menu

Chinese Course中国語コース

  • HOME
  • 中国語コース
  • 【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の中村朱里さんからレポートが届いています。

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の中村朱里さんからレポートが届いています。

 台湾に来てもうすぐ3ヶ月が経ちます。台湾での生活にも慣れ、たくさんの事に挑戦する余裕ができてきました。4月末には、学校主催の留学生対象イベントに参加し、台南の安平老街と四草綠色隧道に行きました。四草綠色隧道は台湾のアマゾン川と言われており、マングローブによって作られた緑のトンネルを船に乗って通ることができます。安平老街では、台南グルメを堪能することができました。
 また、私は卓球部の活動に参加しているので、高校生と関わる機会が週に1回あります。他にも授業後に他大学の学生とご飯に行ったり、観光しにいったりと楽しい毎日を過ごすことが出来ています。自分からいろいろな活動に参加したり行動したりすることで中国語を使う機会が増えることを実感しています。授業以外で中国語を学ぶことができることこそが現地留学のメリットだと思います。
 私たちは毎日2コマの中国語の授業に加え、毎週水曜日の文化の授業、週5コマの神戸学院生専用の授業があります。最初はほとんど聞き取れなかった中国語の授業も今では7〜8割聞き取れるようになり、小テストでは自分の成果を発揮することが出来ています。しかし、簡体字と繁体字の違い、中国大陸と台湾の発音の違いなどにより、聞き取れない、見ても分からない言葉が多々あります。残りの留学生活もたくさんのことに挑戦して後悔のないように頑張ります!(中村朱里)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部