TOPICS&NEWS

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の谷澤英興さんからレポートが届いています。

中国語コース|2024.06.20

 留学期間も残りわずかとなりました。つい先日、授業中に期末試験についての説明を聞いて、もうすぐ留学生活が終わってしまうんだなという実感が湧き、少し寂しく感じました。

 最初は言葉を上手く話せないために、買い物や食事などの日常生活が億劫に感じて自室に引きこもり、日本の友達に「早く日本に帰りたいよ」などと泣き言を言っていましたが、中国語が話せるようになるにつれてどんどん外に出るのが楽しくなっていきました。それまでは出来なかった一人での外出をしたり、今まで入りづらくて行ったことのなかった飲食店に入ったり、台湾で出来た友達と食事に行ったり遊びに行ったりして、とても楽しい留学生活に変わりました

 楽しく感じる一方で時間の流れも速く感じるようになり、あっという間に数ヶ月が過ぎました。今は「もう帰らないといけないのか、まだ行きたい所もたくさんあるのに」と毎日思っています。残りわずかな留学生活ですが、全力で楽しんで日本に帰りたいなと思っています。(谷澤英興)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/


【神戸学院大学グローバル・コミュケーション学部の公式SNS】
Twitter Facebook Instagram Youtube

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の岡本直也さんからレポートが届いています。

中国語コース|2024.06.20

 台湾での生活も残り二週間を切りました。 台湾に来た当初は、慣れない環境での生活や言語の壁を感じ、日本から離れた悲しみで何度か日本に帰りたいと思うことがありました。しかし、今では現地で仲良くなった外国人の友達と遊んだり、安くて美味しいご飯が沢山あるなどの理由から、台湾で暮らす生活が好きになり、まだ日本に帰りたくないという気持ちがあります。

 6月上旬には、留学生チームでドラゴンボートレースという台湾で非常に有名なイベントに参加しました。大会当日は河岸に多くの観覧客がいる中、合図と同時に1つのボートを一斉に漕ぎタイムを競いました。チームで一丸となって力を合わせて頑張ったその姿が現地のニュースに取り上げられました。 放課後の練習時や、大会後の打ち上げなどで、多くの留学生と交流ができ素晴らしい思い出を創ることができました。

 また学校主催のプラムという留学生が正装をして参加するお別れパーティがありました。音楽に合わせてダンスをしたり、食事をしながら交流するなど、今までの思い出に浸りながら交流し貴重な時間を過ごすことができました。

 最後に、留学に関わることを支援してくれた両親、台湾で出会って仲良くしてくれた全ての友達や先生方に本当に感謝したいです。現地で仲良くなった友達とお別れするのがとても寂しいですが、残された期間を今まで以上に大切にして後悔がないように1日1日を全力で楽しみたいと思います。(岡本直也)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/


【神戸学院大学グローバル・コミュケーション学部の公式SNS】
Twitter Facebook Instagram Youtube

入門ゼミナールで京都精華大学名誉教授の呉宏明先生にご講演いただきました。

中国語コース|2024.06.21

 中国語中国語コース一年生の入門ゼミナールでは、授業後半の活動として、ペアワークに取り組んでいます。ペアで「神戸と外国文化」というテーマのもと、研究タイトルを決定し、調査活動を行い、学期末にはその研究成果をプレゼンテーションします。

 6月19日、京都精華大学名誉教授である呉宏明先生にお越しいただき、「「南京町ものしり事典」を作ろう」と題した講演を行っていただきました。

 南京町についての事典を作るという問題設定に基づき、数多くの研究テーマの例をご提示いただきながら、研究調査の方針や方法について具体的にご説明いただきました。

 また、講演の冒頭では、フィールドワークやインタビューといった研究手法についても、先生のご経験を踏まえながら、調査方法や資料の収集・整理などについて詳細にお話しくださいました。その際、興味を持ったテーマを徹底的に調べること、自分の五感を駆使して、現地の様々な情報を感じ取ることの大切さを何度も力説しておられたことが印象的でした。

