの精神をもって積極的にコミュニケーションを行い、他人との認識の違いがあった時には相手を包容することが必要であると、卒業生へのアドバイスが含まれた温かいメッセージが贈られました。

閉会後は、ゼミごとに学位記が卒業生に授与されました。

学長賞・学部長賞受賞者は以下の通りです。*以下敬称略

【学長賞】

<日本語コース>ファン ティ アィン ティエン

【学部長賞】*2019年度

<英語コース>

櫻井有紗

堀口大和

佐野孝輔

坂口尚弥

<中国語コース>

周文逸

<日本語コース>

チャン ティ フェ

【学部長賞】*2020年度

<英語コース>

櫻井有紗

則政亜香梨

堀口大和

松浦未青

<中国語コース>

川真田莉子

<日本語コース>

ゲン キテイ

以上

華やかな装いのGC卒業生達
英語コース主任 Thomas Schalow教授より挨拶
中国語コース主任 大濱慶子教授より挨拶
日本語コース主任 栗原由加教授より挨拶
各コースを代表し、英語コース:櫻井有紗さん、中国語コース:火川拓海さん、日本語コース:ファン ティ アィン ティエンさんへ学位記が授与されました。
学長賞を受賞した日本語コース:ファン ティ アィン ティエンさんと胡士雲学部長
2019年度学部長賞受賞者の皆さん(左から 英語コース:堀口大和さん、櫻井有紗さん、佐野孝輔さん、中国語コース:周文逸さん)
2020年度学部長賞受賞者の皆さん(左から 英語コース:松浦未青さん、堀口大和さん、則政亜香梨さん、櫻井有紗さん、中国語コース:川真田莉子さん)
お祝いのメッセージを述べる胡士雲学部長

関連リンク
Graduation journey
学長、学部長等からのメッセージ、当日の写真等も掲載されています。
https://www.kobegakuin.ac.jp/special/graduation_journey/

胡士雲学部長からのメッセージ全文
https://kobegakuin-gc.jp/archives/3551

神戸で言語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

2020年度卒業生の皆様へ

学部|2021.03.22

 春光うららかな折ならびに新緑が美しい季節にあたり、2020年度卒業式を迎えました。グローバル・コミュニケーション学部を代表いたしまして、皆様のご卒業に心よりお祝いを申し上げます。おめでとうございます。

 本学部は2015年に開設され、実践的で高度な外国語の運用能力と高いコミュニケーションスキルの修得、また、グローバルな環境で活躍できる人材の育成を目指しています。皆様は本学部の第3期の卒業生です。皆様は在学期間中、真剣に学習に取り組み、日々の努力を積み重ね、必須の単位を修得して、順調に卒業の日を迎えることができました。学生にとって勉強は当然のこととはいえ、一教員として、皆様の努力に惜しみない賛辞を贈ります。皆さん、凄い!皆さん、素晴らしい!

 この一年間、新型コロナウィルス感染症の蔓延で、人類が甚大な災難を受け、経済に巨大な損失をもたらせ、皆様を含む人々は日常生活に多大な不便を与えられました。現在、この疫病に打ち勝つ方向に一歩一歩進んでいますが、収束はまだまだです。中国古代の哲学者であった老子によれば「禍兮福所倚、福兮禍所伏(禍は福の倚る所、福は禍の伏する所)」という教えがあります。つまり、何事にも正反両面があるということです。新型コロナウィルス感染症は我々に大きな苦難を与えましたが、この苦難を乗り越える過程の中に学んだことがあるでしょう。私たちが新型コロナウィルス感染症に打ち勝つ過程は、学習且つ各種のリスクへの対応能力を高める過程であり、社会進歩の過程でもあると思います。特に、その中に現れた国際間の協力精神は心に刻むべきです。グローバル時代に、各方面での協力は極めて大事なことです。

