menu

Faculty News学部ニュース

  • HOME
  • 学部
  • セメスター留学便り(英語コース)カナダ・カルガリー大学】③

セメスター留学便り(英語コース)カナダ・カルガリー大学】③

カルガリーに来て2週間が経とうとしています。
振り返ってみると、長いようで意外とあっという間だったように感じます。今週に入ってやっと時差に慣れて、朝まで眠れるようになりました。
今週は、部屋のコンセントが使えなくなったり、お風呂のカーテンが壊れて落ちてきたりと、トラブルが沢山ありましたが、マザーにその都度話して、助けていただきました。
今の授業はほとんどが日本人ですが、来週から始まるセメスターでは、他の国の方が増えるそうなので、楽しみです !
この前日本が恋しくなって、居酒屋さんに日本食を食べに行きました。お寿司や焼き鳥、枝豆、ラーメンなどとても美味しくて生き返りました。
写真は大学の美術館で撮った写真です !!

留学が始まって約1週間が経ちました。

最初は自分の言いたいことを伝えることが出来ず、とても悩みましたが、ホストファミリーが毎日話し相手になってくれて、1週間のうちに英語力が伸びたように思います。また、Calgary大学の授業では、カナダの政治や食べ物、歴史など様々なことを学び、とても充実した日々を過ごしています。

今週末には、ホストファミリーの11歳の女の子がファッションショーに出るので、その応援に行ったり、教会へ行ってパーティーに参加したりする予定です。色んなことを経験させてくれるホストファミリーにとても感謝しています!

まだまだ留学は始まったばかりなので、英語力をもっと上げるために日々勉強を頑張っていきたいと思います。

カルガリーに来て9日がたちました。

この1週間と3日毎日が新しいことでいっぱいです。ホストファミリーはフィリピンの方でとても陽気でよくしゃべる優しい方です。食事もアジア料理が多く、やはり自分もアジア人なので口に合ってそれも幸いです。天候は初めの数日は季節が戻ったように寒くなったので動揺しましたが、少しずつ体も慣れてきました。標高が高いせいか、日差しがとても強いのはいまだに太陽を見るたびにまぶっし、と思っています。

ショッピングモールに行ったり、学校のジムに行ったりして地域のことを少しずつ知ることができて毎日がワクワクです。ホストファミリーとお話をするたびに、あ、これ使える!と思うようなフレーズや単語が出てきて、分からないことはすぐ聞けるこの環境、英語を英語で学ぶ環境にとても満足しています。来週からはセメスタープログラムが始まるのでまたより楽しみです。

留学に来て少しずつカナダの生活にも慣れてきました。

最初はホストの英語が中々聞き取れなかったり、バスが時間通りに到着しないことなど日本と異なることがあって少し戸惑いました。毎日英語漬けの環境は今までに中々なかったもので、とても疲れますが、充実した生活が送れていると感じます。これからもっと英語を勉強して楽しめるように毎日頑張りたいです。

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部