 講演後、学生はペアとなって研究したいと考えているテーマおよび想定している調査方法を発表し、呉先生より貴重なフィードバックをいただきました。一年生の皆さんには、呉先生からのフィードバックを参考に、自分たちが興味を持ったテーマや切り口から神戸と外国文化について調査をし、神戸が育んできた外国文化との関係性や魅力を深く学んでもらいたいと思います。呉先生、この度は素晴らしいご講演を誠にありがとうございました。

 

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/


【神戸学院大学グローバル・コミュケーション学部の公式SNS】
Twitter Facebook Instagram Youtube

中国語専攻演習Ⅱ(眞島ゼミ)で、神戸観光局職員による講演を開催しました。

中国語コース|2024.06.18

 2022年10月に、新型コロナウイルス感染症に関する水際対策が緩和され、日本政府観光局(JNTO)の統計によると、2023年は訪日外客数が2500万人まで回復しています。その中で、東アジアからの訪日外国人旅行者は62.6%を占め、さらにその半数以上となる34.9%は中国語圏(中国、台湾、香港)からの訪日外国人旅行者となっています。2025年には神戸空港における国際チャーター便の就航、2030年には定期便の就航が予定されており、神戸を訪れる訪日外国人旅行客の増加が見込まれます。

 眞島ゼミでは、神戸観光の新たな魅力の掘り起こしに取り組んでおり、今年度も引き続き、神戸市観光局がメインターゲットの一つとして位置付けている台湾の大学生を対象として、中国語による神戸観光PR動画の製作を行っていきます。今年度は、神戸市と北は三田市、西は小野市までを結ぶ神戸電鉄沿線にフォーカスを当ててPR動画製作に取り組みます。

 2024年6月14日(金)、一般財団法人 神戸観光局 観光部の河上真吾氏をお招きし、神戸観光の現状と課題をテーマとした講演を行いました。神戸におけるインバウンド観光の現状と課題、神戸観光局のインバウンド観光への取り組み、神戸電鉄沿線の特徴などについて、学生たちの質問への回答も織り交ぜながらご講演いただきました。学生時代、神戸電鉄を通学に毎日利用していたという河上氏の実体験に基づくご講演は、今後学生がPR動画を作成する上で非常に参考になる点が多くありました。

 これから学生は、7月に神戸電鉄の担当者へ向けて動画コンセプトのプレゼンテーションを行い、11月下旬の成果発表会に向けて、グループでアクションプランを策定し、現地調査を行いながらPR動画の製作を進めていきます。ぜひ神戸電鉄沿線の観光資源発掘やアピールを行い、神戸のインバウンド観光促進に貢献してほしいと思います。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/


【神戸学院大学グローバル・コミュケーション学部の公式SNS】
Twitter Facebook Instagram Youtube

中国語コース一年生が神戸税関を見学しました。

中国語コース|2024.06.14

 入門ゼミナールの授業の一環として、中国語コース一年生が2024年6月12日に神戸税関における学外研修を行いました。今回の研修では村尾吉弘調査官に神戸税関をご案内いただき、エントランスホールでは、二代目庁舎を保存・活用して建築された現庁舎にいたる来歴をご紹介いただきました。

 次にシアタールームにて、税関業務の概要についての映像資料を視聴しました。実際の業務映像を活用した内容に、学生達はみな真剣な面持ちで視聴していました。

 続いて、村尾調査官の案内の元、広報展示室を見学しました。保存されている昭和初期の庁舎部分を活用したドラマ・映画撮影に触れられた際には、驚きのあまり声を上げる学生の姿も見られました。次に、展示室内に展示されている資料を踏まえて、ワシントン条約に基づく輸出入規制品や密輸取り締まり・不正薬物摘発の現場の様子などを、村尾調査官ご自身の経験も交えてご説明いただきました。

 また、広報展示室には、違法コピー製品を見抜くクイズコーナーも併設されており、学生たちは各々興味のあるコーナーに取り組むなどして楽しみながら税関業務の実態を理解することができました。 

