menu

Chinese Course中国語コース

  • HOME
  • 中国語コース
  • 【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の中村朱里さんからレポートが届いています。

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の中村朱里さんからレポートが届いています。

 台湾での留学生活も残り1ヶ月となりました。日に日に自分の中国語能力の成長を感じているので、台湾を離れるのがとても寂しいです。台湾での留学生活で、私は中国語能力を高めるだけでなく「挑戦する事の大切さ」を改めて知ることが出来ました。例えば、先日私は文藻外語大学で卓球の試合に参加しました。人数が少なかったので、全勝し1位になることができました。高校生や留学生と関わることができ、新たな友達を作ることができました。その2日後には華語中心主催のスピーチコンテストに参加しました。私は5分間のスピーチ部門に参加し、コロナ収束後にやりたいことについて発表しました。とても緊張しましたが、3位を受賞することができ、自分の中国語に少し自信を持つことができました。
 残り1ヶ月、参加することができるイベントはあまりありません。しかし、小さなことでも挑戦し、自分を成長させたいです。一般的には、現地留学に行くと、日本で勉強するより比較的早く中国語を習得することができます。ここで私はひとつ皆さんに共有したいことがあります。たとえ自分の語学能力に自信がなかったり不安があったりしても、留学中に日本人と毎日一緒に過ごすことはオススメしません。日本では中国語を話す機会があまりありません。台湾にいる間は無限大です。勇気を出して中国語を使って現地の人と関わりを持つことが大切だと思います(中村朱里)。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部