menu

English Course英語コース

  • HOME
  • 英語コース
  • ナレッジキャピタルでGC学部の森下ゼミがワークショップを行いました

ナレッジキャピタルでGC学部の森下ゼミがワークショップを行いました

グローバル・コミュニケーション学部の森下美和教授とゼミ学生が、4月13日に、KOBEこども大学「Let’s make one and only herbarium ! 〜世界で一つだけのハーバリウムを作ろう〜」をグランフロント大阪北館のナレッジキャピタルThe Lab.で開講しました。1回目は9組(親子22人)、2回目は10組(親子22人)の計19組44人の小学生と保護者が参加しました。

 

英語を教えるゼミ生

前半は、英語を使って自己紹介をしました。

初めに、ゼミ生が英語で自己紹介をし、次に、1テーブルに1人のゼミ生がつき、小学生と1対1で自己紹介の練習をしました。ゼミ生の挨拶は少し難しい英単語もあり、参加した小学生はビックリした様子でしたが、大学生のお兄さん・お姉さんが優しく教えてくれるとすぐに楽しそうな笑顔に変わっていき、教わった英語を一生懸命話していました。

 

後半は、ハーバリウム作りを行いました。

ハーバリウムに使用する材料を使った英語クイズを交え、作り方を確認。その後は、ゼミ生と一緒に英語を使いながら完成させました。参加した小学生の中には、完成したオリジナルのハーバリウムを英語で説明する様子も見られました。

保護者からは「最初は英語ばかりで大丈夫かなと思ったけど、大学生の皆さんが優しく教えてくれたので楽しかった」「自分自身も英語の学び直しをしているが、実際に留学に行った経験や写真を見てとても勉強になった」などの感想をいただきました。

英語クイズの様子
ハーバリウム作りの様子
ドライフラワーを瓶に入れる参加者