• ホーム
  • > 荒島ゼミ2年次生宮口隼輝さんが米国総領事館の「総領事カウンシル」に参加しています。

TOPICS&NEWS

荒島ゼミ2年次生宮口隼輝さんが米国総領事館の「総領事カウンシル」に参加しています。

英語コース|2021.01.06

グローバル・コミュニケーション学部2年次生の宮口隼輝さんが、駐大阪・神戸米国総領事館が主催するプログラム「総領事ユースカウンシル」の参加者に選ばれました。宮口さんは荒島ゼミで国際法を学びながら英語模擬国連会議に参加する中で、外交への関心が高まり、今回のプログラムに応募しました。同プログラムは、日米同盟についての理解を深めると共に、英語でのプレゼンやコミュニケーション能力を用いて、リーダーとしてのスキルを強化することなどを目的としています。総領事館管内の大学に在籍する学部学生10人が選ばれ、11月25日のキックオフ・セッションを皮切りに2021年4月22日のクロージング・セッションまで全6回のセッションが組まれています。
 費用はすべて総領事館が負担し、東京でのアメリカの外交官や日本の官僚との面会・ディスカッションもプログラムに含まれています。11月25日のキックオフ・セッションに参加した宮口さんは、『関西のさまざまな大学の学生の中からファイナリストに選出されたことを大変光栄に思います。日米関係は私の関心ある分野です。専門的知識を深めつつ、英語力も高めていきたいと思います。このプログラムを通して、さまざまな方と関係を結べるのが楽しみです。皆さん経験豊富で学識もある素晴らしい方々ばかりですが、臆せず、自分らしさを忘れずに挑みたいと思っています」と語っています。今回の応募の窓口となった国際交流センターでは、宮口さんの今後の奮闘に期待すると共に、全面的にサポートしていきます。

キックオフセッションの模様(最下段右から2番目が宮口さん)=駐大阪・神戸米国総領事館提供

神戸学院大学のHPにも掲載されておりますので、下記URLよりご覧ください。

https://www.kobegakuin.ac.jp/news/9f75e8ba9e93d1fdfb67.html

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp