TOPICS&NEWS

グローバル・コミュニケーション学部中国語コースのオンライン留学授業が終了しました

中国語コース|2021.07.01

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、グローバル・コミュニケーション学部中国語コースでは、2020年度と同様、オンライン留学授業を実施しました。4月7日から18週間にわたり、北京語言大学、武漢大学、暨南大学の中国語授業を受講しました。各大学の担当教員のご支援により、インターネットによる授業にもかかわらず、効率的かつきめ細やかなプログラムが実現しました。グローバル・コミュニケーション学部中国語コースに在籍している3年次生全員は、世界中の中国語学習者と一緒に中国語を楽しみながら効果的に学ぶことができ、修了率が100%に達しました。修了式で、受講生の多くは、中国語4技能(聞く、話す、読む、書く)が飛躍的にアップしたことを実感したり、担当教員に対するメッセージや感謝の気持ちが数多く述べられたりしていました。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

日本大学英語模擬国連がオンラインで始まり、GC学部生も参加しています。

英語コース|2021.06.28

日本大学英語模擬国連(JUEMUN)が6月25日、オンラインで始まり、グローバル・コミュニケーション学部生も参加しています。
全体のテーマは「環境面での持続可能性を目的とした適切で強じんな開発」。三つのグループに分かれ、「持続可能な開発のための適切なインフラ技術革新と産業」「持続可能な経済のための理にかなった消費と生産」「気候変動並びにそのインパクトと戦うための緊急行動」の個別テーマを設定し、議論されました。

詳細は下記URLの神戸学院大学HPよりご覧ください。

https://www.kobegakuin.ac.jp/news/5fcedd69c02ff62d3463.html

日本大学英語模擬国連で議論に参加した本学の学生ら
JUEMUNの本学参加者ら
本学学生もZoomで参加したJUEMUNの画面

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp

GC学部を訪問されたY.A.N.A.さんのビデオ:神戸学院大学編

学部|2021.05.21

2018年にGC学部を訪問され、英語コースの学生たちと交流を深めたオーストリア人のJ-POPシンガー(?!)、Y.A.N.A.さん(Jana Wolffさん)が当時の旅行のドキュメンタリービデオを公開されましたが、今回はいよいよ神戸学院大学編です。

その後しばらくしてからY.A.N.A.さんは再度個人で来日、大阪教育大学に留学されていましたが、現在はコロナ禍のためオーストリアに帰国されています。今後の活躍を期待しましょう!

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学
グローバル・コミュニケーション学部 https://kobegakuin-gc.jp

GC学部2021年5月6日~5月29日の授業形態について

学部|2021.04.26

新型コロナの急速な感染拡大に対応するため、2021 年 4 月 16 日学長メッセージに基づき、また本学部の教育の特色に鑑み、2021 年 5 月 6 日~5 月 29 日の期間中の授業についてお知らせ致します。よろしくお願い申し上げます。

神戸で言語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

2018年にGC学部を訪問されたY.A.N.A.さんのビデオが公開

学部|2021.05.08

2018年にGC学部を訪問され、英語コースの学生たちと交流を深めたオーストリア人のJ-POPシンガー(?!)、Y.A.N.A.さん(Jana Wolffさん)が当時の旅行のドキュメンタリービデオを公開されました。神戸学院大学も少し映っています。続編も今後アップされるようです。

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 

グローバル・コミュニケーション学部 https://kobegakuin-gc.jp

【セメスター留学便り(英語コース)英ヨーク大学】

英語コース|2021.04.19

今年も残念ながらオンラインになりますが、英語コースのセメスター留学が始まりました。英国ヨーク大学から連絡があり、担当のAoife先生から受講生は全員熱心に課題に取り組んでいるとの報告がありました。また、本来ならば渡航してホームステイする予定でしたが、予定されたホストファミリーの方との交流もオンラインで行われたとのことです。ホストファミリーの方たちからは、コミュニケーション力と話そうとする意思の強さが高く評価されています。今後は文化研究のプロジェクトがスタートするとのことでますます忙しくなりそうです。写真はzoomによるライブ授業の様子です。

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部 https://kobegakuin-gc.jp

中国語コースを今春卒業した火川拓海さんがバラエティー番組「日本人のおなまえ」に出演しました

中国語コース|2021.04.09

 中国語コースを今春卒業した火川拓海さんがバラエティー番組「日本人のおなまえ」に出演しました。
「世にも奇妙なマッチング名字」という特集で、「火川」という珍しい名字の由来について取材を受けました。
 番組を視聴していた中国語コースの教員は、「芸名『ファイヤー』で若手漫才師の頂上決戦『Ⅿ-1グランプリ』に出場したことも紹介されました。2019年と2020年に中国語コースの同級生と出場し、今年もまたチャレンジしたいということです。火川さんは本学国際交流センターの2020年度『国際交流活動賞』も受賞しました。成績優秀で中国語コースを代表して学位記も授与されました。社会に出て益々ご活躍されることをお祈りしています」と話しています。
 「日本人のおなまえ」は4月10日(土)午前10時5分~10時50分、NHK総合1(神戸)で再放送があります。番組のページはこちら

