TOPICS&NEWS

カナダ ヨーク大学 セメスター留学便り(5)

英語コース|2022.05.27

カナダ ヨーク大学留学生活の7週目が終わろうとしています。現地からのレポートを一部お届けします。

「ホストファミリーとオタワへ行ってきました。オタワ到着まで5時間かかりましたが晴れていて良かったです。チューリップフェスティバルでたくさんのお花を見て心が癒されました。あとは初めて教会に行ってお祈りしてきました。」(矢野友裕さん)

「新しいクラスになり2週間が経過しました。韓国やリビア、イラン出身の生徒たちと一緒に楽しみながら授業を受けています。日曜日は、ロジャースセンターへブルージェイズの試合を観戦しに行きました。中学生まで野球をしていたのでMLBを見るという夢が一つ叶いました。先発投手がたまたま菊池雄星だったので本当に嬉しかったです。」(川口隼斗さん)

「Academic program が始まり2週目が終わりました。対面授業の日はジムに行ってから大学内にあるバスケットコートでバスケをすることが日課になりつつあります。バスケをしていると色々な人達が一緒にやらないかと声をかけてきてくれます。日本ではあまりそのようなことがないので、とても新鮮で楽しいです。週末は連休で、土曜日はケンジントンマーケットというヴィンテージショップが多く並ぶエリアに行き、日曜日はナイアガラの滝へ行きました。月曜日はヴィクトリアデイ(元女王の誕生日を祝う日)で夜ダウンタウンへ花火を見に行きました。」(三好凌平さん)

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp

カナダ カルガリー大学 セメスター留学便り(6)

英語コース|2022.05.27

カナダ カルガリー大学での留学が始まってから8週目が過ぎようとしています。現地からのレポートを一部お届けします。

「平日の午後にピース・ブリッジ、プリンス・アイランド・パークへ行きました。景色を楽しみながら、リラックスした気分で散歩することができました。」(石井咲良さん)

「5月に入り課題やテスト、プレゼンなどやることが多くて大変ですが、その分学ぶことも多く、留学することが出来て良かったと改めて実感しています。」(佐藤萌果さん)

「先週はホストブラザーの誕生日だったので、誕生日パーティーをしました。とても大きなスペアリブを食べたのですが、すごく美味しかったです。ホストブラザーはBlue Jaysというプロ野球チームが好きなのですが、その帽子やジャージを貰っていて、とても喜んでいました。他にも、Beaver Tailsという平たいドーナツのような甘いお菓子を食べたり、クリスマスショップに行ったりなどたくさん初めての経験ができました。」(塩川聖音さん)

「カナダに来てもうすぐ2か月になります。先日、カナダは4連休で学校が休みだったので私を含め8人でトロントへ旅行に行ってきました。飛行機、ホテル、交通機関、初めての経験ばかりで本当に不安だったのですが、友達が支えてくれたおかげで無事にトロントへ行くことができました。初日はホテルにチェックイン後、ダウンタウンへ観光に行きました。カルガリーでは全く見ない高層ビルに感動しました。カルガリーは海がないので乾燥した気候ですが、トロントは湿気が多く日本の夏のような気候でした。カナダに来て初めて半袖を着ました。二日目は朝の5時に起きてナイアガラの滝を見に行きました。遠くに居ても聞こえてくる滝の音。写真でしか見たこと無かった滝が目の前に現れた時はとても感動しました。昼からは事前に予約していたナイアガラクルーズに皆で乗りました。現地の人たちと乗ったのですごく盛り上がりました。想像以上に濡れましたが、下から滝を見る経験ができ一生の思い出になりました。」(海谷美帆さん)

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp

カナダ ヨーク大学 セメスター留学便り(4)

英語コース|2022.05.20

ヨーク大学での留学生活も5週間が経過しました。課題、アクティビティ共に充実しているようです。

「先週からAcademic Programが始まりました。APの授業では主にessayの書き方について学んでいます。課題もかなり増えてきているので毎日大変ですが、授業は午後からなので、午前中にジムに行ってから教室に向かうルーティンができました。週末はカーサ・ローマへ行きました。思っていたよりもかなり大きく、外観だけでも十分に楽しむことができました。」(永野善己さん)

「今週末はピカリング(Pickering)へ行ってきました。天気も良く、リラックスできました。最近クラスに他国からの学生も加わり、充実した日々を送っています。」(田中圭さん)

