menu

English Course英語コース

  • HOME
  • 英語コース
  • 【セメスター留学便り(英語コース) NZ・オークランド大学】⑩

【セメスター留学便り(英語コース) NZ・オークランド大学】⑩

オークランド大学、参加学生からのレポートをお伝えします。

🌼この一週間はクラスの先生が変わって授業形態も変わった一週間でした。やはり、先生によって授業の進め方、英語の楽しみ方が違いすごくいい経験になりました。先週の先生は英語をみんなで会話をして話し合うというようなやり方で、今週の先生は自由時間が多く、教科書の問題を解いている人もいれば、各自でさまざまな話をしている人もいました。どのような授業形態でも、その授業をどう楽しむかがとても大事なことだなと思いました。クラスには色んな年代の人がいて、私よりもずっと年上の方もいれば2歳年下の子もいたりします。年上の方とお話をしていると、やはり自分にはない考え方や今までの経験などを聞けてとても面白いです。逆に年下の子と話していると、2歳しか違わないのに、流行りや若さの年代のギャップを感じたり、逆に年下に思えないぐらいしっかりしている子もいます。これからもできるだけたくさんの人と会話をして意見を交換し合い有意義な時間を過ごしていきたいと思います。

この写真の日は前のクラスで一緒だった子達と「スズメのとじまり」を見に行きました。1人の子は韓国人なのですが、英語もすごく上手で、さらに日本語も理解できます。日本の敬語の種類について話そうとしましたが、とても表現の仕方が難しく、さらに細かいニュアンスの違いなどを説明する時にどの単語を使えばいいか、考えながら話しました。わからないときは日本語で単語を言いこれはなんというか、などの議論をしていました。留学に来て、ただ英語を学ぶだけではなく、違う国の文化、言語を交換しあって説明しあったりと本当に楽しい日々を送っています。残りあと少しとなりましたが、ここでしかできない体験を存分に楽しみたいと思います。

☘残すところあと留学も1ヶ月となってしまいました。帰国するという事を考えたら少し寂しい気持ちになります。

新しいクラスになって3週目に入りますが、まだ完全にクラスに馴染めてない気がします。先生は前まで固定だったのですが今のクラスでは1週間毎に先生が変わるので先生によっても授業方針などが異なるのでまだついていけてない自分がいます。最近は留学に来た当初より英語に触れている時間が少なくなっていると感じているのですごく焦っています。なのでここからまた新たに気持ちを切り替えて、残された時間を自分からたくさん行動していき、何のために留学にきているのかちゃんと考えて、初心を忘れず頑張りたいです。

先週は友達の誕生日パーティーに参加したりナイトマーケットに行ったり、今週はフェリーで遠出したりテニスクラブに参加したりたくさん活動できて楽しかったです!運動するとリフレッシュもできていいなと改めて思いました。

🌈今日で留学終了まで40日を切りました。

今週末はデボンポートとホビットという所に行きました。デボンポートに行くのは2回目なのですが、今回は前回時間がなくて登れなかった丘に登りました。そこで、フィリピン人の女性の方が日本語で声をかけてくれて、友達と私の写真を撮ってくれました。私達が日本人であるというだけで、嬉しそうに話しかけてくれる姿を見て、日本は本当に色々な国の人たちから愛されているんだなと改めて実感しました。

また、ホビットではロードオブザリングという映画に出てくる景色そのままを楽しむことができました。ホビットには香港の友達と行ったので、終始英語か中国語で話をしなければならず、ちゃんと会話できるかなと不安に思っていたのですが、色々な話をお互いすることができ、仲を深めることができたので嬉しかったです。残りの日数も色々な所に行ってみたいなと思います。

👕留学も遂に2ヶ月を切りました。毎日寒いですが、体調に気をつけながら日々を過ごしています。

先週も様々な経験が出来ました。ここでは2つ紹介したいと思います。

1つ目はホストファザーの誕生日だったので、家族みんなでお祝いをしたことです。日本とロウソクを吹き消す時の掛け声が少し違って、びっくりしましたが、その掛け声がとても賑やかで楽しかったです。

2つ目はWaiheke Islandへ行ったことです。初めてフェリーに乗ったのですが、海風が気持ちよかったです。島の空気もとても綺麗で、良いリフレッシュができました。特にこの日は天気も良かったので、素敵な景色も沢山見ることが出来て、本当に行ってよかったです。

たくさんの経験が増える一方で自分の英語力に不安を感じることも多くあるので、引き続き学校の勉強も頑張っていきたいと思います。

写真はホストファザーの誕生日会の際に撮影した1枚です。