menu

Chinese Course中国語コース

  • HOME
  • 中国語コース
  • 【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の片山元気さんからレポートが届いています。

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の片山元気さんからレポートが届いています。


 台湾に留学して約三か月が経ち、留学期間も残り一か月弱となりました。台湾生活に慣れてきた楽しさと、お別れが近くなっていく寂しさを感じる時期になりました。

 台湾生活が始まった頃は、翻訳機が必須の日々を送っていましたが、少しずつ聞き取る力が身についていく感覚を感じることができています。会話については、まだまだ自分にとって難しいところがありますが、留学前の自分と比べると少しずつ成長していることがわかり、現在では自信をもって留学生活を楽しんでいます。また時期が経つにつれて、台湾の方や、他国の方とのコミュニケーションも深まっていき、本当に自分が愛されていると感じることが出来ました。

 前回の自分の記事にも記載した「文武両道」も継続して頑張っています。授業はしっかりと出席し、授業終わりに週5のペースでスポーツジムに行っています。最近ではスポーツジムのスタッフさんとも会話することが増え、またスポーツジム付近にあるコンビニでも店員さんに声を掛けられ、留学生活を応援してくださります。いまさらになりますが、声をかけてくださる皆さんと話していて、中国語能力の大切さを身に染みて実感しました。

 残り少ない期間ですが、日本に帰国するまでの台湾生活で、会話能力を伸ばすために、自分の難点であるピンインのアクセントやリスニング能力を少しでも上達させて、成長した自分の姿で日本に帰国します。最後に、高額な留学費用を出してくれた両親や、自分の将来のために相談を受けてくださった大学の先生方、応援してくださった自分の友達への恩返しを忘れず、最後まで頑張ります。(片山元気)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

HOME