• ホーム
  • > 【セメスター留学便り(英語コース) カナダ カルガリー大学】

TOPICS&NEWS

【セメスター留学便り(英語コース) カナダ カルガリー大学】

英語コース|2024.05.15

新しいプログラムも始まったので、クラスメイトに積極的に話しかけたいと思います。最近楽しかったことは、大学の無料のジムと週末に友達と行ったピクニックです。気分転換できる場所がたくさんあるので、また行きたいと思います。

今週から新しいプログラムが始まり、日本人学生はもちろん幅広い年代の外国人が新たに加わりました。そのためクラス分けがあり、今週は初めての人とたくさん会話をした1週間になりました。

私のスピーキングクラスは3分の2が外国人で、いろいろな国から来ているので英語の発音にも特徴があり、会話をしている中でとても聞き取りにくい時があります。分からなかった時は聞き返したり、私自身も相手に伝わるように工夫して話すのですが、会話が成立しない時が多いのでとても大変だし、来週からやっていけるかとても不安です。
でも同じクラスメイトとしてもっと仲良くなりたいし、英語力も伸ばしたいので自分なりに考えて来週からもっと会話ができるように頑張っていきたいなと思います。

そんな不安の中での友達の存在はとても大きいです。放課後にゲームをしたりジムに行ったり、週末にお出かけしたりなど悩みをシェアできてリフレッシュできる時間は本当に本当に大切です。これからも勉強や他の人との交流はもちろん、息抜きの時間も楽しみながら日々過ごしていけたらいいなと思います。

カナダ人のマヤと友達になり、ラインダンスという伝統的なダンスを教わったり、大学内でクライミングをしたり交流をすることができました。彼女はわたしに若者の言葉を教えてくれたり、授業では習わないことを教えてくれるのでとても感謝しています。
また、彼女はゆっくりとわかりやすい英語で喋ってくれて、その気遣いにも心があったかくなりました。マヤは、彼女とともっと喋れるように英語の勉強を頑張りたいというモチベーションにもなっています。
今週はホストファミリーとダウンタウンにいってカフェやドーナツ屋さん、イタリアンレストラン、カルガリータワーに連れていってもらいました。わたしのぐだぐだな文章にも笑顔で対応してくれ、気遣ってくれる優しさに触れられた週末でした。


【神戸学院大学グローバル・コミュケーション学部の公式SNS】
Twitter Facebook Instagram Youtube

Date