 未来は若い世代にあります。皆様は卒業後に、それぞれの職場に赴き、仕事の内容も違っていますが、人類社会の発展のために自分の智恵と力を発揮すべきです。あなた達の行動で、未来と社会の発展方向が決まります。そのため、本学部及び私たち教職員は、皆様が卒業後にも「真理愛好・個性尊重」という大学の建学方針を胸に、「和」の精神を持って、国際的な視野で取り組み、大学で学んだ知識と身に付けた能力を活用し、グローバル環境の中で活躍するとともに、社会へ大きな貢献をされることを期待しています。と同時に、本学及びグローバル・コミュニケーション学部の発展のため、強く応援してください。皆様のご健勝とご活躍をお祈りいたします。

神戸で英語・中国語・日本語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

【1/27(水)】グローバル・コミュニケーション学部オンライン講演会

学部|2021.01.19


下記日程でグローバル・コミュニケーション学部オンライン講演会を開催します。

タイトル:Model United Nations: English and diplomacy combined (模擬国連:英語と外交の組み合わせ
日時:2021年1月27日(水)11時15分~12時45分
場所:参加ご希望の方は、以下のGoogle formにご記入の上送信してください。返信メールでZOOMリンクをお送りいたします。
https://forms.gle/ZVH3r7C5srhuBfpC9

講師:COWIE, Neil(カウイー ニール)氏・岡山大学基幹教育センター 教授
使用言語:英語
※全学部生・教職員の方の聴講を歓迎します(参加費無料、事前申込要)
※英語模擬国連について紹介する、ワークショップ形式の講演会です。
※神戸学院大学の学生は、2021年6月開催の日本大学英語模擬国連(対面)および7月開催の英語模擬国連(オンライン)に参加できます。詳しくはGC学部教授の荒島(arashima@gc.kobegakuin.ac.jp)までお問合せください。

お誘いあわせのうえ、お気軽にご参加ください。

グローバル・コミュニケーション学部

前回実施のワークショップの様子

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 

グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp

GC学部、新入生歓迎行事が行われました。

学部|2020.09.23

9月17日、ポートアイランド第1キャンパス(KPC1)でグローバルコミュニケーション学部の新入生歓迎行事が行われました。「三密」を避けるため、午後から前半と後半の2部制で実施されました。

まず、胡学部長から「皆さん、ようこそ、神戸学院大学へ」という歓迎の言葉を送られ、新入生歓迎行事は開幕しました。その後、学部の先生方の紹介と各コースの紹介が行われ、新入生は緊張な面持ちながら、真剣に聞いていました。

胡学部長の挨拶と歓迎の言葉
英語コースの紹介をするシャーロー先生

また、行事の中では、神戸学院大学の卒業生でもある男性コーラスグループ「純烈」の小田井涼平さん、連携して活動しているプロサッカーJ1「ヴィッセル神戸」の選手2人から新入生へのお祝いメッセージ動画も披露されました。本来、このビデオメッセージは、4月の入学式で見て頂く予定でしたが、入学式が中止になり、この日の公開となりました。さらに、先輩からのビデオメッセージとして、GC学部の先輩の留学体験記や課外活動、就職活動などの情報を盛り込んだビデオも披露されました。先輩からのビデオメッセージは、参考になる内容がたくさん含まれており、新入生も見入っている様子が大変印象的でした。

その後、新入生は、グループに分かれて、キャンパスオリエンテーリングを行いました。後期の対面授業再開に向け、学生支援、食堂、図書館や医務室など各チェックポイントにいる教職員の説明を受けながら、これからの大学生活でお世話になるだろう場所や施設などを周りました。グループは、英語コース、中国語コース、日本語コースの混合グループになっているため、コースを超えた交流も可能になり、親睦も深まったようでした。

キャンパスオリエンテーリングの様子

さらに、今回は、対面式実施だけでなく、ZOOMを使ったライブ形式でも行われ、学外にいる新入生にもGC学部の新入生歓迎行事を味わってもらえるようにもしました。

ライブ配信の様子

歓迎行事後に行ったアンケートでも「楽しかった」「友達ができた」「参加型でよかった」「親睦が深まった」など大半の学生が肯定的な意見で、新入生歓迎行事は、大成功のうちに幕を閉じました。

いよいよ後期授業が始まります。この新入生歓迎行事をきっかけとして、大学生活の新たなスタートを切って頂ければと思います。頑張れ、GC1回生!

