menu

Chinese Course中国語コース

  • HOME
  • 中国語コース
  • 【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の谷本万潤さんからレポートが届いています。

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の谷本万潤さんからレポートが届いています。

 台湾に来てから2ヶ月が経ち、留学期間も残り半分となりました。最初の頃は、台湾の生活に慣れず大変なことが沢山ありました。さらに、台湾では日本にいるときに習ったことのない繁体字を使い、中国とは違った言い回しをする部分があるので、生活面だけでなく勉強面でも苦労しました。しかし少しずつ慣れていき、2ヶ月経った今では毎日を楽しく過ごすことができるようになりました。
 学院生だけの授業では発音と会話を主に勉強しています。日本人同士では伝わる話し方でも、やはり台湾人には伝わらないことがよくあります。なので、この授業を通して正確な発音を習得したいです。また、留学生クラスの授業では文法を主に勉強しています。初めの頃は先生の話し方があまりにも速く、ほとんど聞き取れない状態だったので不安しかありませんでした。今でも全部は聞き取れないので、帰るまでには何とか聞き取れるようにしたいです。さらに、単語を中国語で説明されると理解できないことがよくあり、自分の語彙力の低さを実感しました。授業以外では友達と買い物に行ったり、観光したり、ご飯を食べに行ったりしています。最近では美容院とネイルサロンにも行きました。一対一で会話できるか心配でしたが、優しい方だったのでたくさん会話でき、とても嬉しかったです。
 残りの期間1日1日を大切に、より充実した日々を過ごしたいと思います(谷本万潤)。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部