• ホーム
  • > 荒島ゼミの4年次生が、神戸学院大学附属高等学校特進コースの1年生に模擬国連に向けての準備のための授業をしました。

TOPICS&NEWS

荒島ゼミの4年次生が、神戸学院大学附属高等学校特進コースの1年生に模擬国連に向けての準備のための授業をしました。

英語コース|2022.11.08

現在、荒島ゼミの4年次生は、卒業プロジェクトの一環として11月20日(日)に開催する神戸学院大学模擬国連(原則英語で開催)に向けて、津田穂乃里さんをリーダーとして、全員がそれぞれの役割を果たして協力しながら準備の最後の仕上げに入っています。

当日は神戸学院大学附属高等学校から、特進グローバルコースおよび特進文理コースの1年生が54名参加します。高校1年生は3人で1つの国の大使となって、模擬国連にのぞみます。

模擬国連に参加するのははじめての生徒ばかりですので、10月20日(木)、10月27日(木)、11月10日(木)と高校から各日2コマ分の授業時間をいただいて準備セッションを行っています。

荒島ゼミの4年次生10名全員が附属高等学校での準備セッションに参加しました。
写真は左から十河幸神くん、津田穂乃里さん、渡邉さくらさん、岡部真歩さん、楠本茉桜さん、山根雅広さん、中島佑真さん、垣本紗希さん、豊田真吾さん、福田裕さんです。

教職課程を履修しており、附属高等学校の卒業生である楠本茉桜さん(写真左から2人目)、山根雅広さん(写真右端)と、同じく教職課程を履修している岡部真歩さん(写真左端)が中心になって準備セッションの授業をしています。

授業内ではChair(議長)役の福田裕くんが当日の流れを説明し、Motion(動議)を高校生に練習してもらいました。

授業内ではゼミ生が高校生の間をみてまわり、リサーチなどのサポートをします。

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp