• ホーム
  • > 【セメスター留学便り(英語コース)イギリス ヨーク大学】

TOPICS&NEWS

【セメスター留学便り(英語コース)イギリス ヨーク大学】

英語コース|2024.05.09

ここにきて初めての週末はヨークの街について知ろうと思い、約1400年の歴史をもつヨークミンスターに行ってきました。学生証を持っていると無料で入らせて頂けました。中にはステンドグラスはもちろん、毎週日曜日に行われるミサ用のオルガンや昔の儀式の服、歴史に残る書物や建物の模型などがあり、ヨークミンスターについてたくさん学ぶことができました。スケールの大きさやその威厳に圧倒され、鳥肌が立つほど美しかったです。ヨークの街は中世からずっとその様子が残されているので古い建物を間近で見ることができ、感動しました。

▶ヨークに着き約1週間が経ち、少しだけ耳が英語に慣れてきた感じがします。今週はヨークの様々なところに行き、いろんな体験をしました。例えば、ヨークミニスターという教会を観に行ったり、railway museumを行ってたくさんの電車を見たりとても充実した日々を送りました。

▶やはり現地の人々は話すのが早い。発音やイントネーションが勉強していたものとは異なることが多かったので混乱することが多々あった。しかしヨーク大学の先生たちはゆっくり話してくれるため聞き取りやすかった。授業自体は今週あまりなかったが、授業中に質問された内容に対してスムーズに答えることが難しかったのでもっとスムーズに答えれるように努力する。全く慣れていないイギリス・ヨークを同じ留学先の友達と散策してだいぶ居心地の良い街になった。ホストファミリーとは毎晩ご飯の時によく会話をして初めは聞き取れなかったり、内容が全く入ってこなかったが徐々に聞き取れるようになりつつあるので聞き取る力がついてきていると実感している。

街並みも人の接し方も全てが新鮮ですごく楽しい日々を送っています。特に犬への接し方が日本とは違うなと感じました。店でご飯を食べるにしてもバス、電車に乗るにしても犬が受け入れられていてとてもいい街だなと思いました。甘やかされすぎて我が物顔で私のベッドをとってきますが可愛いから許しますしゃーなし。

人に対してもすごく優しくてバイクが好きだと言うとバイクのレースのチケットをホストファミリーが買ってくれました。しかも友達の分も出すと言ってくれて、イギリスの人はなんてジェントルマンで優しいんだと心に染みています。ジェントルマンになって、そして英語が話せるようになって帰りたいです


【神戸学院大学グローバル・コミュケーション学部の公式SNS】
Twitter Facebook Instagram Youtube

Date