「Ⅿ-1グランプリ」にも出場した卒業生の火川さん(右)

引用元:神戸学院大学ホームページ

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

学部長賞授与式を行いました。

学部|2021.03.26

グローバル・コミュニケーション学部長賞授与式が3月26日にD301教室で行われました。学業や課外活動などで優秀な成績を残した学生が学部長賞受賞者として選出され、胡士雲学部長より受賞者に賞状と副賞が授与されました。

受賞者は以下の通りです。*以下敬称略

【英語コース】*2019年度

2年次生(新4年次生)
伊藤 廉
原田 あかり
久永 友喜
川嶋 菜月

【中国語コース】
2年次生(新4年次生)
大野 愛純

【日本語コース】
2年次生(新4年次生)
ヴーティ フォン

【英語コース】*2020年度

1年次生(新2年次生)
石藏 つぐみ
佐藤 萌果
横内 遼
一宮 彩華

3年次生(新4年次生)
松川 優夏
原田 あかり
川嶋 菜月
篠原 正義

【中国語コース】
1年次生(新2年次生)
吉川 花菜

3年次生(新4年次生)
﨑山 天麻音

【日本語コース】
1年次生(新2年次生)
シンディ

3年次生(新4年次生)
リン エリ

以上

学部長賞受賞者の皆さん、おめでとうございます!

新2年次生2020年度学部長賞受賞者のみなさん
新4年次生2019年度学部長賞受賞者のみなさん
新4年次生2020年度学部長賞受賞者のみなさん

神戸で英語・中国語・日本語を学ぶ:神戸学院大学 

グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

グローバル・コミュニケーション学部第3期生が卒業しました。

学部|2021.03.24

3月22日に神戸学院大学学位記授与式が行われ、グローバル・コミュニケーション学部の第3期生156名が卒業しました。

始めに動画にて理事長・学長からの祝辞があり、西本誠實理事長からは、神戸学院大学讃歌を引用し、「私たち神戸学院の教職員は、皆さんが讃歌の歌詞のようにグングンと成長し、社会に飛び出して欲しいという一念でサポートして参りました。讃歌のフレーズ「知性不在の時潮じちょうを正し」は今の時代にこそ注目されるべきです。讃歌はこう続きます。 「おお若人われら、真理の扉、いざ開きなん」・・・・と。さあ!神戸学院で学んだことに、自信と誇りを持って、思う存分羽ばたいてください。」と激励の言葉が贈られました。

佐藤雅美学長は、「卒業生・修了生の皆さんは、今日からは9万人に迫る神戸学院大学同窓生の仲間入りをされます。 皆さんは、神戸学院大学で多くのことを学び、さまざまなチャレンジや経験を重ね、先生方や友人たちをはじめ、多くの人との出会いを通じてその能力を高めるとともに、人間的にも着実に成長してこられました。 自らの成長を信じて、自信をもって社会に羽ばたいてください。」と祝いの言葉を贈りました。

続いて、各コース主任より挨拶があり、英語コース主任Thomas Schalow教授からは「これから社会に出て環境が変わる中で、HAPPYでいることを忘れがちになってしまう。いつもHAPPYでいることを忘れないこと。」、中国語コース主任大濱慶子教授からは「学生生活の総仕上げの時期にコロナ禍が重なったが、皆さんは自分なりの解釈・柔軟な適応力で新しい学びへと発展させてくれました。どんな時代にあっても、国や地域の枠組みを超えて架け橋となって活躍し、勇気を持って前進してください。」、日本語コース主任栗原由加教授からは「学位を授与されるということは大変価値のある事であり、皆さんが素晴らしい努力をされたということ。それをサポートしてくださった人々へ感謝を伝えること。これからはサポートする側として、誇りを持って社会を創っていく一員となってほしい。」と卒業生へエールを送りました。

その後、入学時からの学びの積み重ねによって顕著な成果を挙げ、課外活動などで社会から高く評価される成果を挙げた学生を表彰する学長賞、学業や課外活動などで優秀な成績を残した学生に贈られる学部長賞の授与が行われました。受賞者には胡士雲学部長より賞状と副賞が授与されました。

