• ホーム
  • > 2020年1月26日(日)大阪産業大学梅田サテライトキャンパスにて第3回関西学生漢語連盟交流会が開催され、神戸学院大学からは11名の学生が参加しました。

TOPICS&NEWS

2020年1月26日(日)大阪産業大学梅田サテライトキャンパスにて第3回関西学生漢語連盟交流会が開催され、神戸学院大学からは11名の学生が参加しました。

中国語コース|2020.03.10

 2020年1月26日(日)大阪産業大学梅田サテライトキャンパスにて第3回関西学生漢語連盟交流会が開催され、神戸学院大学からは11名の学生が参加しました。

 朗読部門では、GC学部中国語コース1年生の田中亜季さんが第3位に輝きました。田中さんは「少人数の中の3位とはいえ、評価してくださったことには変わりないのでこの嬉しさを糧にこれからも精進して参ります」と語っていました。またスピーチ部門では、松浦真央さんが出場し「我是怎么爱上汉语的」のタイトルでスピーチを行いました。

 第二部では、茶話会を行い各大学との交流を深めるとともにカラオケ大会と漫才が行われました。カラオケの部では、GC学部中国語コース4年生長井孝一くんが「大中国」を歌い上げました。またGC学部中国語コース3年生の原田遼介くんと火川拓海くんは、中国語で漫才し、会場を大いに盛り上がりました。漫才終了後、原田くんは「漫才をする前は、ウケるか、ちゃんと中国語で伝わるか不安でしたが、やってみると結構笑ってくれたので楽しくすることができました。また機会があればしたいです」と話し、また火川くんは「今回で披露するのは3回目でしたが、とても緊張しました。でも楽しんでできたのでよかったです。次は新ネタで舞台に立ちたいです」と来年も参加したいと意気込んでいました。

 次回は大阪大学で開催されることが決定している。昨年度は神戸学院大学で開催され参加校は6大学でした。今年度は8大学と増えており、関西学生漢語連盟交流会はますます中国語学習者同士の交流の場となっており、今回参加した松浦さんは「色んな大学の中国語を学んでる人と交流できていい機会になりました」と語っていました。また、今年度の漫才やカラオケ大会が大好評だったことから、第4回では芸能部門を設けてる予定である。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/