• ホーム
  • > 日本大学模擬国連に英語コースの学生が参加し、十河幸神さんが「ベスト・ポジションペーパー賞」を受賞しました

TOPICS&NEWS

日本大学模擬国連に英語コースの学生が参加し、十河幸神さんが「ベスト・ポジションペーパー賞」を受賞しました

英語コース|2022.07.29

2022年7月16日~18日に行われた日本大学模擬国連にグローバル・コミュニケーション学部の学生が参加し、英語コース4年次生の十河幸神さんが「ベスト・ポジションペーパー賞」を受賞しました。

「ベスト・ポジションペーパー賞」を受賞した十河幸神さん

国際交流支援センターのサポートを得て、グローバル・コミュニケーション学部英語コースの学生6人(1年次生の牧田綺姫さん、清水彩夏さん、篠原聡介さん、2年次生の圖子朋花さん、4年次生の津田穂乃里さん、十河幸神さん)および留学生1人(呉銘さん)が、近畿大学主催の日本大学模擬国連(JEMUN 2022,https://www.jemun.net/)に参加しました。

日本大学模擬国連の様子

国連環境総会を議場として、ファストファッションに関する人権、水質汚染、廃棄物、サスティナブルファッションについての国際問題解決のための政策を、それぞれ日本(2人)、イギリス、マレーシア、イタリア、アメリカ、ベトナムの大使として3日間にわたり英語で話し合いました。

初日の集合写真

対面で開催された大学生の会議室は3つあり、計142人(11大学)の大使が参加しました。そのうちのひとつの会議室において、今回で4回目の英語模擬国連参加となる十河幸神さんが、交渉における卓越したリーダーシップと政策提案の良さを評価され、「ベスト・ポジションペーパー賞」を受賞しました。

参加者の感想は以下の通りです。

「イベント自体での成果もそうですが、さまざまなバックグラウンドをお持ちの他大学生たちと交流できたことが何よりもの産物だったように思います。とても楽しかったです。(十河幸神さん)」

「およそ3年ぶりに対面での模擬国連に参加して、3年間での自分の成長を感じ、他校の学生との交流や議論を楽しむことができました。(今回が4回目の英語模擬国連の参加となる津田穂乃里さん)」

「自分の現在の能力を把握出来ました。全体的にレベルがとても高く感じ、有意義な学習時間ばかりでした。(はじめて英語模擬国連に参加した牧田綺姫さん)」

修了証を手にした集合写真

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp