menu

Chinese Course中国語コース

  • HOME
  • 中国語コース
  • 【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の渡邊朝陽さんからレポートが届いています。

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の渡邊朝陽さんからレポートが届いています。

 留学期間も残り一週間になりました。今週には全ての授業の期末試験があると考えると、もう台湾留学が終わってしまうんだなという実感が湧き、少し寂しい気持ちになりました。残り一週間、悔いの残らない留学生活になるように毎日頑張ろうと思います。

 台湾に来た当初は、店で買い物したり食事に行ったりするだけで、慣れない環境や言葉などのために、毎日すごく疲れてしまい、何度も日本に帰りたいと思っていました。しかし今では台湾の生活に慣れて、毎日とても学びがあると感じ、まだ日本に帰りたくないという気持ちになっています。台湾は日本と比べて毎日とても暑く、大変です。しかし、日本では出来ない多くの経験ができるのはとてもよいと思います。

 授業では、中国語の発音や聞き取りなどが、留学する前より格段にレベルアップしていると思います。授業以外でも毎日自分で勉強した甲斐があると思います。六月上旬には、台湾でとても人気のあるドラゴンボートレースに参加し、交換学生の人たちと協力して素晴らしい思い出ができました。この留学で多くの外国の人と交流できて、とてもよい経験ができたと思います。日本でも外国人と交流したいと思いました。

 残り一週間ですが、日本に帰国するまで、気を抜かないようにします。勉強の面では、期末試験をよりよい結果で終われるように頑張ります。そのためには、聞く力や読む力をもっとよくしないといけないと思っています。最後に、台湾留学を支援してくれた両親、台湾で関わってくれた友達、現地の先生には本当に感謝しています。残りの一週間を悔いの残らないように毎日大切に生活して楽しみたいと思います。(渡邉朝陽)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

HOME