• ホーム
  • > カナダ カルガリー大学 セメスター留学便り(9)

TOPICS&NEWS

カナダ カルガリー大学 セメスター留学便り(9)

英語コース|2022.06.22

カナダでの留学生活も残り1か月余りになりました。 前回に引き続き大学のアクティビティのレポートをお届けします。

「先週末は学校のアクティビティでRanchman’s Line Dancing Event に行ってきました。Pubの中にダンスフロアがあり、ご飯を食べた後に皆で4列に並びLine Danceをしました。また、土曜日にはHead-Smashed-In Buffalo Jump という場所にアクティビティで行ってきました。ユネスコ世界遺産に登録されている場所で、高さ11mの崖からバッファローを追い込んで狩るために使用されていた場所です。この話を聞いて少し怖くなりましたが、とても勉強になりました。」(海谷美帆さん)

「今日はHead- Smashed-In Buffalo Jumpのアクティビティに参加しました。私は博物館に行くのが好きなので楽しみにしていたアクティビティでした。ブラックフットという先住民の歴史が詰まった博物館でした。動画もあり見やすく、分かりやすかったです。」(石井咲良さん)

「RANCHMAN’Sというカルガリーで有名なラインダンスが習える場所に行きました。足の動きが複雑で分からなくなったときもありますが、動作はシンプルだったのですぐに覚えることができました。習った後はフリータイムということで、次々と流れる音楽に合わせて各自好きな動きをしていました。土曜日はBuffalo Jumpに行きました。名前を聞いたときは、Buffaloの闘いが見られるのかと思っていました。しかしそうではなく、昔先住民族がBuffaloを狩りするために先頭で走って誘導し、崖からBuffaloを落としてハントするということからこの名前になったと知りました。」(一宮彩華さん)

「大学のアクティビティの一環として、ダンスレッスンがありました。このダンスレッスンは、来月の8日に控えたカナダでは有名な「スタンピード」(Calgary Stampede)というイベントで使われるダンスを習うものでした。私はダンスが苦手なので、ダンス自体は割と手こずってしまいましたが、クラブのような雰囲気で、”海外らしい”を存分に味わうことができました。今月も残り2週間を切り、いよいよ帰国が近づいてきている気がしています。残りも全力で楽しみながら、色々なことを吸収していきたいと思います。」(佐藤萌果さん)

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp