menu

English Course英語コース

  • HOME
  • 英語コース
  • 【セメスター留学(英語コース) カナダ カルガリー大学】

【セメスター留学(英語コース) カナダ カルガリー大学】

カルガリーに来てから1週間が経ちました。私が印象に残っていて、すごく驚いたことはホストファミリーの優しさです。カルガリー空港についてゲートを出た瞬間からホストファミリーが迎えてくださって、スーツケースを運ぶのを手伝ってくれたり、大学のスタッフを一緒に探してくれて、自分の名前を伝えることができたりとすごく優しくしてくださいました。それと同時についさっきまでみんなと行動していた所から、いきなりホストファミリーと行動する形になり、急に留学生活がスタートした感じがありました。家にはジムがあり、トレーニング器具が本格的だったのでそれも驚きました。

夜ご飯はチキンや春雨、焼き飯のような料理を作ってくださってお腹いっぱい食べさせてもらってます。私が食べやすいようにお箸も用意してくださっていました。朝や昼も材料を豊富に用意してくだるので、自分で作ることを楽しむことができています。味もすごくおいしいです。休日にはロッキー山脈に連れて行ってもらったりもして充実した1週間を過ごすことができました。

内容は濃かったけれどほんとうにあっという間に感じます。わたしはまだホームシックにならず、カナダ生活を楽しめています。ホストファミリーはわたしにとても親切で、わたしが気を使わないように配慮してくれてます。また、わたしが食事を始めるときに、いただきますといつも言っているので、真似してみんなでいうようになりました。それがかわいくてとてもうれしかったです。ショッピングに連れていってくれたり、アイスクリーム屋さんにいって食べたり、ファミリーとも思い出がたくさんつくれた1週間でした。学校生活も楽しく、授業中に好きな音楽を流してくれるのが1番嬉しいです。愉快な先生で、海外を感じました。

ホームシックになって涙が止まらずなかなか眠れなかった日はとても長く感じたし、新しい環境に慣れようとたくさん行動した日はあっという間に感じたりと長かったような短かったようないろんなことがあった1週間でした。

友達と学校終わりの買い物や食堂での課題、雑談が1番心地よく安心できた時間だったなと思います。このような時間を自分の息抜きにしつつ、日本人以外の方とももっとコミュニケーションを取りたいです。

家では、子供達とブラウニーを作ったり、起きてすぐにトランポリンで遊んだり、犬の散歩をしたり、体力が必要ではあるけれど、大変楽しく過ごしています。

来週の目標は「1日1人は話したことない人に積極的に話しかける」にします!来週も元気に楽しみます!