• ホーム
  • > 【暨南通信】暨南大学にセメスター留学中の火川拓海さんからレポートが届いています。

TOPICS&NEWS

【暨南通信】暨南大学にセメスター留学中の火川拓海さんからレポートが届いています。

中国語コース|2019.07.04

 授業もテストも終わり、後はやり残した事をやり遂げるだけとなりました。授業は2週間ほどで環境やリスニングなども慣れました。わからない時は周りの子が教えてくれたり、どんどん先生に質問したりクラスの雰囲気もとても良いと感じます。クラスでディベートをした時は毎回喧嘩になるんじゃないかというくらい一人ひとりが熱い意見を主張しています。

 クラスは30人で約20弱の国々から集まっています。休み時間は中国語だけでなく、英語、スペイン語、インドネシア語、フランス語、アラビア語、タイ語など様々な言語が飛び交っています。授業が始まったばかりの頃、クラスの9割以上の人が英語を話すことができ日本人は自分1人だったので中々馴染めませんでした。またほとんどの人が3、4ヶ国語話すことができると知り驚きました。中には18才で6ヶ国語話せる子もいて羨ましい限りです。

 今学期は2つの大きな行事がありました。運動会と表演です。どちらもクラス対抗で賞金獲得を目指して競い合いました。運動会は賞金獲得とはなりませんでしたが、とても楽しみました。表演は詩を読んだり、歌を歌ったり、踊りを踊ったり、演劇をしたりして競い合います。表演は3位に入賞し、賞金の500元で先生も含めクラスでご飯に行きました。

神戸で中国語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/