• ホーム
  • > グローバル・コミュニケーション学部中国語コースのセメスター留学代替授業が終了しました

TOPICS&NEWS

グローバル・コミュニケーション学部中国語コースのセメスター留学代替授業が終了しました

中国語コース|2020.07.29

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、グローバル・コミュニケーション学部中国語コースでは、今年度4月7日から15週間にわたり、インターネットによるセメスター(学期)留学代替授業を実施しました。この授業は、北京語言大学、暨南大学(広東省広州市)、長栄大学(台湾・台南市)からの協力を得て、事前に綿密な打ち合わせと準備を行い、インターネットによる授業にもかかわらず、効率的かつきめ細やかな指導が実現しました。中国語を楽しみながら効果的に学ぶことができたことにより、受講生の修了率がほぼ100%に達し、修了式で、受講生の多くは、中国語4技能(聞く、話す、読む、書く)が飛躍的にアップしたことを実感したと感想を述べていました。
 長栄大学は、5月19日から6月9日まで、「華人社会と文化」コースを提供し、中華民族の歴史・経済活動・生活と文化のテーマを取り上げたほか、台湾の民族文化や現代のサブカルチャーを4週間かけて受講生に紹介しました。授業最終日の6月9日に修了式を開催し、修了条件を満たした受講生に対して修了証が発行され、授業参加度の高い受講生に対しては、台湾土産のプレゼントが贈られました。始業式の記事は、こちらこちら。  
 暨南大学および北京語言大学は、それぞれ、4月9日から7月16日までと4月7日から7月21日まで、15週間をかけて前述の中国語4技能をバランスよく向上させる「総合中国語」コースが提供されました。暨南大学提供の授業最終日となった7月16日の修了式では、担当教員による総評や受講生によるコースの感想が発表されたあと、修了条件を満たした受講生に対し、修了証が発行されました。北京語言大学提供の授業でも最終日となった7月21日に修了式が開催されました。修了証の発行や担当教員による総評、受講生によるコースの感想の発表のほか、あらかじめ作成したショートビデオが流されました。クラス全員の全体写真が写され、また、学生一人ひとりが担当教員に対するメッセージや感謝の気持ちが数多く述べられており、修了式に参加した全員にとって感動あふれる良い思い出となりました。暨南大学の授業修了式の記事は、こちら。北京語言大学の授業修了式の動画は、こちら

北京語言大学授業の修了式

北京語言大学授業の修了式

暨南大学授業の修了式

長栄大学授業の修了式

長栄大学授業の修了式

引用元:神戸学院大学ホームページ

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/