• ホーム
  • > 2022年度セメスター留学に参加後に受験したTOEIC IPの得点235点、320点アップのコツを聞きました!

TOPICS&NEWS

2022年度セメスター留学に参加後に受験したTOEIC IPの得点235点、320点アップのコツを聞きました!

英語コース|2022.11.02

高橋 佳奈子さんは、カナダ・ヨーク大学に渡航留学され、帰国後235点アップされました。

櫻田 拓海さんは、オーストラリア ビクトリア大学のオンライン留学を経験し、320点アップされました。

2022年度 カナダ ヨーク大学 セメスター留学より

〇点数を伸ばす為に努力されたことは何ですか?
テストに慣れるために公式問題集を何度も解くことと自分の苦手分野での減点を減らすことです。何度も解いていると、問題の傾向や苦手なパートが分かるため対策しやすくなりました。また、苦手分野に関しては、授業内の課題であった「猛牛チャンネル」の視聴で、苦手なパートの解説を選びさまざまな問題を解いたことが点数の伸びに繋がったのではないかと考えています。

〇留学を通して伸びた力は何ですか?
リスニング力はもちろんですが、1番伸びた力はリーディングスピードの速さです。留学中沢山英語を読んだ訳ではないのですが、難しい単語や表現に触れる機会が増えたことで、全文を理解するのではなく、キーワードや大まかな内容を掴むことを心掛けるようになったからだと思います。

櫻田 拓海さんは、

〇点数を伸ばす為に努力されたことは何ですか?
オンライン留学のために費やそうと計画して、余った時間をTOEICの勉強に専念しようと決め、主に、リーディングセクションのPart5「短文穴埋め問題」の対策に集中しました。文法問題「出る1000問」を2,3週間かけて解き、正誤とも回答のプロセスを確認しました。又、小さなメモ帳の左頁を半分に分けて、左部分に単語、右部分に意味や訳、右頁に文例や使い方、発音情報など印象に残るような情報を書き、自作の単語帳を作成しました。

写真は、2020年度実施 ビクトリア大学セメスター留学より

〇留学を通して伸びた力は何ですか?
授業で発言の機会があったことでSpeakingがのびました。他国の学生の英語のなまりを知ることができ、又、オーストラリア英語と他の英語の違い、特に発音の違いを学ぶことができました。グループワークでは、最初は話すことに気後れがありましたが、自分から話すことを心がけると、だんだん早く話すことができるようになりました。先生も学生もポジティブで明るく、フレンドリーだったので、楽しく授業を受けることができたことがとても良かったです。今後は、テストのスコアアップの為だけではなく、日頃から映画を見るなどを通じて英語を聞く習慣をつけてスキルアップしたいと思っています。

日頃の努力のたまものですね!

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp