TOPICS&NEWS

グローバル・コミュニケーション学部中国語コースの取り組みが日中友好新聞に掲載

中国語コース|2020.06.19

 グローバル・コミュニケーション学部中国語コースによるセメスター(学期)留学の代替オンライン授業について、同コース主任の大濱慶子教授が寄稿した記事が6月15日発行の「日中友好新聞」に掲載されています。
 この新聞は日本中国友好協会が毎月3回発行しています。協会からの依頼で執筆した大濱教授のレポートは「オンラインによる新たな学びの空間」「留学代替授業の取り組み」の見出しが入り、目立つ扱いとなりました。
 本来の学生の留学派遣校である北京語言大学と曁南(きなん)大学(広東省広州市)提供による中国語の授業に加え、台湾の長栄大学(台南市)提供による授業「華人社会と文化コース」を実施したことをレポートしています。既にプログラムが終了した同コースでは、粽(ちまき)作りの模擬体験や台南の廟(びょう)のインスタライブも配信されたことなどが紹介されています。

引用元:神戸学院大学 Facebook

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

北京・広州・台南-神戸をつなぐオンライン授業を受講して(2)

中国語コース|2020.06.08

 オンライン授業という初めての授業方式は最初、緊張しましたが、実際に受講してみると、一人一人話す時間があり、先生方がわかりやすく丁寧に教えてくださり、少しずつ慣れてきたように思います。またオンライン授業では、口頭+パソコンの画面の文字があるので、先生が今どこを話しているのか理解しやすいという利点もあります。

 長栄大学の先生とはインスタライブ(Instagramの動画生配信)を利用して、実際に台南伝統の廟から中継される文化紹介を視聴したり、Google Meetを利用して先生と一緒に粽作りを体験しました。普段はなかなか経験することができない授業で、とてもよい思い出になりました。セメスター留学は中止になってしまいましたが、オンラインで実際に中国人の先生と会話をすることができ、留学と同じ環境で勉強ができます。オンライン授業が終了した後は、中国に旅行に行き、学んだ語学力を活用してみたいと思っています。

 オンラインでも様々なことが学べ、現代は進化し続けていると実感しました。しかしみんなで勉強しているとはいっても、パソコンの前ではいつも一人です。コロナの影響が早く収束し、日常が取り戻され、大学で皆と会って一緒に授業が受けられるようになる日を楽しみにしています。(3年次生 金光心希)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

北京・広州・台南-神戸をつなぐオンライン授業を受講して(1)

中国語コース|2020.06.01

 4月から北京語言大学と暨南大学の中国語の授業をオンラインで受講しています。語学の授業をオンラインで受けることに対し最初はとても不安がありました。それは中国語を学習する上で先生方から発音を直接指導していただくことが特に重要だと思っていたからです。しかし、先生方の丁寧で円滑なご指導の下、オンラインでも支障なく受講できることがわかりました。理解できない部分が出てくると、私たちが理解できるまでゆっくり教えてくださいます。授業ごとに与えられる課題をこなしていく過程で、新しい単語や表現を使えるようになっている自分に驚くこともあります。もちろん、これまで経験したことのないオンライン上での授業や毎日の予習復習、課題への取り組みにはたくさんのエネルギーを消費しますし、大変なこともあります。しかし、これが中国語の語学能力を引き上げるために必要なプロセスだと毎日感じています。
 また長栄大学が届けてくださる台湾の文化を学ぶ授業では、先生方がリラックスした雰囲気をつくってくださるので毎回とても楽しみです。例えば、第1回目の授業では台湾からわざわざ送ってくださった型紙と紐を使って皆でチマキを作りました。これはわたしにとってとても新鮮な経験でした。授業は工夫が凝らされ、これからどんな授業が展開されるのか心待ちにしています。
 新型コロナの影響で、GC学部のメインイベントであるセメスター留学に行くことができなくなったことは非常に残念でしたが、留学とほぼ同じような授業環境を整えてくださった中国語コースの先生方にはとても感謝しています。(3年次生 前田みなみ)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部
https://kobegakuin-gc.jp/