menu

English Course英語コース

  • HOME
  • 英語コース
  • 仁科恭徳教授が第2回デジタル言語学国際大会で研究発表を行いました

仁科恭徳教授が第2回デジタル言語学国際大会で研究発表を行いました

スペインのアリカンテ大学(Universidad de Alicante)にて5月4、5両日に開催された第2回デジタル言語学国際大会(2nd International Conference on Digital Linguistics)で、仁科恭徳教授が研究発表を行いました。

対面形式とオンライン形式を融合したハイブリッド形式で行われ、仁科教授は現在客員教授を務める英国オックスフォード大学からオンラインで本大会に参加し、日本語、英語、スペイン語などの言語に対応し、デジタル化された多言語コーパスの構築や、そのためのツール開発に関する現状の取り組みや国内外の動向、今後の展望などについて発表しました。

スペイン アリカンテ大学

同学会の詳細はこちらからご確認ください。