• ホーム
  • > 中国語コース1年生が神戸税関を見学しました

TOPICS&NEWS

中国語コース1年生が神戸税関を見学しました

中国語コース|2022.06.30

 入門ゼミナールの学外研修の一環として中国語コース1年生が2022年6月22日(大濱ゼミ)と6月29日(眞島ゼミ)神戸税関を訪問しました。神戸港の貿易とともに発展を遂げてきた由緒ある神戸税関で、地域や社会の安全に寄与してきた税関のお仕事や関税、貿易の円滑化などの業務について学びました。オリジナルDVDを視聴した後、山本和幸調査官にご案内いただきリニューアルされた広報展示室を見学しました。ワシントン条約の輸出入規制品や密輸取締り、不正薬物摘発の現場の様子、どのような犬種が麻薬探知犬に向いているか、その訓練の方法、輸出入される貨物の品目分類、その分類のなかで空気と人間は例外であるなどの興味深いお話を伺いました。

  今回の見学を通し、税関のお仕事を身近に感じることができ、神戸港貿易のシンボルである税関の大切な役割について知見を深める貴重な機会をいただきました。神戸税関広報広聴室の皆様と御案内くださった山本様に感謝申し上げます。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/