 今回の見学を通じ、学生たちは税関業務をより身近に詳しく知る機会を得るとともに、税関が様々な国や地域と接触する場所であることを学ぶことができました。神戸税関広報校長室の皆様、ならびにご案内くださった村尾様に感謝申し上げます。

 

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/


【神戸学院大学グローバル・コミュケーション学部の公式SNS】
Twitter Facebook Instagram Youtube

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の満島諒さんからレポートが届いています。

中国語コース|2024.06.13

 台湾の生活もあと三週間となりました。台湾に来た当初はとても不安でした。料理ひとつ頼むのも一苦労で、本当にこのまま暮らせるのか、不安がいっぱいでした。しかし、周囲の人との交流を沢山増やして自ら話していくことで少しずつ成長し、今では一人で散歩したり買いものにに行ったりすることも前より簡単になりました。しかし、まだ聞き取れない部分があったり、単語がすぐに思い出せなかったりして、流暢に話せないこともあるので、改善していきたいと思います。

 私が以前入っていたバレーボールクラブは今も続けていて、テスト期間ではない時期は、週に二日継続して通っています。初めは英語を使ったりして自分に分かりやすく接してくれていましたが、今ではお互いに中国語を使ってコミュニケーションすることができるレベルになりました。

 こちらの人は優しく、中国語で少し会話できると沢山褒めてくれるので、益々頑張ろうという気持ちになりました。言語を学ぶ上で気になることはメモを取り、自分がどのくらい訳せるのか、何が分かっていないのかをはっきりさせることも大事だと感じました。分からないことがあれば分かる人に聞き、その言葉を中心に会話の文を作るといったインプットやアウトプットも、語学を学ぶ基本ではありますが、やはりすごく大切だということが改めて分かりました。

 台湾は思っていたよりも広く、まだ行っていないところも沢山ありますが、悔いのないように最後まで勉強に取り組み、観光もできるだけしたいと思います。(満島諒)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/


【神戸学院大学グローバル・コミュケーション学部の公式SNS】
Twitter Facebook Instagram Youtube

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の片山元気さんからレポートが届いています。

中国語コース|2024.06.13


 台湾に留学して約三か月が経ち、留学期間も残り一か月弱となりました。台湾生活に慣れてきた楽しさと、お別れが近くなっていく寂しさを感じる時期になりました。

 台湾生活が始まった頃は、翻訳機が必須の日々を送っていましたが、少しずつ聞き取る力が身についていく感覚を感じることができています。会話については、まだまだ自分にとって難しいところがありますが、留学前の自分と比べると少しずつ成長していることがわかり、現在では自信をもって留学生活を楽しんでいます。また時期が経つにつれて、台湾の方や、他国の方とのコミュニケーションも深まっていき、本当に自分が愛されていると感じることが出来ました。

 前回の自分の記事にも記載した「文武両道」も継続して頑張っています。授業はしっかりと出席し、授業終わりに週5のペースでスポーツジムに行っています。最近ではスポーツジムのスタッフさんとも会話することが増え、またスポーツジム付近にあるコンビニでも店員さんに声を掛けられ、留学生活を応援してくださります。いまさらになりますが、声をかけてくださる皆さんと話していて、中国語能力の大切さを身に染みて実感しました。

 残り少ない期間ですが、日本に帰国するまでの台湾生活で、会話能力を伸ばすために、自分の難点であるピンインのアクセントやリスニング能力を少しでも上達させて、成長した自分の姿で日本に帰国します。最後に、高額な留学費用を出してくれた両親や、自分の将来のために相談を受けてくださった大学の先生方、応援してくださった自分の友達への恩返しを忘れず、最後まで頑張ります。(片山元気)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/


【神戸学院大学グローバル・コミュケーション学部の公式SNS】
Twitter Facebook Instagram Youtube

【オーストラリア ビクトリア大学よりご担当者が来校されました】

英語コース|2024.06.06

英語コースのセメスター留学先のひとつであるオーストラリア ビクトリア大学、VUCollegeのジェネラルマネージャーDianne McKeagney さんがGC学部を訪問されました。

