• ホーム
  • > 【北京通信】北京語言大学にセメスター留学中の舟木理彩さんからレポートが届いています。

TOPICS&NEWS

【北京通信】北京語言大学にセメスター留学中の舟木理彩さんからレポートが届いています。

中国語コース|2019.05.30

北京に来てから、3ヶ月が経ちました。 初めの1週間は食べ物にも生活にも全く慣れず大変でしたが、段々と生活にも慣れてきて色々な場所へ出かけるようになりました。北京に来てから1番初めに行った観光地は頤和園です。
頤和園はとても広く、建物の雰囲気から中国らしさを感じることができました。北京は頤和園や天安門、万里の長城などの世界的に有名な場所があって素晴らしい都市だな思いました。私が中国へ来て面白いなと思ったことは、店員さんが音楽を聴きながら働いていたり、休憩時にご飯をお客さんに見える場所で食べていたりしていたことです。日本では音楽を聴きながら働くことはできないし、お客さんの前で食べ物を食べることはできないので日本では絶対に見られない光景だなと思いました。自由な感じがして、とてもいいなと思いました。
勉強の面では、私は日本人なので漢字を書くことは結構できます。しかし会話をすることやリスニングは難しく感じます。日本にはない発音があるので身につくまでに時間がかかります。留学生活は残り1ヶ月もありませんが、その間に期末テストもあるので留学最後の日まで授業や課題を頑張ろうと思います。
日本に帰ってからは中国語に触れる機会はかなり減ってしまうと思うので、日本で中国人を見かけたら話しかけてみたり、リスニングCDを聴いたりしようと思います。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/