menu

Chinese Course中国語コース

  • HOME
  • 中国語コース
  • 【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の日下育さんからレポートが届いています。

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の日下育さんからレポートが届いています。

 台湾に来て約2ヶ月経ちました。最初は何も知らない土地で生活していくことに不安を感じていました。しかし、今では高雄での生活にも授業にもだんだんと慣れてきました。

 台湾での授業はすべて中国語で進められ、日本で座学のみの授業を受けていた自分にはとてもハードルが高く、日本の授業では自分から発言することもあまり無かったため、とても難しく感じていました。また、授業を一緒に受けるフランス人はとても発言力があり、自分に自信を持って受け答えも上手に行っており、そのことに対する尊敬の気持ちもありつつ、プレッシャーを感じていました。しかし、生活に慣れていくにつれ、授業の内容や先生から聞かれていることを理解できたり、スムーズに先生への質問に答えられたりと、できることが増えてきました。自分の成長を肌で感じ、それをさらに勉強しようというモチベーションにつなげ、日々台湾での授業を頑張っています。

 台湾での生活はまだまだ続きます。まだ生活しているうえで不安になることや、上手くいかないと感じることもたくさんあります。授業でも聞き取れないことや、単語の意味がわからないことも少なくありません。買い物をしているときに店員が言うことが分からず困ることもたくさんあります。しかし、残りの留学期間を無駄にすることなく、勉強に励み、一人で海外で生活するという貴重な経験を大切にしながら、台湾で過ごしていこうと思います。(日下育)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

HOME