menu

Chinese Course中国語コース

  • HOME
  • 中国語コース
  • 【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の萩原麻絵奈さんからレポートが届いています。

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の萩原麻絵奈さんからレポートが届いています。

 台湾留学に来てから一ヶ月以上経ちました。

 最近の台湾は30℃を超える日もあり、四月とは思えない暑さの中、生活しています。

 留学開始当初は、台湾人の方とお話をする際、相手の話すスピードについていけず、翻訳機で会話することも少なくありませんでした。しかし、会話を中心とした授業で積極的に発言することにより、日常生活の中でも中国語が自然と出てくるようになってきています。 

 私は授業以外でも中国語を話したいと考え、学校のKPOPダンスクラブのオーディションを受け、現在は、台湾人の仲間と共にダンスをしています。日本人一人ということもあり、言語の壁は大きく、苦労することも多いですが、仲間達が分かりやすく話してくれたり、教科書には載っていない、台湾人のネイティブな言い回しを教えてくれたりするおかげで、毎週楽しく活動することができています。五月には発表の本番もあるので、それまでにより語学力を伸ばし、円滑にコミュニケーションがとれる状態にしたいと考えています。

 また、私が留学している文藻外語大学は、英語学科やスペイン語学科など様々な語学専攻があります。それぞれの勉学に励む学生を見ていると、もっと色々な言語に挑戦したくなります。学んでいる言語は違っても、沢山の学生から刺激を受けることができる文藻外語大学で、自分の課題である発音・リスニングを中心に、これからもよりレベルアップしていきたいと考えています。(萩原麻絵奈)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

HOME