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp

学部講演会:Global Communication through the Model United Nations(MUN)

学部|2019.12.18

16日、KPC1のアクティブ・スタジオにおいて、グローバル・コミュニケーション学部講演会が開催されました。 岡山大学基幹教育センター ニール・カウイー教授をお招きし、国連会議などの国際会議をシュミレーションする、「模擬国連(MUN)」をワークショップ形式で学びました。
「模擬国連」は、世界各地で主に学生によって開催されており、国連会議での各国代表のやりとりを模して、英語でスピーチ、議論することにより、コミュニケーション能力を高めることを目的としています。

今年、米国ニューヨークとドイツで開催された、模擬国連の世界会議の様子もご紹介いただきましたが、現役の政治家である、フランク=ヴァルター・シュタインマイアー ドイツ連邦大統領をお見かけするなど、模擬国連に参加することは、「人生が変わるような経験です」と語られていました。
さらに来年6月には京都外国語大学で「日本大学英語模擬国連」が開かれることに触れ、「皆さんもぜひ参加してください」と学生に呼びかけていただきました。

下記、神戸学院大学のサイトからも詳細をご覧いただけます。

https://www.facebook.com/kobegakuinUniversity/

https://www.kobegakuin.ac.jp/news/976edcbdcaf6664f28d1.html

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

ポートアイランドキャンパスにてオープンキャンパスを実施します。

学部|2019.08.01

神戸学院大学では、8月9日(金)・10日(土)10:00~15:00 ポートアイランドキャンパスにてオープンキャンパスを実施します。

グローバル・コミュニケーション学部の学部案内は、3年次前期全員留学や空港インターンシップ、学びの特色等、盛り沢山の内容となっております。

また、「言語の心理的な力」(8/9)、「AIを超える観光学」(8/10)のテーマでミニ講義も予定しておりますので、本学部の受験を検討されている方は、ぜひお越しください。

ポートアイランドキャンパスへの交通アクセスはこちらから↓
https://www.kobegakuin.ac.jp/access/portisland.html

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp


【セメスター留学便り(英語コース)カナダ・ヨーク大学 】

学部|2019.07.29

台風の影響が心配でしたが、カナダ・ヨーク大学からセメスター留学を終え14名が無事帰国しました。語学力の上達だけでなく、仲間との絆も深まり、有意義な留学生活を送ることができたようです。

4ヶ月間の長いようで短いような留学が終わりました。まるでとても長い夢を見ていたような感覚です。この留学で私は、英語力はもちろんのこと、とてもいろんな意味で視野が広がったと思います。
はじめの二ヶ月ぐらいは、日本に帰りたいと思うことばかりでした。週に3、4回は日本に帰国する夢を見て精神的に少し参っていたのですが、一緒に行った友人、現地でできた友人達と過ごすことで、カナダでの生活が楽しく、とても良いものになったと思います。こんなところで言うのもなんですが、一緒に行って一緒に頑張ったメンバーの皆、こんなやわな自分と仲良くしてくれて本当に本当にありがとうございました。そして行く前にサポートしてくださった先生方、先生方の教えやアドバイスが、現地でとても活かせました。ありがとうございました。帰国した今、レポートや時差に慣れたりとやることがいっぱいですがまずは疲れをとるためにしっかり休みたいと思います。この四ヶ月間、本当に楽しかったです。ありがとうございました。(皿袋 喬平さん)

ヨーク大学職員の皆様、日本事務所ご担当者様、他国からの留学生の皆さん、お世話になりありがとうございました。

https://kobegakuin-gc.jp

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

前のページ »