「今週から新しい授業が始まりました。今までとは違い、他の国から来ている留学生と一緒に授業を受けています。あと7週間残っているのでしっかりと聞き取れて話せるレベルまでいきたいです。これからの授業ではプレゼンや動画を作ったりするそうなのでもっと英語力を上げていきたいと思います。こちらに来てから時間の流れが早いように感じます。周りに遅れをとらないよう、いろんなことを身につけて行こうと思います。」(三好凌平さん)

「課題でvlog作成をするため、オンタリオ美術館やセントローレンスマーケットに行って、動画を撮ってきました。週末にはハイパークと水族館に行ってきました。ハイパークには桜が咲いていました。天気がよかったせいか公園にとても多くの人がいて、賑やかな雰囲気でした。」(金丸斗馬さん)

「留学が始まってから5週間が経ちました。この1週間はAcademic Programが始まって最初の週だったので新しく学ぶことが多く、とても短く感じました。水曜日にAcademic Program の最初の対面授業を受けたのですが、他国籍のクラスメイトは何回間違っても発言し続けたり、分からないことがあれば何回も質問したり、授業にとても積極的に参加していて、そういう部分は見習わなければならないなと感じました。また、新しいクラスになったことで日本以外の国からの留学生と話す機会が増え、自分から話しかけて韓国やイラン、リビアの留学生と仲良くなることが出来ました。木曜日からのクラスでは先生の話すスピードが速く、授業内容もreadingやwritingなど専門的なことを学んでいるので、今のところついて行くので精一杯なのですが、これからもモチベーションを高く持って頑張っていきたいと思います。土曜日にはCanada’s Wonderlandに行きました。その日は気温が30度近くあり、人出が多くアトラクションの待ち時間が長かったのですが、久しぶりにテーマパークを楽しむことができました。時間がある日は出来るだけ毎日洋画を見ながら勉強するという新しい挑戦を始めたり、常に高いモチベーションで一日一日を大切に過ごせているので、これを残りの留学生活でも続けていき、少しでも成長できるように頑張っていきたいと思います。」(横内遼さん)

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp

カナダ カルガリー大学 セメスター留学便り(5)

英語コース|2022.05.20

カルガリー大学での留学生活が始まり6週間が経ちました。現地からのレポートを一部お届けします。

「5月に入り、授業がだんだんと難しくなり毎日課題に必死なので時が過ぎるのが早く感じます。先日大学のアクティビティであったBanff overnight tripに行ってきました。カルガリーに行くと決まってからずっと行きたかった場所だったのでとても嬉しかったです。一日目は滝を見にハイキングをしました。なかなか本格的なハイキングだったのでとても疲れましたが、目的の滝に着いた時には達成感で溢れてました。その後、ダウンタウンや洞窟を見て周りホテルで一晩過ごしました。二日目は朝から様々な山を見て周り、ダウンタウンで自由時間を過ごした後、ゴンドラに乗り山の頂上まで行きました。予定ではクルージングだったのですが、湖が凍っているということで急遽ゴンドラに予定変更しました。今まで見たことの無い高さの山にゴンドラで頂上まで行き、360度山に囲まれた景色を見ました。本当に鳥肌がたちました。一生忘れられない景色に出逢うことが出来て本当に嬉しかったです。長時間のバスでの移動、ハイキング、ショッピングと疲れましたが、それ以上に価値のある経験をすることができました。本当にカナダに来て良かったと思いました。」(海谷美帆さん)

「セメスターが始まってから最初のテストを受けました。今後も隔週テストはあると思うので、前回分を復習しながら受けたいと思います。テスト終わりのご褒美としてルームメイトとdowntownにあるvillage ice creamに行ってきました。フレーバーは店員さんおすすめのhoneyberryとmaple pecanにしました。カナダに来て初めてカナダメープルを食べたのですが、とても美味しかったです。先日ホストシスターのお友達が家に来ていて、みんなでお寿司を作ってくれました。こちらのお寿司屋さんは値段が高いとのことで、自分達で作って食べるのがスタンダードだそうです。ここ一週間、様々な国籍・年齢層の人々とコミュニケーションがとれ、英会話の楽しさを実感しています。」(南優菜さん)

「週末は川のある、少し家から離れた公園にホストファミリーとその友達家族と行ってきました。気温が低く、少し寒かったですが、とても良い天気で気持ち良かったです。色々なところに連れて行ってくれるので、カルガリーの自然を楽しめています。」(塩川聖音さん)

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp

カナダ ヨーク大学 セメスター留学便り(3)

