• ホーム
  • > 荒島ゼミ生が本学で英語模擬国連を開催しました

TOPICS&NEWS

荒島ゼミ生が本学で英語模擬国連を開催しました

英語コース|2022.11.30

荒島千鶴教授のゼミ4年次生10人が、卒業プロジェクトとして、11月20日(日)にポートアイランド第1キャンパスD号館で「第1回神戸学院大学模擬国連(KGUMUN 2022)」を開催しました。

会場を国連開発計画(UNDP)の議場に見立て、「SDGsに関するグローバル課題の解決」を議題としました。

参加者に英語模擬国連会議を知り、楽しんでもらうことを目的とし開催されました。

参加者は各国の代表者となって議論を行い、共同で政策を考えました。
最後には全体会合で、各委員会が受け入れなかった修正案について投票を行い、最終的に四つの決議を採択しました。

初めての開催に向けて努力を重ねてきたことが分かる荒島ゼミ生のコメントは下記リンクよりご覧いただけます。

https://www.kobegakuin.ac.jp/education/faculty_global/news/94e2f3b778ea2f9b2ff3.html

英語模擬国連の全体会合
大学生と高校生が一緒に議論
各国の「大使」は学生や生徒
緊張感と同時に打ち解けた場面も