• ホーム
  • > グローバル・コミュニケーション学部の仁科ゼミが合同で卒業研究発表会を含むゼミ発表会を行いました。

TOPICS&NEWS

グローバル・コミュニケーション学部の仁科ゼミが合同で卒業研究発表会を含むゼミ発表会を行いました。

英語コース|2020.01.29

仁科恭徳准教授(神戸学院大学)のゼミ生43名が25日、卒業研究発表を含む合同ゼミ発表会を吉村征洋准教授(摂南大学)のゼミ生16名らと共に大阪工業大学梅田キャンパスにて実施しました。毎年、様々な映像作品が合同発表会では公開されますが、今回も様々な作品が上映されました。オリジナル作品としては、3年生による神戸学院大学とグローバル・コミュニケーション学部のPR動画(英語+日本語字幕)、およびSNSと人のつながりをテーマにした4年生の卒業制作「見えないもの」(日本語+英語字幕)が上映されました。また、英語版学生オリジナルリメーク作品としては「スカッとジャパン」と「世にも奇妙な物語」の中から計4作品(いずれも英語+日本語字幕)が選出・制作され上映されました。

 今回は、演劇に精通している表谷純子准教授(神戸学院大学)、映画に精通している為村啓二講師(神戸学院大学)および英語のアウトプット教育に精通している新谷奈津子教授(関西大学)をゲストコメンテーターとしてお迎えし、上映会の最後に各作品に関する総評を頂きました。4年生の作品の監督を務めた安井はるかさんは「泣くのを何度もこらえた試写会でした。教職員の方々にも本当にお世話になりました。本当に感謝してもしきれないです。私たちの作品をみて、後輩がたくさん感想を言いにきてくれて本当に嬉しくてたまりませんでした。」と語りました。本作品は、国内の映画祭に出品される予定です。

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/