• ホーム
  • > 【ニュージーランド・ワイカト大学 セメスター留学だより】

TOPICS&NEWS

【ニュージーランド・ワイカト大学 セメスター留学だより】

英語コース|2019.05.11

先週からMaori cultureについて学んでいます。昨日は学校の近くのMaraeに訪れ、子どもたちがとても素敵なパフォーマンスを披露してくれました。Hakaなど様々な歌や踊りをとても近くで見て、歌は上手いし声量も凄くて迫力があって感動しました。またポニョの歌を日本語で歌ってくれてとても可愛かったです。彼らはMaoriの文化に誇りを持っていて、それを未来へ繋げていくということも学べました。(平尾咲良さん)

今週はMaraeとMaeroa Intermediate Schoolを訪れてマオリの文化について学びました。Powhiriという歓迎の儀式に参加したりポイを使って踊ったりと貴重な体験ができました。また、cultureの授業ではyouth culutreについての調査をしました。初対面の人に声をかけるのはとても緊張しましたが、無事に調査を終えることができて良かったです。来週からいよいよAcademic Englishが始まるので頑張ります。(中里公美さん)

今週は土曜日にHobbitonに行きました。
思った以上に映画のシーンを細かく再現していてとても綺麗な場所でした。また、火曜日にMarae、金曜日にMaeroa Intermediate Schoolに行きMaoriについて学びました。実際に踊りや歌などを体験でき、とてもいい経験になりました。火曜日にAcademic Englishのテストを受け、来週から授業が始まるので少し不安もありますが、今まで以上に頑張って授業についていけるようにしたいと思います。写真はHobbitonで撮ったものです。(石井千尋さん)

先週の金曜日、私のホームステイ先のもう一人のhomemateに誘われて大学内で開催される、中国の料理が食べれるよという会に行きました。これは、ワイカト大学に通っている中国人の留学生たちのボランティアによって、開催されていました。料理自体は、お店のもので20種類の中華料理が食べ放題でした。お皿に少しずつ乗せてもらいほとんどの種類を食べました。会場では、中国の有名な歌手の歌が流れていたり、会場の中が中国人でいっぱいだったので中国にいるような気分でした。それとニュージーランドはとっても多文化な国なんだなと感じました。ホームメイトの子と二人でどこかへ行くのは初めてだったので、とても嬉しかったしたくさん話ができたので良かったです。彼女はとても英語が流暢なので、聞き取れない時やなんて言えばいいかわからない時は、すごくゆっくり話してくれたり、なんとか理解してくれようとしたり、とても優しくて助けられています。年齢も彼女がひとつ上でとても近いので、とても話しやすいです。もっとたくさん会話をして、仲良くなりたいと思います。(大場さちかさん)

神戸で英語を学ぶ:神戸学院大学 グローバル・コミュニケーション学部

https://kobegakuin-gc.jp/