menu

English Course英語コース

  • HOME
  • 英語コース
  • 【セメスター留学(英語コース)便り オーストラリア ビクトリア大学】⑪

【セメスター留学(英語コース)便り オーストラリア ビクトリア大学】⑪

もう残り2ヶ月をきってしまって、思い返せば濃すぎる時間だったけど感覚としては一瞬で過ぎているなと感じます。こっちでできた友達と過ごすことも慣れ、初めは聞き取れないことも多く笑顔で時間が過ぎるのを待つこともありましたが、今では話に参加したり、聞いて!と自分の話をできるようになってきました。勉強面で、自分の英語力が上がってると未だに実感できてなくて悩んでます。帰る頃には少しは思えたらなと頑張ります。14日が母の日で、プレゼントを買って家族みんなでmumとgrannyのために感謝の気持ちを撮ったビデオをプレゼントし、夜ご飯も一緒に作って過ごしました。すごく喜んでくれて幸せな時間でした。

平日の夜と週末に皆が誘ってくれることが多く、色んな国の料理を食べる機会が増えてすごく楽しいです。こっちの人は大人数で過ごすことが好きなのか、遊ぶとなったら気付けば10人くらいになっていたり、店員さんを巻き込んだりと、フレンドリーで楽しいです。最近になって、2人で遊ぼうと誘ってくれる人も増え、遊びに行くことが多くなり、仲が深まったんだなぁと感動してます。(笑)

この写真は先週末MATRIXのコーデ (全身黒、レザー、サングラス) をして同世代だけが参加できるパーティーのようなものに夜招待されて行った時のものです。映画で見るような空間で楽しかったです。友達も新しくいっぱいできました。ˆ ˆ

土曜日夕方ぐらいにファザーが「息子とショッピングセンターに行くけどついてくる?」と聞いてくれて、とても嬉しかったです。タピオカとクリームパンも買ってくれて思い出が1つ増えました。正直、私はホームステイはどこか一緒に行ったりするのが普通と留学に行く前は思っていました。しかし家庭にも色々あってそれが普通ではないということをこの留学に来て知ることができました。私はそこに少し悲しさを感じてこの1ヶ月間過ごしていましたが、声をかけてくれたことが嬉しかったです! 日曜日は友達とシティでショッピングに行ってきました。ショッピングに行く前に、友達が調べてくれたカフェで美味しいスイーツとコーヒーを堪能しました。いつも通り何も買わずにウィンドウショッピングだけで終わりましたがとても充実した週末を送ることができました。

海に夕焼けを見に、海岸にボランティアのゴミ拾いをしに、高級車のディーラーに車を見に、公園に秋を感じに、戦争博物館に展示を見に、などなど多くの場所を訪れた。各所での体験にはお金もかからず、またメルボルンの公共交通機関のシステムから交通費もかからないのでこのセーブされたお金を使って次週から外食などより様々な事にお金を使いたいと思う。また日常生活では話を途切らせないことを意識して日頃から英語を使うようにしているため、少しづつではあるが練習できていると思う。この調子で新しい取り組みも始めようと思う。

先週の授業もスピーキング多めで、外国人生徒と楽しく学ぶことができたと思います。今週からテストが始まるので、テスト勉強を始めたいと思います。今週末は、散髪に行きましたが、従業員に日本人が多くて安心しました。また、散髪後にビクトリアマーケットに行きましたが、先週はアフリカンフェスティバルでアフリカの、食べ物や、お土産がありました。マーケットの中心では、現地の人が太鼓を使った音楽をしていました。その音楽は、お客さん参加型で、お客さんも小さい太鼓を持って一緒に楽しんでいました。これが異文化交流なのかと思いながら私も楽しむことができました。今気づきましたが、留学も半分以上が終わっていました。留学が思っていたより楽しく、学びも多いので時間が過ぎるのが早く感じます。残りの半分を悔いの残らないように過ごしたいと思います。