menu

English Course英語コース

  • HOME
  • 英語コース
  • 【セメスター留学便り(英語コース) 英国・ケンブリッジ大学】⑥

【セメスター留学便り(英語コース) 英国・ケンブリッジ大学】⑥

🌈2023年度セメスター留学ケンブリッジ大学に留学中の3年生からの留学便りです。

☆五月に入って早くも一週間が過ぎました。

この一週間は、学校がなかったのでいろんなところへ出かけることが出来ました。

この休み期間に出た課題で普段ならしない冒険をしてみようという物がありました。私は普段あまり好んで外に出てどこかに行こうという考えがないタイプだったのでこの一週間はたくさん出かけてみようと思い、友達と一緒に計画を立てました。

まず日本にいるときから見てみたかった「すずめの戸締り」を見てきました。この映画がもう終わりかけで少し遠くにある映画館でしかやっていなかったのでチケットの買い方が分からず少し戸惑いましたが、勇気をだして店員さんに話しかけて何とかチケットを買うことが出来ました。日本の映画だったので風景が見慣れた景色で日本に戻った気分になりました。

また別の日にElyという街で開催していた「CORONATON EEL FESTIVAL 2023」に行ってきました。様々な国の伝統料理の屋台が沢山あり、すごく楽しかったです。目の前にEly大聖堂があったので中に入ってみました。見学するには10ポンドかかると書いてあり、少し高かったので迷っていると係の方が声をかけてくださり学生証があれば無料で見学できると教えてくれました。話すスピードが少し速く理解するのに時間がかかってしまったことが少し悔しかったです。

他にもいろんな場所にいくことができました。どれもすごくいい思い出になったし英語でたくさん話しかける機会も増えたので良かったなと思いました。

6日にはチャールズ国王の戴冠式がありました。たまたま戴冠式の日にイギリスにいるので二度とない機会だと思い、ロンドンに行きました。予想はしていましたが、兵隊の行進やチャールズ国王が乗っている馬車を一目でも見たいという人が世界中から来ていました。私も少しでも行進を見れたらいいなと思いましたが、全く見れませんでした。でも、町の賑わいを見ることができたし逆に皇室制度反対のデモをしている人たちも見かけました。こんな光景を見れる機会はきっと人生で最初で最後だと思うので、行って良かったです。人混みがとても苦手で、交通もかなり規制されていてかなり疲れましたが、この一週間で一番達成感のある旅になりました。

火曜日から授業が始まるので、また気を引き締めて頑張ろうと思います。

☆今週は2泊3日のリヴァプール・マンチェスター旅に行ってきました。本当は1泊2日の予定でしたが、計画ミスで2泊することになってしまいました。でも結局2泊できて良かったです、もっともっといたかった…。ケンブリッジでもロンドンでも味わえない街の雰囲気をそこでは感じることができました。具体的にどういうところが違うのか説明するのは難しいのですが、マンチェスターの工業都市独特の雰囲気がとっても好きでした。リヴァプールも綺麗な港町でした。海の汚さにはびっくりさせられましたが…。マンチェスターもリヴァプールも良い意味で何か中毒性のある街だな〜と感じました。切実にまた行きたいです。今回の旅のメインはサッカー観戦です!初めての会場でのサッカー観戦がリヴァプールの試合は少し飛ばし過ぎたかなと思いましたが、生で見る選手は本当に迫力があり、観客の一体感もすごくて終始興奮が収まりませんでした!スポーツってやっぱり最高です。サッカー大好き母からは「あなたが行くのは勿体無い。」と言われたので、行ってしまった後ですがもう少し勉強したいと思います。今回は4人で行けたのでケンブリッジから電車で4時間もかかる離れた土地でも心強かったです。ありがとうございました。旅から帰ってくると「1人だったんだよ~寂しかったよ~」とグランマ悲しそうに言うのでとても可愛かったです。今日は、「寂しいから日本に帰ってもWhatsAppで連絡取ろうね。」と言ってくれました。もっと英語をスムーズに話せるようになって今より濃い会話ができるように頑張りたいです。

☆今週はたくさん遊んで、たくさん勉強して、たくさん学んだ10日間のホリデイでした。

ハイライトは私の1番の趣味である映画にまつわる場所を巡る、ロンドン映画の旅に行ったことです。キングスクロス駅のプラットフォーム9 3/4番線(ハリー・ポッター)やベーカーストリート221Bのシャーロック・ホームズ博物館、MI6本部(007)、サヴィルローのキングスマンテーラー(キングスマン)を周りました。

