• ホーム
  • > 学部講演会:Global Communication through the Model United Nations(MUN)

TOPICS&NEWS

学部講演会:Global Communication through the Model United Nations(MUN)

学部|2019.12.18

16日、KPC1のアクティブ・スタジオにおいて、グローバル・コミュニケーション学部講演会が開催されました。 岡山大学基幹教育センター ニール・カウイー教授をお招きし、国連会議などの国際会議をシュミレーションする、「模擬国連(MUN)」をワークショップ形式で学びました。
「模擬国連」は、世界各地で主に学生によって開催されており、国連会議での各国代表のやりとりを模して、英語でスピーチ、議論することにより、コミュニケーション能力を高めることを目的としています。

今年、米国ニューヨークとドイツで開催された、模擬国連の世界会議の様子もご紹介いただきましたが、現役の政治家である、フランク=ヴァルター・シュタインマイアー ドイツ連邦大統領をお見かけするなど、模擬国連に参加することは、「人生が変わるような経験です」と語られていました。
さらに来年6月には京都外国語大学で「日本大学英語模擬国連」が開かれることに触れ、「皆さんもぜひ参加してください」と学生に呼びかけていただきました。

下記、神戸学院大学のサイトからも詳細をご覧いただけます。

https://www.facebook.com/kobegakuinUniversity/

https://www.kobegakuin.ac.jp/news/976edcbdcaf6664f28d1.html

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/