森下教授と現在留学中の3年次生の現状確認や来年度の受け入れ体制についての意見交換をしたあと、英語コース1年次の入門ゼミの授業で、お話をいただきました。ビクトリア大学の所在地であるメルボルンの紹介をしていただいたり、オーストラリア英語の発音やスラングについてのプレゼンもしていただき、1年次生にとってはセメスター留学に対する意識を高めることができた貴重なひとときとなりました。


【神戸学院大学グローバル・コミュケーション学部の公式SNS】
Twitter Facebook Instagram Youtube

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の奥川満利佳さんからレポートが届いています。

中国語コース|2024.06.06

 初めは長いと感じていた留学も残り一ヶ月を切りました。台湾に来たばかりの頃は、お店で注文をすることや物を買うことも一苦労でしたが、今では一人で買い物に行けるようになるまでに成長しました。知っている語彙も格段に増え、台湾人とも流暢に会話ができるようになり、日本では学べないような流行りの言葉や台湾語も教えてもらいました。

 また台湾人はとても人情があり、何かをする時にいつも「おいでよ!」と誘ってくれます。言語の壁を感じて毎回行くかどうか悩んでいましたが、それも気にならないぐらいみんな優しく接してくれ、中国語を間違えて話しても笑って訂正してくれます。語学を学ぶのは座学だけでなく実際に使わないと伸びないなと感じました。このことを学び、授業面では毎日たくさんの単語をインプットし、それを忘れる前に放課後などに台湾人と交流しアウトプットするということを心掛けています。初めは中国語を読む先生のスピードが速すぎて聞き取れないところばかりだったので、授業に行くのが憂鬱でしたが、それも段々慣れてきて、今では意識しなくても中国語の意味が感覚で分かるようになりました。これは私にとってとても成長だと感じています。

 残り一ヶ月を切り、知り合った台湾人の友達や、現地で出会った人たちと別れると思うとすごく寂しいです。日本に帰国する時にあれをしておけばよかったという後悔がないように残りの日数を過ごしていこうと考えています。(奥川満利佳)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/


【神戸学院大学グローバル・コミュケーション学部の公式SNS】
Twitter Facebook Instagram Youtube

【台湾通信】文藻外語大学にセメスター留学中の北垣柊一さんからレポートが届いています。

中国語コース|2024.06.05

 台湾での生活も残り一ヶ月となりました。台湾に来たかばりのころはわからないことが多く、生活に慣れるまで大変でしたが、その分、今では楽しく留学生活を楽しめていると思います。勉強の場面では、当初リスニングが苦手で、台湾に来て最初の授業で、先生の話すスピードが速すぎると感じていました。ですが今では、ある程度聞き取ることが出来るようになり、買物や外食の場面でもスムーズに会話できるようになりました。

 5/18~5/19は両親が遥々日本から台湾に来てくれて、台北を一緒に観光しました。故宮博物館や国立中正記念堂等を見て回りました。故宮博物館はとても広く、全て見て回るまで二時間くらいかかりました。有名な翠玉白菜は見ることは出来ませんでしたが、肉形石等の他の有名な作品は見ることが出来ました。また、国立中正記念堂は、初代総統である蔣介石の顕彰施設であり、中にある蔣介石の座像なども見ることが出来ました。久しぶりの両親との時間が出来て、残る留学生活も悔いのないように頑張ろうと思えました。

 5/23に台湾プロ野球リーグの中信兄弟VS台鋼雄鷹の試合を見に行きました。この時の試合は本塁打を2回見ることができ、16対5と台鋼雄鷹側が圧勝してドーム内がとても盛り上がったので、見ることができてよかったです。

 帰国まで一ヶ月を切ろうとしていますが、残り少ない留学生活も頑張ろうと思います。(北垣柊一)

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/


【神戸学院大学グローバル・コミュケーション学部の公式SNS】
Twitter Facebook Instagram Youtube
前のページ »

Date