menu

Chinese Course中国語コース

  • HOME
  • 中国語コース
  • 【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の吉本𠮷浩さんからレポートが届いています。

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の吉本𠮷浩さんからレポートが届いています。

 台湾に来て3週間が経ちました。日本では体験できない”刺激”だらけの毎日を過ごすことができています。
 例えば他国の学生は母国語、英語の他に数カ国話せることが当たり前です。だからこそ意識高く学ぶことができています。語学力を上達させる上で重要なのがコミュニケーションです。しかし、現地に来たからと言って自ら何も行動せずにいると時間だけが過ぎていきます。なので少しの勇気を持ち、話しかけるだけでとてもフレンドリーに接してくれます。例として、幼い頃からサッカーをしていたことを活かして学校のグランドや公園でサッカーをしている人に話しかけて一緒にトレーニングをし、ゲームをすることでコミュニティの幅を広げています。今はスポーツを通じて様々な国の人と仲良くなり外部のサッカーチームの試合にも出場しています。

 そのほかにも宿舎のロビーにいる外国人に積極的に話しかけることで中国語のみならず英語学習もできます。友人に英語も学びたいと伝えると数日後にはイギリス、フランス、台湾人たちと共に食事にも行きました。食事中は中国語、英語を交えての会話で日本では体験できない非日常的な空間で言語を学ぶことができています。また、学習のなかで実践していることは寝る前に学習し朝起きてからまた復習します。そしてその学んだ単語、文法を会話でアウトプットすることで覚えています。

 留学期間で更に自ら行動し言語学習だけでなく1人の人間として成長したいと考えています。(吉本𠮷浩)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部