menu

Chinese Course中国語コース

  • HOME
  • 中国語コース
  • 【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の横田愛里さんからレポートが届いています。

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の横田愛里さんからレポートが届いています。

 明日から6月に入るので、とうとう残り23日となりました。台湾に来た時は日本とは違う生活感があり、不安ばかりがたくさんありましたが、言語を通して全て乗り切ってここまで来ることができました。授業では先生の話をスムーズに聞くことが少しずつできるようになり、中国語で一番苦手としていた聞き取りのレベルが上がったのかなというのを感じます。
 今の生活についてですが、最近は本当に暑すぎるので、日傘や日焼け止めが必須です。学校が終わってもまだ日が沈んでおらず、6時〜7時くらいまで明るいので、夜ご飯を食べた後もまだ明るいです。
 この留学中に台北、台中、台南全て行くことができました。台湾といえば、この3つの場所を思い浮かべる人が多く、高雄を知らない人もいると思いますが、約3ヶ月間住んでみてとても住みやすい街だと感じました。学校の周りにもどの道にも数えきれないほど多くの飲食店があり、日本よりも気軽に入りやすく、買いやすいです。寮にはキッチンやレンジがないので夜ご飯を毎日お店に買いに行かなければならないのは少し大変ですが、せっかく台湾にいるので日本では食べれないものを食べたいと思い、毎日地図を見ながら今日はどこで食べるか考えるのが楽しいです。
 留学期間も残りも少ないのでやりたいことはやって、やり残して後悔しないよう残りの台湾生活を送りたいと思います(横田愛里)。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部