menu

Chinese Course中国語コース

  • HOME
  • 中国語コース
  • 【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の岡本直也さんからレポートが届いています。

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の岡本直也さんからレポートが届いています。

 台湾へ留学してから、二ヶ月半が経ちました。留学に来た当初は、何も知らない異国の地で不安を感じ、言語の壁や価値観の違い、あるいは毎日30℃越えの日々での生活に慣れるまで少し時間がかかりました。しかし今では、台湾人や学校の先生方の優しさ、クラスメイトや友達のお陰で毎日が楽しく刺激的で、とても充実した留学生活を送ることが出来ています。

 飲食店の店員さんやタクシーの運転手さんなど、台湾の方は本当に親切で優しく、自分達が日本人だと分かると優しく話し掛けて下さったり、飲食店で仲良くなった台湾の方からご飯をご馳走してもらったりなど、親切な方が多く素敵な国だと強く感じています。

  約五ヶ月と短い留学期間だからこそ、週末は必ず観光地に行ったり、海や山などの自然に遊びに行ったりして、日本ではあまり目にしないリスや野生の猿などを見たり、外国の文化に触れたりしています。また、そうしたときには、授業や日常会話で学んだ中国語や英語をアウトプットする良い機会にもなっています。更には、学校主催の運動会や留学生向けの課外活動などに積極的に参加して、普段の学校生活では味わうことの出来ない経験や体験ができています。

 留学期間も残り二ヶ月を切っているので、積極的に行動し、語学力向上はもちろんのこと、プライベートも全力で楽しみ、一日一日を大切にして充実した留学生活を送りたいと思います。(岡本直也)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

HOME