menu

English Course英語コース

  • HOME
  • 英語コース
  • 【セメスター留学便り(英語コース) NZ・オークランド大学】⑭

【セメスター留学便り(英語コース) NZ・オークランド大学】⑭

オークランド大学、参加学生からのレポートをお伝えします。

🍭今になって、あと少しであるという実感が湧いてきました。早く帰りたいでもまだニュージーランドで過ごしたいという思いで板挟み状態です。何よりも、ホームステイがとても恵まれたなと思います。日常生活の英会話は誰よりも話せている自信があります。それも、歳の近い同じ大学生が2人、社会人が1人、勉強以外にもお互いの国について紹介し合い、ご飯を食べに行くなど、とても良い経験ができています。学校で習ったことを話して、それについてより新しい情報を教えてくれたりなどとても家で、充実できていることが大変嬉しく思います。日本や、学校で学ぶだけでは足りない情報を教えてくれるため、家族との別れが唯一悲しいと感じつつあります。

クラスの友達とご飯を食べにいった際度々上がる問題があります。日本人は本心で話しているのかと、聞かれることがあります。思っていることを伝えるのは僕からするととてもしんどいですが、気にしなくても良いといつも伝えてくれます。文化の違いを乗り越える難しさをいつも感じつつあります。ただ、それでも思っていることを伝えると逆に嬉しいと言ってくれるので今では思ったことを話せている気がします。このように自分のマスクを外すことを始めてから、物事を英語のまま考えることができ日本語を介さずに英語を話せるようになる回数が増えてきました。これが、自分が成長できたと強く感じる理由であり、成長できた自分を誇らしく思います。あとは、短い期間でより濃い思い出を作れるように努力したいです。

🌳6/28日~ の週分です

この週から新しいクラスでの授業が始まりました。前回のテストの結果として、全体的にリスニングセクションが良くなかったらしく、授業でリスニングの練習を沢山やりました。とても難しかったですが、月曜日より火曜日、と毎日少しずつリスニング力が上がっているのを感じてとても嬉しく思います。

1つ嬉しかった出来事があるので報告します。週末、デパートへ行った際、御手洗に傘を忘れてしまいました。ここは日本ではないので、もう無くなってしまったかな、と落ち込んでいましたが、次の日店員さんに尋ねてみると、傘が見つかりました。どうやら落し物として預けられていたようです。ニュージーランドは素敵な国だなと改めて認識できた出来事でした。

ここで出会う方は皆さんとても優しくて、本当に出会えてよかったと思える方ばかりです。

留学も帰国までのカウントダウンが聞こえるほど終盤に差し掛かっていますが、毎日の出会いに感謝しながら過ごしていきたいなと思いました。

🎈今週で、残り2週間を切りました。最初は長いと思っていた留学期間でしたが、最近は本当に時間が過ぎるのが早く、寂しいです。

今週は、初めてクラスが一緒になった韓国人の子とその友達で一緒に授業終わりにご飯を食べに行きました。2人とも歳上なのですが、とても気さくに話しかけてくれて、楽しい時間を過ごすことができ嬉しかったです。韓国の文化などもたくさん教えてくれて、異文化交流ができたので、良かったです。

また金曜日は私の誕生日でたくさんの人がお祝いしてくれてとても幸せでした。学校でも色々な国の子からおめでとうと言ってもらえて、みんなのおかげでとても良い1日を過ごすことができました。

留学期間も残り少ないので、悔いの残らないような1日1日を過ごしていきたいと思います。

✨学校の方は極めて順調です。ここはテストを一つの区切りに新たなクラスが構築されるので、友達が多くできるのが楽しいです。それだけに、今まで他国の友達を見送っていた側の自分がもうすぐオークランドに別れを告げなければならないのが少し悲しいですが決して悲観していません。ここが自分にとってのゆかりの地となったのは間違いないので、またすぐにでも訪れたい気持ちです。

 先週末はある料理をホストファミリーに振舞いました。1人のルームメイトが今週末で去る予定で、全員で過ごせる最後の週末だったので、そこを含めての家族への感謝の気持ちを込めて親子丼をつくりました。また、冬が本格化するにつれて晴れの日はより稀になり、雨にも悩まされます。実際、雨に濡れて風邪をひいていた友人もいたので最後の2週間乗り越えていきたいです。