最後に胡士雲学部長より祝辞が述べられました。

本学部の名称であるグローバル・コミュニケーションを用い「国際的な視野を持つこと」「相手を尊重し、平等に交わること」「協力精神を持つこと」「包容力を身につけること」の4つを挙げ、国際的な視野で問題を考え、多様性や異なる文化、他人を尊重する事の大切さや、One teamの精神をもって積極的にコミュニケーションを行い、他人との認識の違いがあった時には相手を包容することが必要であると、卒業生へのアドバイスが含まれた温かいメッセージが贈られました。

閉会後は、ゼミごとに学位記が卒業生に授与されました。

学長賞・学部長賞受賞者は以下の通りです。*以下敬称略

【学長賞】

<日本語コース>ファン ティ アィン ティエン

【学部長賞】*2019年度

<英語コース>

櫻井有紗

堀口大和

佐野孝輔

坂口尚弥

<中国語コース>

周文逸

<日本語コース>

チャン ティ フェ

【学部長賞】*2020年度

<英語コース>

櫻井有紗

則政亜香梨

堀口大和

松浦未青

<中国語コース>

川真田莉子

<日本語コース>

ゲン キテイ

以上

華やかな装いのGC卒業生達
英語コース主任 Thomas Schalow教授より挨拶
中国語コース主任 大濱慶子教授より挨拶
日本語コース主任 栗原由加教授より挨拶
各コースを代表し、英語コース:櫻井有紗さん、中国語コース:火川拓海さん、日本語コース:ファン ティ アィン ティエンさんへ学位記が授与されました。
学長賞を受賞した日本語コース:ファン ティ アィン ティエンさんと胡士雲学部長
2019年度学部長賞受賞者の皆さん(左から 英語コース:堀口大和さん、櫻井有紗さん、佐野孝輔さん、中国語コース:周文逸さん)
2020年度学部長賞受賞者の皆さん(左から 英語コース:松浦未青さん、堀口大和さん、則政亜香梨さん、櫻井有紗さん、中国語コース:川真田莉子さん)
お祝いのメッセージを述べる胡士雲学部長

関連リンク
Graduation journey
学長、学部長等からのメッセージ、当日の写真等も掲載されています。
https://www.kobegakuin.ac.jp/special/graduation_journey/

胡士雲学部長からのメッセージ全文
https://kobegakuin-gc.jp/archives/3551

神戸で言語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/

2020年度卒業生の皆様へ

学部|2021.03.22

 春光うららかな折ならびに新緑が美しい季節にあたり、2020年度卒業式を迎えました。グローバル・コミュニケーション学部を代表いたしまして、皆様のご卒業に心よりお祝いを申し上げます。おめでとうございます。

 本学部は2015年に開設され、実践的で高度な外国語の運用能力と高いコミュニケーションスキルの修得、また、グローバルな環境で活躍できる人材の育成を目指しています。皆様は本学部の第3期の卒業生です。皆様は在学期間中、真剣に学習に取り組み、日々の努力を積み重ね、必須の単位を修得して、順調に卒業の日を迎えることができました。学生にとって勉強は当然のこととはいえ、一教員として、皆様の努力に惜しみない賛辞を贈ります。皆さん、凄い!皆さん、素晴らしい!

 この一年間、新型コロナウィルス感染症の蔓延で、人類が甚大な災難を受け、経済に巨大な損失をもたらせ、皆様を含む人々は日常生活に多大な不便を与えられました。現在、この疫病に打ち勝つ方向に一歩一歩進んでいますが、収束はまだまだです。中国古代の哲学者であった老子によれば「禍兮福所倚、福兮禍所伏(禍は福の倚る所、福は禍の伏する所)」という教えがあります。つまり、何事にも正反両面があるということです。新型コロナウィルス感染症は我々に大きな苦難を与えましたが、この苦難を乗り越える過程の中に学んだことがあるでしょう。私たちが新型コロナウィルス感染症に打ち勝つ過程は、学習且つ各種のリスクへの対応能力を高める過程であり、社会進歩の過程でもあると思います。特に、その中に現れた国際間の協力精神は心に刻むべきです。グローバル時代に、各方面での協力は極めて大事なことです。

 未来は若い世代にあります。皆様は卒業後に、それぞれの職場に赴き、仕事の内容も違っていますが、人類社会の発展のために自分の智恵と力を発揮すべきです。あなた達の行動で、未来と社会の発展方向が決まります。そのため、本学部及び私たち教職員は、皆様が卒業後にも「真理愛好・個性尊重」という大学の建学方針を胸に、「和」の精神を持って、国際的な視野で取り組み、大学で学んだ知識と身に付けた能力を活用し、グローバル環境の中で活躍するとともに、社会へ大きな貢献をされることを期待しています。と同時に、本学及びグローバル・コミュニケーション学部の発展のため、強く応援してください。皆様のご健勝とご活躍をお祈りいたします。

神戸で英語・中国語・日本語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/
前のページ »