menu

Chinese Course中国語コース

  • HOME
  • 中国語コース
  • 【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の後藤真希さんからレポートが届いています。

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の後藤真希さんからレポートが届いています。

 長く感じた留学生活も残り10日となりました。あと10日しか残っていないと思うと、台湾生活が名残惜しく感じますが、期末テスト期間に差し掛かっているため、最近は課題やテスト勉強に追われ忙しく過ごしています。
 先週の文化の授業では、麻將について学び、実際に麻將を打ちました。授業時間の関係で、細かいルールまでは学べませんでしたが、簡易ルールを用いて楽しく遊びました。この授業で麻將を学ぶまでは、麻將について何も知りませんでしたが、遊び方やルールを知ると思いのほか面白かったです。次の日の夜にミニサイズの麻將を買って、クラスメイトと寮の部屋に集まり、夜中まで麻將をするほど、みんな麻將に夢中になりました。
 先週末は火鍋を食べに行き、初めて鴨血を食べました。鴨血とは、鴨の血を固めたプリン状の食べ物です。食べるのに少し抵抗がありましたが、思い切って食べました。2口が限界でした。私自身は、鴨血より米血の方が好きです。米血とは、もち米と動物の血を用いて作るお餅です。赤飯の味がして、食感がもち米なので美味しいです。このように、日本にはない留学先ならではの食べ物を食べられることも、留学の良いところだと思いました。
 日本へ帰るまでの日数も残り少なくなりましたが、台湾の美味しい食べ物を食べたり、現地の友達と過ごしたりして、残りの留学生活を満喫したいです。(後藤真希)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部