英語コース|2022.05.11

カナダ留学生活も3週間が過ぎました。徐々に生活に慣れてきているようです。

「隣の部屋に住んでいるブラジル人のブルーノとは食後や空き時間にほぼ毎日1時間ほど、ブラジルや日本、彼の通っている学校のことなど色々と話しています。土曜日にはブルーノとサッカーの試合を見に行きました。」(矢野友裕さん)

「4日の水曜日はMay the force(4th) be with youということでスターウォーズdayでした。Bクラスのメーガン先生はこういった文化も紹介してくれてとても興味深かったです。8日日曜日はRipley’s Aquarium of Canadaに行ってきました!カナダに来る前からずっと行きたかった場所だったのでとても楽しかったです。」(小泉彩愛さん)

「先週は新しいパン屋さんやカフェを見つけたり、ファミリーにバースデーパーティー、バイブルスタディーに連れて行ってもらったり、カナダに来て何か新しいことに挑戦したいと思いYouTubeを始めたりとたくさんの出来事があった1週間でした! 」(清家乙葉さん)

「念願のナイアガラの滝を見に行きました。クルージングツアーではレインコートを被っても髪と服が濡れてしまいましたが、とても迫力があり楽しむことができました。その日は母の日でしたので、帰宅後にホストマザーへサプライズでお花を渡しました。とても喜んでくれました。一番盛り上がったのは、ホストファザーがサプライズソングを歌ってホストマザーへプレゼントを渡したときです。とてもロマンティックでした。思いを直接伝えることを海外の人たちは大切にするのだと改めて実感しました。そして何よりも嬉しかったのが、私を本当に家族の一員として認めてくれていて、寂しいから7月で帰国してほしくないと言われたことです。私もファミリーにはいつも感謝しています。母の日でしたが私にとって忘れられない日になりました。」(大本彩愛さん)

「課題の一つとして、ヨーク大学に関することを各グループで調査し授業でプレゼンテーションを行う、というものがありました。ヨーク大学について非常に詳しく知ることができたと同時に、英語でのプレゼンテーションのコツ、方法なども身に付き、良い機会となりました。週末には同じホームステイ先のブラジル人(ルーカス)に誘われ、ワンダーランドという絶叫系の乗り物がたくさんあるテーマパークに行ってきました。」(川口隼斗さん)

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp

カナダ カルガリー大学 セメスター留学便り(4)

英語コース|2022.05.10

カナダでの留学生活が始まり1か月が過ぎました。現地生活に慣れてきている様子が窺えます。

「渡航してからおよそ1か月が経ちました。セメスタープログラムでは今、Grammar、Reading&Writing、Speaking&Listeningの3つの授業を受けています。今週から3~4人で放課後学校に残り、課題をする時間を作っています。みんなですると疑問点の解消やアイデアの共有ができるので一日のうちで楽しみな時間のひとつとなっています。土曜日には、私とルームメイトの誕生日が5月なことから少し早いけどとホストマザーが誕生日プレゼントとして『シンデレラ』のバレエ鑑賞に連れて行ってくれました!!」(一宮彩華さん)

「ホストマザー、ホストシスター2人、ルームメイトのあわせて5人でボーリングへ行きました。ホストシスターとは生活リズムが違うのであまり話す機会がなかったのですが、この頃は家に帰ってから宿題について質問をしたり、寝る前に挨拶をしたり、少しずつ距離が近づいてきたと思います。今度ホストシスターの職場や、近くにあるアミューズメントパークにも連れていてくれるそうなので楽しみです。」(加藤愛理さん)

「放課後gymに行ったり、半日授業の日は大学のフードコートや図書館で勉強するなど、現地の学生や他の学科の留学生と交流できる場所を利用するようにしています。英語で会話する機会が増え新しい事を知り世界がだんだん広がってきていることを実感しています。写真は、カナダ人と友達とラクロスの試合を見に行った時のものです。」(佐野あかりさん)

「アジア系のスーパーマーケットに行き、日本食を買いました。ホストファミリーは梅干しを食べたことがなかったので、挑戦してくれました。しかし、みんなとても酸っぱいと言っていて、あまり好きにはなれなかったみたいです。こんなもの好きなんて信じられないと言っていました。大福も食べてくれたのですが、それは気に入ってくれて良かったです。また、納豆も買いました。次は納豆にも挑戦してくれるみたいなので、とても楽しみです。」(塩川聖音さん)

写真はありませんが、大学の施設も充実しているようです。

「放課後は友達とバスケットボールで遊びました。バスケは学校の授業でしかしたことないので上手くないですが、運動できて面白かったです。Calgary大学は様々な運動施設が使えるので、今度は他の施設も使ってみようと思います。」(吉田亜里紗さん)

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp