menu

English Course英語コース

  • HOME
  • 英語コース
  • 【セメスター留学便り(英語コース) ニュージーランド オークランド大学】

【セメスター留学便り(英語コース) ニュージーランド オークランド大学】

4月7日から、ニュージーランド オークランドでの留学が始まりました。異文化での日常生活、授業についてのレポートです!

今日初めて1人でバスに乗って学校へ行き、とても緊張しました。2階建てのバスが多く走っていたり、バスの中にUSBがあり、充電ができるようになっていて非常に驚きました。乗り換えのバス停でバスを待っているときに、現地の人に中国人なのかと質問されて、中国人の男の子がバスが分からずに家に帰れなくて困っているから助けてあげて欲しいと言われました。中国人の男の子は英語が話せず、中国語しか話せないようなので中国語が分かるなら帰り方を教えてあげて欲しいという話でした。私は中国語が分からないので残念ながら断ってしまいましたが、他人のためにそこまで行動できることがとても素晴らしいなと思いました。ニュージーランドの人の温かさに触れることができました。

☆JAPAN MARTを見つけました。とても嬉しかったし、店員さんも日本人で安心しました。英語でも注文ができるようになってきたので自信が持てるようになってきました。これからも頑張りたいです。☆私は、留学がずっと楽しみだったので、すごく楽しんでいます。ホームステイ先について、マザーに挨拶をしてから、学校までの行き方を教えて欲しいのと、シャンプーなどを買いたいというと一緒についてきてくれて、教えてくれました。バスは番号が書いてあって、その番号のバスに乗ればいいということが分かりましたが、降りるところが曖昧なので、自分で目印となる建物となるものを見つけておくといいと思いました。そしてニュージーランドの信号はとにかく短いです!変わったと思ったら20秒後になったら点滅してしまうので焦ります!

夜ご飯や昼ごはんの際や僕が学校から帰ってきた際もたくさん話しかけてくれるのでホームステイ先がとても楽しいと感じています。学校ではずっとEnglish onlyなので少し苦労はします。授業もペアワークやプレゼンテーションもあるので準備やその場の即興が多いです。ですが、みんなも頑張っているので自分も頑張れています。まだ1週間ですがホームシックや寂しいと思ったことはあまりないです。ホストマザーの息子さんとも仲良く過ごせてたくさんニュージーランドのことを教えてもらっています。ご飯も美味しく、家庭では日本食が出てきたり、ニュージーランドならではの果物も出てきたり様々です。ホストファミリーの友人とも何度か会ってたくさん話してくれるので英語は難しいですが頑張って伝える気持ちはあります。

初日のオリエンテーションの日は初めて1人でバスに乗っていきましたがとても緊張しました。バス停にいても手を挙げないと止まってくれないということに驚きました。授業は日本人の留学生が多いですが、中国、韓国、リビアなど様々な国からの留学生と一緒に授業を受けています。ホームステイ先にもチリ、タイ、フランスからの留学生がいるのですが様々な国の英語を聞き取るのはとても難しいと感じます。お店に買い物に行くと店員さんがなにか探してる?手伝おうか?と声をかけてくれてとても嬉しかったです。初日は不安でいっぱいでしたが現地の方々がとても優しく接してくれたおかげて不安が少しずつ無くなってきました。現地でできた友達に誘ってもらい博物館にも行ってきました。マオリの歴史や文化を知ることができ、とても良い経験となりました。一日中ほとんどの時間を英語で会話するのは大変ですがわからない言い回しや単語をお互いに教えあったりできたのがとても嬉しかったです。

毎日とても楽しく授業を受けることができています。様々な国の方とコミュニケーションを取って、休み時間には趣味の話で盛り上がることもあります。自分の英語力では、スムーズに会話することがまだ難しいですが、頑張っています。家では、ホストマザーと食事の時に話すのが、自分にとってとても有意義な時間だと感じます。日々の生活で疑問に思ったことや、知りたいことは何でも聞くようにしています。この前は、秋の味覚であるフェイジョアを一緒に食べたり、地図の本を見ながら沢山のことを教えてもらいました。ご飯も美味しくて嬉しいです!