menu

Chinese Course中国語コース

  • HOME
  • 中国語コース
  • 文藻外語大学に留学中の中村朱里さんが文藻中国語センターの中国語コンテストで入賞しました。

文藻外語大学に留学中の中村朱里さんが文藻中国語センターの中国語コンテストで入賞しました。

 現在中国語コース3年次生13名が台湾の高雄市にある文藻外語大学にセメスター留学中です。文藻外語大学の中国語センター(華語中心)において5月11日(木)、中国語コンテストが開催され、本学の中村朱里さんがスピーチ部門に参加しました。

 参加者は規定の四つのテーマから一つを選んで、五分間のスピーチを行います。各スピーチは内容、語句表現、態度、発表時間などの各観点から評価されます。中村さんは「アフターコロナで一番やりたいこと(疫情解封後最想做的事)」というテーマでスピーチを行い、第三位という優秀な成績を収めました。以下は中村朱里さんの受賞後の感想です。

 「私は自分の中国語能力に自信がないため、今まで日本でもスピーチコンテストに参加したことはありませんでした。もちろん、台湾に来てからも自分の中国語能力に自信は持てず、参加する勇気はもちろんありませんでした。そんな中、お世話になっている先生方に参加を勧めていただき、スピーチコンテストに挑戦することに決めました。申込締切日に参加を決めたため、練習時間は限られていました。時間を探して毎日暗唱練習し、本番に挑みました。失敗しても良い経験になると思っていたので、不安はありませんでしたが、大勢の留学生の前で発表するため、とても緊張し、準備万端だったはずなのに、スムーズに発表することができず、入賞はありえないと思っていました。今回のコンテストを通して、自分の中国語能力にも少し自信を持つことが出来たとともに、他の留学生の中国語能力に圧倒されました。これからも沢山のことに挑戦したいです。」

 セメスター留学も残り一か月余りとなりました。悔いの残らぬように、引き続き中国語の学習に取り組むことはもちろん、残りの留学生活も満喫してほしいと思います。(眞島 淳)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部