menu

Faculty News学部ニュース

  • HOME
  • 学部
  • 【セメスター留学便り(英語コース)カナダ・カルガリー大学】⑤

【セメスター留学便り(英語コース)カナダ・カルガリー大学】⑤

授業やホームステイの様子、学内外の人との交流がよく分かる今週の報告です🕊

カルガリーに来て2週間が経ちました。
カナダの政治や地理や歴史についての授業があり、私のクラスはElection Campaign Presentationをしました。なかなかいいアイディアが思いつかなかったり久々のプレゼンだったりと苦戦はしましたが、私のグループが1位になる事ができました。学院でもプレゼンを何回もしていたのでそのおかげかなと思います。
ほかにも、音楽やアートの美術館に行くアクティビティがあり、芸術にも触れることができました。普段、なかなか行くことがないのですごく新鮮でした。

カルガリーに来て10日で日本食が恋しくなり、友だちと日本食レストランに行き、焼き鳥やお寿司、ラーメンを食べて、美味しくて泣きそうになりました。店員さんは中国人でしたが、日本語が話せる方で「どうですか?」「美味しいですか?」と聞いてくださったり、フレンドリーに話しかけたりしてくれました。ご飯も美味しかったし店員さんも優しかったのでまた絶対行きたいと思います。

金曜にはLanguage & Culture のGraduation Partyがあり良い成績をとることができました。来週からは本格的にSpring Semesterが始まり、不安がたくさんありますが、今よりももっと多くの国籍の留学生が増えるので楽しみなことも多いです。シャイだからと言って言い訳するのではなく、自分からどんどん行動していこうと思います。

ホストファミリーとの問題も少しありましたが、きちんと話し合いをして解決することが出来ました。少しでも変だなと思うことや分からないことがあればすぐに聞いた方がいいし、価値観や文化の違いってこういう事なんだなと実感することができました。
さらに、2週間過ごして、リスニング力をもっと上げないといけないと感じました。質問を聞き返したり、早すぎて何を言ってるか分からないことが多かったり、まだまだだと思う瞬間がたくさんあったので、ホストファミリーとの会話を増やし、YouTubeなどで英語に触れる環境をより多くしたいと考えています。友だちとも日本語で話してしまうことが多く、それも原因だと思うので、日本人同士でも英語で話せるよう心がけていきます。

カルガリーに来てから半月ほどが経過しました。
一日一日とても貴重な時間を過ごすことができている事を日々実感しています。カルガリーに到着して間もない頃は、分からない事が色々ありすぎてとても大変でした。しかし、私の周りにいるお友達やホストファミリー、現地に住んでいる人々が私に声を掛けてくれたり、たくさん助けてくれたおかげでなんとか乗り越える事ができました。本当に心から感謝しています。

また、大学の授業は刺激を受ける事が沢山あり、充実した時間を過ごしています。クラスの先生もとても優しく、丁寧に指導して下さるので、安心して授業を受ける事ができています。

私のホストファミリーはとても優しい方で、私が困っている時や辛い時に私の話を聞いてくれたり、私の気持ちを理解して下さったり、毎日おいしいご飯を作ってくれたりと、毎日本当にお世話になっていて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ホストファミリーとは、学校やお友達とどんな一日を過ごしたのかを共有したり、一緒に映画を見たりなど、とても楽しい時間を共にしています。それから、ホストファミリーが飼っている犬達も、私が学校から帰ってくると、全力でお出迎えてしてくれるのでとても嬉しいです。

これから、楽しい事や嬉しい事、苦しい事、辛い事など色んな出来事が待っていると思うけれど、一つ一つ私にとってとても貴重で必要な時間だという事を忘れず、楽しく日々を送っていく事ができれば良いなぁと思います。また、お友達や先生方、私を支えてくれている存在の方々への感謝の気持ちを忘れずに日々過ごしていこうと思います。
写真はホストファミリーが飼っている犬のSophieちゃんです。

カルガリーにきてそろそろ2週間が経とうとしています。
今日で最初の2週間のプログラムが終わり、来週からいよいよセメスターのプログラムが始まる予定です。

きて2週間、Buffalo-Jampに行ったり授業ではプレゼンをしたり、大学内にある美術館で作品を見たり、でかいOutlet mallに行ったり、partyに参加したりと、とても濃い1日1日を過ごしています。
ホストマザーが足を骨折するというアクシデントも起こってしましましたが、それも含めて留学は何が起こるかわからないと感じました。

昨日もジムの更衣室で、名前も知らない男の子にペンを貸してと言われ貸したのですが、それも戻ってくるかわかりません。戻ってきたらまた来週の報告に書こうと思います。来週からも頑張リマス。
写真は、Studio Bell に行った時のものです。

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部