menu

Chinese Course中国語コース

  • HOME
  • 中国語コース
  • 中国語専攻演習Ⅱ(眞島ゼミ)で、神戸観光局職員による講演を開催しました

中国語専攻演習Ⅱ(眞島ゼミ)で、神戸観光局職員による講演を開催しました

 2022年10月に、新型コロナウイルス感染症に関する水際対策が緩和されて、訪日外国人旅行者数も少しずつ回復してきています。中国語圏については、台湾・香港からの旅行客の回復が顕著となっていますが、2030年の神戸空港国際化も決定し、今後中国語圏から神戸を訪れる観光客数は増加していくものと考えられます。眞島ゼミでは、昨年に引き続き観光プランの製作に取り組んでいますが、今年度は神戸市観光局がメインターゲットの一つとして位置付けている台湾から訪日する大学生を対象として、中国語による神戸観光PR動画の製作を行っていきます。
 2023年6月23日(金)、一般財団法人 神戸観光局 観光部の河上真吾氏をお招きし、神戸観光の現状と課題をテーマとした講演を行いました。神戸観光局の事業内容、神戸観光の魅力や強み、神戸の観光資源の紹介にとどまらず、現在神戸観光局が台湾などを対象に行っているプロモーション事業についても講演していただきました。また、学生たちの質問にも、丁寧に回答してくださり、学生たちにとってこれから観光プランを本格的に考えていくうえでのヒントを得る大変貴重な機会となりました。
 これから学生は、11月中旬の成果発表会に向けて、グループでアクションプランを策定し、現地調査を行いながら観光プラン及びPR動画の製作を進めていきます。ぜひオリジナリティに富んだ切り口で観光資源の発掘やアピールを行い、神戸観光振興に貢献してほしいと思います。(眞島 淳)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部