menu

Chinese Course中国語コース

  • HOME
  • 中国語コース
  • 【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の西野壮さんからレポートが届いています。

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の西野壮さんからレポートが届いています。

 台湾に来て約2ヶ月が経過しました。慣れるまでは不安でしたが、今ではもうずっと住んでも良いと思えるくらいです。
 さてここからは私のリアル生活を紹介します。
 平日は午後に授業があるので、午前に課題をやります。授業が終わりご飯を食べにいきます。私が好きなのはチャハーンと鴨肉飯です。週二で食べにいきます。そのあと帰宅し、宿舎のロビーに行くと誰かしら友達がいるので30分からMAX5時間ほどお喋りしたり、この時に外国人の友達と中国語使って話せてることに喜びを感じ、より頑張ろうという気持ちになります。金曜日は2時間だけの授業を終えて、土日は買い物に行ったり、部屋で野球を見たりしてゆっくり過ごします。
 ここからは私自身が感じた留学において最も重視すべきことを書きます。
 それは外国人の友達を作ることです。彼らと毎日話すことで中国語の伸びは違ってきます。学校で習った文法や単語を使ってみる。日本では難しいアウトプットが容易にできます。また彼らと過ごす日々で学べるのは文化の違いなどがあります。台湾に来てから自身の知見が広がったと感じました。
 残り約2か月、最後まで突き進もうと思います!(西野壮)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部