どの場所も昔からずっと行きたいと思っていた所だったので、夢見心地な気分になりました。特に印象に残っているのはシャーロック・ホームズ博物館のガイドさんです。ホームズの部屋を再現した場所を見学できるだけだと思っていたのですが、ガイドの方が解説をしてくれました。彼女の英語は速すぎず遅すぎず、とても聴き取りやすいものでした。分かりやすく、そして私たちを楽しませながら説明してくれたので聞いていてとても心地良かったです。彼女のような英語を話すことができるように、今後の学習に力を注いでいこうと思いました。

映画旅の締めくくりは、イギリス最大スクリーンであるBFI IMAXという映画館でMCU最新作の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol.3』を観に行きました。後ろの方の座席でも全てが視界に入らないくらい大きなスクリーンに圧倒されました。IMAX 3Dで鑑賞したのは昨年末の『アバター/ウェイ・オブ・ウォーター』以来でしたが、日本の映画館よりも映像は鮮明で音響も良いように感じました。エンドロールで明かりがつくので余韻に浸る時間も与えられずに現実に引き戻されてしまうのは寂しいですが、大きくリアクションする人たちがたくさんいる雰囲気で映画を観ることも楽しいです。

もちろん楽しいことだけではなく、計画的にセルフスタディも進めていました。You Tubeで発音や会話表現を学び、音読やシャドウイングを繰り返して練習しました。語彙やイディオムなどはノートにメモして、日常生活の中で使えたらチェックをして、定着させるようにしています。セルフスタディを1ヶ月続けて、リスニングはかなり改善されたと感じます。特に、英語の映画を日本語字幕なしで観ていても、聞き取れるパーセンテージは着実に上がっています。ただ中国語の映画を英語字幕で観た時に、英語字幕を全部読み終わる前に切り替わってしまったことが多々ありました。リーディングのスピードと、引き続きスピーキングに焦点を当てて、これからもセルフスタディを進めていきます。

Next Termも引き続き頑張ります!

☆今週はずっとお休みで、のんびりしたり、お出かけしたり自由な毎日を過ごしました!
健康な生活をしたいとは思いつつも、沢山寝てしまいました。また、休みな分、色んな事を考えた週でもありました。

今週は二回映画を見に行って、どちらもすごく面白かったです。映画が始まる前に全部ポップコーンをひっくり返してしまったのが悲しかったですが、それ以外はすごく良い思い出です!!また、カフェが好きなので、何も予定を決めてなかった日は必ずカフェに行きました。なにか自分の中でのチャレンジをするというのが休み中の課題だったので、一人でカフェに行って色んなお店でホットチョコレートを飲みました。自分の中で何か挑戦をするというのが休み中の課題でありました。私は少し話しかけるのに緊張してしまうところがあるので、カフェの店員さんに声をかけて写真を撮ってもらうというのを課題にしました。本当にやさしい店員さんばかりですごく幸せな気持ちになりました。ホットチョコレートばかり飲んでいたのでプロになれそうです。また、土曜日は戴冠式だったので三人で朝ごはんを食べながら見ました!思っていたよりもみんな興味がなさそうな姿に「あれ?」と思いましたが、本当にめったに起こらないことをイギリスで見ることが出来たというのがすごくうれしかったです。また、いつも行くスーパーの大きいところにも行くことが出来てうれしかったです。

1週間で悩むこともありましたが、友達からのメッセージに救われたし元気をもらいました。私も頑張ろうと思えたのですごく感謝しています。

マザーが作ってくれるご飯がいつもすごくおいしいし、食べた後はここ何週間かは毎日必ずデザートも出してくれています。デザートを出してくれるのも嬉しいけど、出そうと思ってくれる気持ちも嬉しいです。そしてマザーは、「あなたが幸せならここにずっといていいよ。」と言ってくれました。本当にやさしくて笑顔がかわいいマザーです。その言葉を言ってもらえた時は泣きそうになりました。

あと70日しかないことへのあせりがありますが、もっとマザーや先生と話す機会を増やしていきたいと思います。2term目はもっと成長できるように頑張っていきたいと思います。