• ホーム
  • > カナダ カルガリー大学 セメスター留学便り(3)

TOPICS&NEWS

カナダ カルガリー大学 セメスター留学便り(3)

英語コース|2022.04.28

カナダでの留学生活3週間目が終わりました。現地からのレポートを一部お届けします。

「私は、ホストマザーと日本人留学生の3人で暮らしています。ホストマザーはヒンドゥー教を信仰していて、宗教に関する伝統や文化などをたくさん教えてくれます。また、料理を作ることが大好きだそうで、毎晩美味しいご飯を作ってくれています!English Language Program(50時間の授業)を終え、カナダの地形や政治、文化について学んだり、プレゼンテーションをしたりしました。初めて学ぶことばかりで大変でしたが、それと同時に学ぶことがとても楽しいとも感じています。まだまだ周りに追いつくのに精一杯ですが、帰国後、少しでも自分に自信が持てていられるように、一日一日を大切に、また、アクティブに行動していきたいです!」(佐藤萌果さん)

「Nose Hill ParkやSaskatoon Farmなどたくさん景色の良いところに連れて行ってくれて、とても充実しています。最近は少しずつ気候が暖かくなってきているので、散歩するのがとても気持ち良いです。イースターのイベントは友達と家族との2回行いました。家族とのときは兄弟からいとこ、祖父母までとてもたくさんの人が私の家に集まりました。初対面だったのですが、たくさんお話できて良かったです。子供たちがとても必死になって卵を探す姿はとても可愛かったです。」(塩川聖音さん)

「Calgary Stampede Grandstand に行ってカウボーイを見ました。意外と女性が多く、とても格好良かったです。生でカウボーイを見たことがなかったのですごく興奮しました。4/15はGood Fridayで学校はお休みでしたので、チノックセンターというショッピングモールに行ってきました。とても広く一日満喫できました。ホストファミリーと晩御飯を食べてから『カンフーパンダ』を一緒に見ました。子供向けなので英語の勉強にもなり、映画も面白かったです。この一週間は時間が経つのが早く感じました。先生からもらったFeedbackをもとに自分の課題をこなしていきます。」(南優菜さん)

「ルームメイトに誘われて初めてカーリングの体験へ行ってきました。私たちの他にも韓国人や中国人の家族、現地の親子などたくさんの人がカーリングの体験に来ていました。まずストーンを投げることから始まり、氷の上を滑る練習をし、そのあと氷の上でストーンを投げ試合を行いました。最初は氷の上があまりにもつるつるで立っていることが精一杯でしたが何度か滑っているうちに慣れ、スムーズに氷の上を移動できるようになりました。最後に全員で記念写真を撮り、様々な国籍の方たちとお話をし、たくさん刺激を受けた一日となりました。」(加藤愛理さん)

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

http://kobegakuin-gc.jp