• ホーム
  • > カナダ カルガリー大学 セメスター留学便り(4)

TOPICS&NEWS

カナダ カルガリー大学 セメスター留学便り(4)

英語コース|2022.05.10

カナダでの留学生活が始まり1か月が過ぎました。現地生活に慣れてきている様子が窺えます。

「渡航してからおよそ1か月が経ちました。セメスタープログラムでは今、Grammar、Reading&Writing、Speaking&Listeningの3つの授業を受けています。今週から3~4人で放課後学校に残り、課題をする時間を作っています。みんなですると疑問点の解消やアイデアの共有ができるので一日のうちで楽しみな時間のひとつとなっています。土曜日には、私とルームメイトの誕生日が5月なことから少し早いけどとホストマザーが誕生日プレゼントとして『シンデレラ』のバレエ鑑賞に連れて行ってくれました!!」(一宮彩華さん)

「ホストマザー、ホストシスター2人、ルームメイトのあわせて5人でボーリングへ行きました。ホストシスターとは生活リズムが違うのであまり話す機会がなかったのですが、この頃は家に帰ってから宿題について質問をしたり、寝る前に挨拶をしたり、少しずつ距離が近づいてきたと思います。今度ホストシスターの職場や、近くにあるアミューズメントパークにも連れていてくれるそうなので楽しみです。」(加藤愛理さん)

「放課後gymに行ったり、半日授業の日は大学のフードコートや図書館で勉強するなど、現地の学生や他の学科の留学生と交流できる場所を利用するようにしています。英語で会話する機会が増え新しい事を知り世界がだんだん広がってきていることを実感しています。写真は、カナダ人と友達とラクロスの試合を見に行った時のものです。」(佐野あかりさん)

「アジア系のスーパーマーケットに行き、日本食を買いました。ホストファミリーは梅干しを食べたことがなかったので、挑戦してくれました。しかし、みんなとても酸っぱいと言っていて、あまり好きにはなれなかったみたいです。こんなもの好きなんて信じられないと言っていました。大福も食べてくれたのですが、それは気に入ってくれて良かったです。また、納豆も買いました。次は納豆にも挑戦してくれるみたいなので、とても楽しみです。」(塩川聖音さん)

写真はありませんが、大学の施設も充実しているようです。

「放課後は友達とバスケットボールで遊びました。バスケは学校の授業でしかしたことないので上手くないですが、運動できて面白かったです。Calgary大学は様々な運動施設が使えるので、今度は他の施設も使ってみようと思います。」(吉田亜里紗さん)

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp